噂のホーリーバジル

ホーリーバジル紅茶

今日は、母に地元の標高の高い山に強制連行されて、冷えました・・・・。

あんな山道っていうか、すぐ下は崖下、

対向車きたらアウトな細ーい道で、

谷底みたいなところをクネクネされて私の方が吐きそうでした・・・・。

うちの母、いちおう去年脳腫瘍の手術して、今年放射線治療した人なんですが・・・・

信じられませんが・・・

脳腫瘍手術も、歯を抜歯した程度の人・・・

1か月の放射線治療も、日焼けサロンかリゾートに行ってきた人みたいな程度・・・なんですから・・・

本当にある意味他人様からみたらコワいかもしれない・・・・

放射線治療して、以前より疲れるようになったとか言ってますが、私の方がいつも疲れているのはナゼなのか・・・・

母M子「私冒険好きだからサ」って言ってましたが、

私「危うい(無計画で無防備な気持ちだけのチャレンジャー)冒険家ほど恐ろしいものは無いよ、命を失うよ、意味分かってるかな?」

・・・・という訳で、嫌な汗かいて帰ってきた後に飲んだ噂のホーリーバジル入り紅茶

ホーリーバジルはトゥルシーという名の方が有名かな?

インドアーユルヴェーダーでも使われてきて、ヒンドゥー教でも聖なるハーブとして崇められているという・・・・

あの山に連れていかれる前にワイナリーに行って、これゲットしてきてて助かった~

これあの宮崎製茶さんのヤツですね。

はぁぶの紅茶ってネーミングですが、ホーリーバジルが入っています。

飲んだ時は、んんっ、これは、何かに似ているな・・・・

「そうだ、これドクダミ茶の味じゃね?」

これ飲んだら頭が重たくて、じっとりとした汗かいて、ムカムカしていたのが、しばらくすると治ってました。

へぇー、さすが聖なる草だな・・・・。

気分不良がよくなってる・・・・。

浄化された。

ウィッキペディアには、風邪、頭痛、胃の症状、炎症、心臓病、様々の中毒、マラリアに用いられ、血糖値を下げて糖尿病予防・・・云々、オイゲノールが含まれている為、鎮痛作用云々・・・・書かれてありますが

オイゲノールってあれ、クローブにも入っているヤツだよね・・・・

これホーリーバジルの名の通り、何にでもいいって言われるハズだわね・・・・

しばらく、ハーブティーも紅茶も切れてたし、この機会にゲットできて良かったわ~

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy


スポンサーサイト

ハーブティーについて

今再びハーブについて調べています

ホメオパシーやフラワーエッセンスを生活に取り入れる前は

我が家にはドライハーブの瓶がた~くさんあって、ハーブティーをよく飲んでいました

最近は、地元のほうじ茶ばかり飲んでいますが、やっぱりハーブティーもあった方が便利ですね~

そこで、以前からハーブティーも探していたんですが、

この間自然療法ナチュラルページのブログにサンダルウッドの件で書いたメーカーさんに
ちょうどブレンドされたハーブティーもあって

じゃあ試しに購入してみようかなと思ったのですが

ところが、そのブレンドの内容を見てみると非常にマニアックなハーブのブレンドとなっていまして

さすが、スピリチュアルスポットにあるマジカルハーブ店・・・と内心思ってしまいました
(ブレンド内容が、これは薬草魔女にしかブレンドできないでしょう・・・という中身なんですね)

例: 浄化ティーの内容

Nettles, Star Anise, Yarrow, Horsetail, Rosemary, Basil, Fennel Seed,
Clover, Cinnamon, Dandelion, Marigold, Cloves, Cayenne, Echinacea, Sage,
Blue Flag, Sarsaparilla, Sassafras, Ginger, Clivers

