猫のしろちゃん餌を食べる姿が力強くなってきました

猫のしろちゃんの今日の様子ですが、餌を食べる姿は力強くなってきました。

猫風邪の為のホメオパシーレメディーを変更してから、2日目になりますが、
(ダルカマラ200Cやカンファー30C、サニュキュアラアクア200C他のレメディーを複数コンビネーションにして複数のフラワーエッセンスプラスです)

よだれ鼻水が減少してきて、顔や身体を毛づくろいできるようになりました。

よだれ鼻水がすごい時には、顔を手で洗う事もできなかったようでした。
(だって、よだれでベタベタになるから、できないんでしょうね・・・・)

見た目には、だいぶ元気になってきているという感じです。

ただ、昨日、また赤い噛まれたような痕跡を発見したので、数日したら、体調が崩れるかもしれません。

これには、ホメオパシーレメディーのカンサリス200Cとリーダム200Cを与えています。

何しろ足は怪我している、猫疥癬にはなっている、猫風邪にもなっている、何かに噛まれた痕もある・・・・・と

いくつもの症状をひとかかえにして日々生きている訳ですから、

対応も多岐に渡りました。

これって外で飼うような動物と生活してみると分かりますが、

問題を抱える時には、いくつもの状態を一緒にかかえています。

例えば家の母もそうでした

足は骨折している

長時間に及ぶ脳腫瘍は手術する

かなりの量の輸血はしている

その晩、山と言われる・・・・

水頭症の懸念もあると言われる・・・・

髄膜炎になる可能性もあるかもしれない・・・・

と次々に事件!?は同時進行で起こっていくのです。

シャバはそんなに甘くはない!!!

・・・・で、今回のしろちゃんですが、

やはりフラワーエッセンスコルテPHIのK9を加えてからが、餌を食べる姿に変化が見られるようになりました。

今後も一進一退する可能性もあるかもしれませんが、

あの浜辺に打ち上げられたイルカのような状態になっている2週間からは脱却したように思います。

自分の為に購入しておいたコルテK9でしたが、このような形で貢献してくれるとは思いもしませんでした。

ホント何のエッセンス(ホメオパシーのレメディーなども含む)が何時役に立つか分かりません。

持っていれば、できる事がある。

いつも感じてはいますが、今回もまたそれを感じました。

コルテさんが危険を顧みず挑んで作っていただいたこのエッセンスのおかげもあって、
(もちろん他のエッセンス達もホメオパシーレメディーも入っているので、これだけでは無いんだけど・・・)

誰がどうみても、状態が悪かったしろちゃんに変化があったというのが、嬉しい限りです。

私も昔はフラワーエッセンス軽く見くびっていました。

でも、この数年でフラワーエッセンスの世界に対して新しい『境地』のようなものが自分の中に開けてきたように思います。

仮に知っていても、本当に分かっている訳では無い

何回も何回も、何年も何年も実践しつづけないと分からない

フラワーエッセンスを知ったのは16年以上前ぐらいですが、何も分かっている訳ではなかったと思います。

この世界には、チャレンジするだけの充分な可能性があり、
深遠な世界がまだまだ手つかずのまま眠ったままでいる・・・と思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy


スポンサーサイト

みっくすの風邪?

みっくす12月28日

みっくすは、今日になると風邪なのか、ウィルス感染症なのか

ケホケホ咳のようなくしゃみのようなものをして、餌がつかえるようでした

一応、元気はかなりあるのですが、食べにくそうです

そこで、今日は「ABC」という小児の風邪の引き始めに与えるレメディをまず投与しました

ABCはアコナイト、ベラドンナ、カモミラのコンビネーションレメディの事です

このレメディは、牛舎でも活躍のレメディで

母牛が「出産間近ギリギリで風邪を引いた時」などの為に置いてあります

アコナイト、ベラドンナ、カモミラ3つは

出産の際にも、考慮に入れられるレメディでもあるので、
産む直前、ギリギリで母牛が風邪の場合は、ABCを選択する事もあります

少し話がずれてきましたが

その後様子を見ていたのですが、やはり夕方まで元気は良いもののケホケホするので

続けてカーボベージ30Cもミルクに入れて与えておきました

今は、しろちゃんと眠りに落ちていますが

明日の様子はどうなるか?

年末年始、様子を見ながらレメディを調整したいと思います

PS そうだ、もう明日は30日です

あぁ~、ぜんぜん年末って気がしない・・・やっぱり、そのまま通り過ぎて終わりそうです

祖母も寝込んでいるので、余計に忙しく・・・・

今年も、ブログに足を運んでいただき、
そしてブログを通じて、お世話になり、本当にありがとうございました~

2011年、震災豪雨など災害の連続で、前年の口蹄疫に続き
正直なところ、全くと言っていいほど、ワタシ自身も、心落ち着きませんでした

次のステージへの移行の為か、パンドラの箱はすでに開いている・・・というか

これからも、色々な事が続くと思いますが

可能性を捨てずにこれからも、コツコツ地道に、取り組んでいきたいです

今年もこの子達にホメオパシーの使い方など、教わる事も多かったです

いくらなんでも、

こういう場合は厳しいだろう・・・と思うような時でも、ほんと光が射すのですよね~

毎年そうなので、来年も、また今年になかったような症例に出くわす事になるのでしょう・・・

新年も、この子達ともども、どうぞよろしくお願いします

では、みなさん、よいお年をお迎えください☆

ワタシは年越しも、お正月もナシ、そのまま続く・・・です(笑)

PS みっくすの風邪は、随分良くなりました

ABCのレメディの後、カーボベージ30Cを投与で、
エホエホやって餌も食べにくそうだったのですが、今日には、症状が緩和されました

このまま良くなってくると思います