悲しい出来事

昨日夕方から、管内の牛飼いの方のお宅でとても悲しい事故が起こりました

詳しいことは伏せさせていただきます

とても悲しく、涙が出ます

弟が亡くなって3年

そんな中で牛飼いを手伝って、
はじめて、地元の他の地区の牛飼いの方達ともお話する機会ができました

牛を自分で育ててみて、遠かった県や町が少し近く見えたのです

ワタシはM県に住んでいても、学校も何もかもM県に行った訳ではないので
実は地元なのに、地元が遠い状態でした

同じ町でも知っている人はほとんどいない状態で・・・

住所はM県で、行政区分はM県なのに、生活はM県ではなかった
それを色んな場所で説明するのにも一苦労でした

そんな中で実家に帰ってきて、牛を通して少しだけ繋がった気がしたのです

牛を自分で育ててみて、はじめて、色々な大変さも分かってきました

繁殖農家は母牛の妊娠出産子育てなどがあるので技術的な面や神経の使い方など
思いもしない、色んな面での苦労があります

そんなことが分かっているだけに、今回のこの痛ましい事故は、何ともいいようがありません

家族の何人もの命が一瞬にして失われました

言葉を失いました

小さなお子さんは重体です

牛の為を思って、やった仕事が、こんなことになるなんて・・・と思うと

涙がこぼれます

牛達もきっと察していると思います

牛は敏感な生き物です

ちょっとした飼い主の異変にも気づくのです

飼い主の親方さんを失い、母牛も子牛もどれだけ呆然と立ち尽くしているだろうかと思います

どんなにか残された家族も牛も身を砕かれるような思いをしているだろうか・・・と思います

今回の事故の起こったお宅のことは、父も顔見知りの人ではなかったようでした
(我が家に来られるおじちゃん達は知り合いだと思いますが・・・)

それでも同じ牛飼いとして、他人ごととは思えません

ただ、ただ色んなことを思っては、涙が流れるのです・・・・
スポンサーサイト

南の国から2009

牛舎の溝に住んでいると思われるカエルの「オスカー」ですが
時々、ちょっと太めの「パトリック」と入れ替わっているような気がするのは
気のせいではないと思う今日この頃・・・
(替え玉のつもりか、それともスパイか?じゃなきゃアナタもホメオタクですか?)

さて、数週間前から足の調子の悪い母牛さんがいました

我が家には3軒の削蹄師のおじさんに来ていただくのですが

そのうちの1軒のAさんところに、ちびたちびおの母牛さんが
ずっと足を引きずっていたので爪を切ってもらうことになりました

結局のところ、この母牛さんも、前回のあまてらすクンの母牛さんと同じ理由で
後ろ足2本とも膿んで化膿して痛がっていたようでした

おじちゃんが帰った後には、母牛さんが人間用の靴下を2足フツーに履いていたので
ちょっぴり笑えたのですが、血を流していました

そこでアーニカ200Cとエマージェンシースプレーの水ポテンシーをあげています
(今日はどうやら、血は止まったようでした)

蹄、爪のあたりの化膿ということなので、この後、
さらにリーダム(ワイルドローズマリーからできるレメディ)の30Cを与えることにします

排膿からの治癒に向けては、他のレメディの選択肢も考えられると思います

例えばヘパソーファー(硫化カルシウムからできるレメディ)
ヘパソーファーはポテンシーで使い方が考慮できるレメディで

ヘパソーファー30Cは膿む癖がある人に
ヘパソーファー12Xは膿んでその膿が出にくい場合に使われますが

我が家の牛の爪先の蹄の化膿には、
今のところリーダムやハイペリカムを使っています

「爪」周辺などの化膿ということで選んだレメディです
化膿部位なども考慮してレメディを選択すると、治癒までの時間や期間も違ってくるかもしれません

そういえば、この母牛さんは、もともと父の判断では
ワタシの戸の開け閉めが悪かったせいで、この牛が角で足を打って、悪くなったことになってました

また、アタシのせいですか?

(そこで、どうも怪しいと思ったので、聞き返したのです)

「そうじゃなくって、それ以前から痛がっていたんじゃないの?」って

この時もバッサリ切り捨てられ、角で打ったから足が悪くなったんだということにされていました

だから打ちつけたことを原因として
せっせとアーニカ他などのレメディを与えていましたが、一向によくなる気配はありませんでした

当たり前です・・・・

打って悪くなったのではないのだから・・・

爪を切らなかったことによって、化膿を引き起こしていたのですから

これはレメディを選択する前に、爪を切ってもらうことが先決だったのです

ハァ~、今年で2頭目ですよ・・・

まったく・・・・

我が家の母牛さんも大変です

ここから北の国からのじゅんクンの語り口でお願いします

ああぁぁぁぁぁ~ぁぁ、るるるるるるるる~♪



我が家の場合は、色々とホメオパシー以前の気づきの問題が山積みな訳で・・・・

子牛を育てることを手伝って3年目・・・

期待をされることが自分にとっても、かえって急に不安にもなってきた訳で・・・

それに我が家でお世話になっている、おじさん・・・・
県共(県共進会)に出るというのに、応援に行けなくてほんとゴメンなさい

焼酎やタバコを飲んだりする田舎のおっさんばかりの中に、若い???ワタシが
マイクロに一緒に乗って遠出するのは、やっぱり自信がありません・・・・

そんな訳で許してください・・・

南の国から09’秋

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

嫉妬心



今日は早めの更新です

ずっと内観しながら気づいていくと分かるのですが

この嫉妬心というのは、とても、よく人間を支配しているんだと思います

以前は嫉妬というと男女の恋愛なんかのモツレに関わることを大きく捉えていたのですが

それは違っていて

どこにもかしこにも、コレが生きていることがホメオパシーをやっていると、気づくようにもなるのです

兄弟、親子、夫婦、彼氏彼女、家族、友人、知人、仕事仲間、社会、世界と・・・

どうでしょうか?