これなんて、かなり内容の濃いブレンドですよね・・・他ではあまり見かけない組み合わせのような気がします

エドガーケイシー???って感じもしますが

そこで、参考の為にグリーンフラスコさんの
メディカルハーブのデーターベースを新たにリンクに追加してみました

グリーンフラスコメディカルハーブデーターベース

もし、こちらのハーブティーが良くてなおかつお客様に配送可能なら、
ご依頼を受け付けようかと考え中なのですが

ただし、送料が決して安くはないので、

価格が安くはならない・・・・悩みどころです・・・・
(50g2100円送料750円ぐらいになってしまうので・・・)

ご購入はこちらから→Orengeleafアロマショップ

英国直輸入ATC加盟の良質で生命力溢れるKOBASHIのアロマエッセンシャルオイルやキャリアオイル、
フローラルウォーター、クレイ、ソープ基材などを
個人輸入を通して、これまでにないお求め安い価格にて提供しています
ぜひお立ち寄り下さいませ♪

ブログも更新しています
自然療法ナチュラルページブログ

ヴェレダのカレンデュラローション

ヴェレダのカレンデュラローション

20121029132629.jpg

カレンデュラのチンキをベースに水溶性アルコールでつくられています

我が家ではカレンデュラのハーブチンキは必ず置いてあって、
布ナプのつけ置き洗いに数的滴下したり、人間や動物の傷や化膿、
打撲などにクレイと一緒に使ったり

化粧水やシャンプー、ボディシャンプーにも滴下して使ったりしていて大活躍です

他にも火傷の時に精製水などで薄めてスプレーしたり、手作り軟膏などに入れてもOKですね

色んな使い方ができます

ヴェレダのものは、はじめて購入しましたが、50mlで使い勝手もよく気にいっています

日本のカレンデュラチンキタイプより、
ヒリヒリするというか、あまりしみないような気がしますが・・・

適応には、すり傷、切り傷の際のトリートメントにと書いてあります
外用として使うタイプのようです

ヴェレダには色んなカテゴリーの商品がありますが
ヘルス部門の商品が、自然療法のセルフケアに役立つものが揃っています

ヴェレダはスキンケアよりもヘルスケアの商品の方が使いやすいかもしれないですね

ヴェレダの商品は販売する国によって取り扱っている商品が違っていて

アーニカやカレンデュラのローションや

アーニカやカレンデュラのバーム(香油)はUKのショップで扱っているものです

我が家では、カレンデュラを、子牛の鼻が化膿している時に、

1日1回鼻環にシュッとスプレーしながら

化膿などのレメディーを投与すると治りが早くなりますね

カレンデュラは自然の消毒薬とも呼ばれたりする植物で

通常の消毒薬を使って傷を消毒するような場面で、よくカレンデュラを使っています

化膿している場合は、クレイをペーストにしてカレンデュラを使うと、
膿みを吸い取り、傷の治りを早めるので
我が家では子牛にも猫ちゃんにも、使っていました

KOBASHIのエッセンシャルオイルとカレンデュラローション1滴を入れた化粧水を作ったら

お肌も柔らかくなりました~

Sunny remedyでも扱っています

Sunny remedyにてヒリオスホメオパシーレメディキット、ヒリオスOTCシングルレメディー、
ヒーリングハーブス、ネルソン社バッチフラワーレメディ、ヴェレダセルフケア商品のお申し込みができます

↓ご質問などもお気軽にどうぞ~


自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

今年は柿食う

このあたり、柿は豊作のようで、柿の木に鈴なりになっています

今年は、柿を良く食べています

今まで、柿はあまり食べていませんでした

柿トラウマのせいです

それは、ナゼか・・・・というとこの時期に、

小学生の頃ひっどい嘔吐症にかかって苦しんだ経験があるからです

この嘔吐症、1週間以上続きました

たぶん、今にして思うと、ノロウィルスに近い症状だったと思うのですが

当時は、前日に食べた柿のせいだと思って、二度と柿を食べたくなくなりました

柿にあたったと思ったのですね・・・

数多い当時のワタシの思い込みの1つです・・・

もちろん、この頃は、病院でもらった薬を飲みつづけ、それでも治らないので、
違う病院ででっかい注射をされて、それで治りました
(・・・というか、治ったというより、むしろ薬で症状を抑圧、止めたという意味の方が適切かな・・・)

