ギャングには気をつけよう

今年は、あちこちでアカバネ病が発生しているのでしょうか?

特に私達の地域で発生はしていないようですが

こういった吸血昆虫を媒介した感染症の流行は

数年に一度といったような周期性があったりするんですよね

確かに、今年、我が家では、ワタシ自身がマラリアになるかと思われるほど、

吸血昆虫に刺されましたから

こういう年は気をつけないといけないのかな~と思いますが

アカバネ病とは、牛の吸血昆虫による感染症らしく

8月~10月にかけて、感染するようで、感染した母牛は、感染していても

外からは分からないみたいで

結局、妊娠している子牛を流産や、早産したり、産まれた子牛も水頭症を患っていたり、

関節が湾曲したり、目が見えなかったり、体型異常などの奇形を伴うこともあるようです

こういった異常分娩がだいたい感染している場合、

翌年の春4月頃まで起こるみたいですが

イヤな病気ですね・・・・

こういうのって気をつけるにも難しいですよね

だって外にある牛舎で、吸血昆虫は防げないですよね

私達の地域では、その為に、予防接種を春にやっていますが

でも、予防接種をしてても、かかることがあるって、この間、おっちゃん言ってましたし

生後感染の場合、非化膿性脳脊髄炎を引き起こし

そうなると、治療しても、予後は厳しいようですね・・・

脳がやられてしまうので、普通にない、おかしな行動をするみたいだし・・・

あぁ、今さらだけど、

ホメオパシーのレメディ、カンサリス(スペイン甲虫からできるレメディ)の200Cあたりを

吸血昆虫がブンブン飛んでいた時に、

定期的にでも投与した方が良かったのかな?なんて思いましたが

でも、もう遅いでしょうかね・・・

来年までに、流産、早産、異常産、奇形出産、
産まれる子牛に、失明、脳障害など無いことを祈ります

やっぱり、自分がマラリアになるほどギャングに刺されるような年は
前もって用心した方が良さそうですね・・・・
スポンサーサイト