みっくす姿を消す

昨日、只今、経過観察中の秀子さんの対応をしている最中に、

どうもみっくすも調子が悪そうだという事に、気づきました

その時は、まだ、みっくすに嘔吐や下痢の症状はありませんでした

ただ、珍しく、昼間から、

猫箱の中に座って、動かないな~と感じた事を不思議に思った事がはじまりでした

通常、昼間はよく活動していて、餌を見ると、ぴょんぴょんするのに

全く動く気配は見受けられませんでした

そこで、おそらく、これは調子が悪いのだろう・・・と推測し

最初アーセニカム(砒素からできるレメディ)200Cを与えることにしました

しばらくして、以前しろちゃんのかかった重篤な状態が思い出され

マーキュリーコロシブス200C(塩化第二水銀からできるレメディ)も投与しました

まったく、みっくすよ、カエルのタマゴとか食べに行くからそうなるんだよ・・・と

この時は、軽く見ていました

その後、夕方になり

ある時間帯になると、さっきまでいたみっくすが忽然と姿を消しました

みっくすが行方不明になったのです

あんなに調子が悪そうな時に、神隠しのように、いなくなるなんて・・・・と思い

アチコチ探して歩きました

でも、どこにもいないのです

その後も何回も捜しました

それでも、出てくることはありませんでした

調子が悪そうだったので、心配しましたが、

出てこないのだから、どうしようもありませんでした

ところが、その後、ワタシが寝ている間、深夜になって、

どこからともなく、みっくすは玄関に現れたようでした

かなり吐いている様子だと、母は確認したようでした

今日の朝になって、吐瀉物と、みっくすの様子を確認しました

みっくす大丈夫?1

見つけた時は、びっしょりと下半身は濡れていました

吐瀉物ではなく、どうもおびただしい量の、下痢のようでもありました

苦悶して、失禁もしたのかな?という感じでしたが

レメディはヒットしていたようで

ぴょんぴょんと動きまわるみっくすは、出るべきものが出てしまい、昨日より元気になっていました

ただ、食欲はわかないようなので、

みっくすを隔離し、絶食をさせることにしました

再び、アーセニカムとマーキュリーコロシブスを水ポテンシーにて再投与しました

すると、昼過ぎまでには、若干の血便をしたようでした

これで、出し切った、みっくすは、夕方になると、食欲が湧き

少量の餌を食べつくしました

みっくす大丈夫?

結局、苦悶して、姿を消したのでしょうが

みっくす

君、オタマジャクシのタマゴ食べ過ぎなのよ

もうこれに懲りて、田んぼに毎日行くのはよしてください・・・
スポンサーサイト

みっくすの血便

今日、朝より、みっくすが植木鉢の中に血便をしていました

昨日より、少し餌の食べる量が減っていたので、前もって

マーキュリーソルビルス(ハーネマンの水銀からできるレメディ)30Cを与えておいたのですが

今朝になって、血便をしているようでした

そこで、マーキュリーコロシブス(塩化第二水銀からできるレメディ)200Cに変更し

与えたところ、その後は特に変わった様子もなく

今日も1日、しろちゃんとあちこち冒険をして、餌もよく食べ、今、猫箱で寝ています

明日のフンがどうなるか分かりませんが、しばらく様子見です

PS 今日の登録検査は80.2でした
80点越えたので、良かったと思います

ボリュームがもう少しあったら、もうちょっと高かったのかな~?

我が家の子達は登録点数はたいした事なくても、
みなよく頑張ってくれるので、今後の活躍を期待することにしようと思います

しろちゃんの決心

しろちゃんは、ついに決心したようでした

「しろちゃん、ウチ猫になる!」

この1週間ほどの我が家での闘病生活結果、
しろちゃんは、自分の生まれた実家の上のお宅に帰るのをやめてしまったようでした

今日はずっと我が家にいて、帰ろうとしません

牛舎の子牛のモリ~ズ姉妹とも、戯れまくりです

なにしろ、この子、猛烈なおしゃべり猫なんで、

あんまりうるさいんで、上に帰ってもらおうか・・・・(苦笑)とも、思ったのですが

帰る気配もなく

玄関のお休み箱(猫ベットとも言う・・・・)で、とっとと寝てしまったようです

しろちゃん、元気200%、おしゃべりも以前と比べて2倍ぐらい増えたような気が・・・・

も~、とにかくよくしゃべる、しゃべりすぎ・・・

人見知りしないし、牛は好きだし、抱っこしてくれ攻撃もスゴイし・・・

覗き見はするわ、

何にでも興味と関心がありすぎて・・・・

しかも、都合が悪くなると、わざと寝たフリとかするし・・・

やっぱり、この子も知能犯(苦笑)