まぁ、そんな訳で、ワタシの柿トラウマができあがり

柿を好んで食べるということは、その後なく、時は過ぎていきました

大人になり、自然療法を知ってから、干し柿だけは、時々食べていましたが

でも生柿を食べるということは、ほとんどありませんでした

しかし、今年、非常に柿の木になる、柿が目にとまり

ちょっと食べてみようかな~という気になり、

ネットで食べ方を調べて、

ずくし、熟した柿の中身をヨーグルトと混ぜて、食べるという、簡単な方法を見つけ
早速やってみたら、これがスゴイヒット!!!

カスピ海ヨーグルトに黒砂糖を少々、そして、ずくしを入れると、絶妙な味わいになって

柿をそのまま食べるより美味でした

カラスがよく、ずくし食べてるケド、なんか、意味分かるかも~

うめぇ~

そして、我がファミリーにも、
ずくしヨーグルトフルーツ合えをつくって食べさせようとしました

柿はビタミンCがミカンの2倍だ!とか言って

そしたら、みんな「カラスの食うずくしなんか食べん…」と言って手をつけないので

1人で山ほどのずくしフルーツ合えを食べまくりでした

今年は、柿を精一杯食べようと思います

せっかく、柿の木にいっぱいを実を成らせてくれているのだから

それに柿は医者いらずの言葉もあるくらい、
柿には様々な薬効や利用法がある事も知られている

柿のヘタから柿の葉なども、柿の葉茶とかもあるし
(個人的には柿の葉寿司なんて死ぬほど好きですけどね・・・)

柿渋染の色も好きですよ

こう観ていくと柿という1つの植物だけでも、スゴイ活躍だ・・・

そういえば、ホメオパシーにも柿のレメディがある

1つは、長崎の原爆で生き残った柿の実や根と樹皮からできたもの

持っているマテリアメディカに載っていないので、
症状像が分からないから、どういう症状の時に使うのか、良く分からないけど
(想像するに、放射能関係の症状なのかなと・・・)

もう1つは、普通の柿の実と葉からつくられたもの

果実のレメディも色々あって、興味が湧きます

かりんで冬を乗り切ろう

かりんちゃん

かわいいよね~♪、これ、かりんです

我が家のほったらかしのかりんの枝にたわわに実っておりました

かりんでつくる

世話をしていない、かりんなので、売り物と比べると、いかにも・・・な風貌ですが

このかりんで、今年はかりん酒と、かりんの化粧水をつくることにしました

化粧水は柚子の種で作る時と、一緒です

種をとって、焼酎につけて、しばらくおくと、できるようですが、
柚子の時のように、そのままお肌につけていいものやら、どうなのか???

まぁ、やってみなけりゃわからない

かりんのたね

残りのかりんは、そのままかりん酒にするため、焼酎に入れて、黒砂糖とザラメでつけこみました

来年まで熟成させます

今年の秋から冬は、去年つくったものがあるので、
このシロップを風邪気味の時や、寒気がした時に飲む事にします

さっき、試しに、アメ色になった1年熟成ものを飲んでみましたが、上手い上手い
最高の出来でした

かりん酒は、ナポレオンなみ・・・とどこかの本に書かれてあったような気がしますが
実際香りもよいし、美味しいですね

お湯で割って飲みます

ただの砂糖漬けシロップの方がお子さんには喜ばれそうですね

自然界は人間に多くの恵みをもたらしてくれるもの

あますことなく、存分に満喫させていただきます!

でもね、、、かりんはね~、堅いんですよ

石みたいですから、包丁を使う時はご用心です

かりんも、その姿はどこか太陽を思わせます
この黄色いイエローの波長が、冬の間の灰色のエネルギーを補ってくれそうです

だから今の季節に成って下におちるのだよね。。。

自然界ばんざ~い!ですね