なんか、最近ずっと、我が家の子達って、

どの子も強烈な個性が炸裂するパターンで

飼い主の事を一生飽きさせるってことはないようです・・・・

しろちゃんの劇的回復

数日前まで、今にも死んでしまいそうだったしろちゃんの元気は完全回復しました

闘病期間は約一週間ほどです

しろちゃんが劇的に回復しだしたのは、

コチラのブログにキーコメさんから、コメントいただき、
ウィルス感染症に的を絞り、レメディを変更して与えてからでした

それまでも、徐々に回復の兆しは少しずつ見られてはいたようにも思いますが

やはり、マーキュリーコロシブス(塩化第二水銀からできるレメディ)200Cを与えてからの

回復ぶりは目を見張るものがあったと思います

マーキュリーコロシブスもごく最近自分の為にと、購入したレメディでした

マーキュリー(水銀からできるレメディ)にもたくさんの種類があり、

水銀に共通の症状もあるのですが、ちょっとずつ違っています

ワタシがいつも、使ってきたのは、
マーキュリーソルビルスというキットに入っている水銀のレメディでした

マーキュリーコロシブスは犬猫のパルボウィルスによる感染症の際に

考慮に入れられるレメディの1つです

パルボウィルスの場合は
マーキュリーコロシブス、バレチュームアルバムなどが考慮に入れられるレメディ

猫コロナウィルスは、自身で考えるに、
おそらく、アーセニカム、パイロジェン、バプティジアなどが考慮に入れられるのではないかと・・・

パルボウィルスにかかると、致死率は高く、
動物病院でも、治療法もなく対処療法しか行えない、感染力の高い感染症のようでした

そこで、しろちゃんに、まずバレチュームアルバム200Cを朝1回投与し

その後はポカリにアクティブソルトを入れて飲ませ

昼、夜にマーキュリーコロシブス200Cを投与してみたところ

次の日の朝、劇的回復が見られ、わずかに猫カリカリも食べるようになりました

水も良く飲むようになり、ご飯の友をかけたご飯の粒と、

猫ミルクセーキもペロペロできるようになり

今日には、ほとんど普通に戻り、餌も良く食べ、

また、うっとうしい・・・(苦笑)しろちゃとして生き返ることができました

ほんと、スゴイですね・・・

今度ばかりは、死なせてしまう・・・と思っていました

まさか、こんなに元気になってくれるとは思いませんでした

この子、やはり猫パルボだったんでしょうかね・・・

生き返ってくれて、ほんとに嬉しいです

うっとうしくても、邪魔でも、猫ストーカーでも、

しろちゃんは、今のワタシにとってかけがえのない大切な存在なのです

今日もしろちゃんは、おしゃべり猫全開です

もともとソーファータイプ(硫黄からできるレメディ)なので、
好奇心とおしゃべり好きはこの子の天性のものです

しろちゃんは、人間も人間の赤ちゃんのことも大好き、
それに子牛の事も大好きで、牛舎の中の牛のそばや横をスタスタ走りまわるので、

とても危険です、、、

PS しろちゃん奇跡の回復

あまりの忙しさに、orengewoodさんもお疲れモードです・・・

しかし、しろちゃんがどうなったんだろう・・・・とご心配の方もおられると思い

速報です

しろちゃん、今朝になると、奇跡の劇的回復を見せました

キーコメさんのウィルス感染症との、ご指摘のおかげで、
レメディをマーキュリーコロシブス200Cにした事が功を奏しました

詳しい事は、また明日以降・・・

キーコメ様、再びメールをありがとうございました
いつも、お気遣いいただき、本当にありがとうございます
改めてまた、お返事送りますね。。。