思い当たるフシはありませんか?

人との関係性で、アッと思った引っかかりに関して

自分を深く内観して見るといいのです

ほとんどの場合、ここが関わっていることが分かります

そして、ここを内観出来ないまま、実は人のことを見ているし言葉も発していたりするのです

おおよそ人間関係の中で複雑になったりするできごとには
ここが多かれ少なかれ、生きていることは多いのです

この嫉妬によって、人よりも、あの人よりもというのが出来上がります

ライバル意識やプライドなども、ここに関わってきています
(負けず嫌いだとか、有名になりたい願望や虚栄心なども、入っていると思います)

人よりも何倍も頑張る人がいます

社長まで上らないと気が済まない人もいます

ナゼそこまで頑張る必要があったのでしょうか?

何を人から認められたいと思ったのでしょうか?

あの人よりも、自分はマシだとか思うような気持ちは、挙げていったらキリがないのかもしれません

色々と出てきます

よく人の事を人がしゃべっているのを言っている時は、
よくよく聞いていると、ここが根っこにあったりするわけです

そしてそんな気持をもった人間同士で会話をするので
アドバイスも何もかも、適切というよりも、
むしろ、この現実が何か違う風に持っていかれることになります

人生で起こることの多くが
この嫉妬メラメラを含んでいると思います

メラメラがメラメラを引き寄せるのです
(執着が執着を招く)

想念がこの世界の起こることを支配しているといってもいい

この嫉妬メラメラに気づいて、内観していくと
言葉が変わっていくのがわかります

人に対する言葉かけも変わってくるハズです

もちろんアドバイスする内容も変わってきますし、普段のおしゃべりから、何から

生き方や、生きる場所も変わる人もいると思います

ここに記事として出しましたが、気づく人もいれば、気づかない人もいるかもしれません

それぐらい、実はフツーのありきたりの感情として自身の中に生きているがゆえに

ここに気づかない人もいるのです

ワタシが、かつてそうだったかもしれません・・・

この嫉妬の壁は大きく人間の中に立ちはだかっているといっても過言ではありません
ホメオパシーでも、皮むきをしていくと、この皮は何十にもかぶさっていることに気づくと思います

ホメオパシーをやっている人達でさえも、最初から気づくわけではなく
皮むきをするのに、相当な年月、時間を必要とするのだ・・・ということも、なんとなく分かります

それぐらい実はぶ厚いのですよね・・・
(嫉妬の壁は、想像以上です)

起こることをその都度立ち止まって振り返ってみると、よく分かるようになります

社会で起こっていること、小さな家庭の中で起こること

いずれにしても、深くかかわっているということが折々分かってくるようになりますね

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

交代劇

昨日は、二軍と一軍の交代劇が繰り広げられましたorengewood家です

我が家には、数年前から飼っているチーム名「ハッピーパイレーツ」のみなさん6羽と

今年の春やってきましたヒヨコチームの「朝焼けめんどり~ず」の9羽の新しいみなさんがおりました

↓コチラは朝焼けめんどり~ずの若鳥の一羽です
めんどり~ず

この交代劇すったもんだのドタバタ劇でして、
当たり前だけど「ニワトリって逃げたら捕まえるのが大変!」を、婆やとワタシで痛感したのでした

昨日はカンカン照りということもあり、2人でゼイハーゼイハーでした
ちなみに、最後の方は、捕まらないニワトリにイラチを起こし
婆やが父のようにぶち切れ、やっぱりこの人達親子ですな~としみじみ思ったのでした

さてこのハッピーパイレーツのみなさんは
以前にもブログに書いたのですが、毛が抜けかかる病気になっており、卵の状態も酷かったのですが
ホメオパシーなどをやりはじめて、毛が少しずつ生えてくるようになり、
卵も以前に比べると元気になりました

これがハッピーパイレーツチームの1羽が産んだ卵です↓

hometamago.jpg

なかなか、黄身も弾力が増し、いい色をしてきました

それで、先ごろ、この「ハッピーパイレーツ」チームの中に、若鳥に成長しつつあった
二軍「朝焼けめんどり~ず」チームのヒヨコを入れましたら

やっぱり一軍は強しで、朝焼けめんどり~ずを追い詰めてしまいました
彼らは来た当初もいじめられて一晩過ごした為に、トラウマもひどく、震えあがってしまったのです

そこで、またいったん小さな小屋に二軍は引き返すことになりました

しかし昨日、もう大きくなったので、
一軍と混ぜても大丈夫じゃないか?と思い入れてみました

しかし、どうでしょうか?
「朝焼けめんどり~ず」のみなさん、ホメオパシーで育った子だけに気持ち優しいですから

やっぱり、一軍の「ハッピーパイレーツ」のみなさんに、いじめられてしまうのです

さすがは、海賊です

ちなみに、この入れ替えの最中に、
「朝焼けめんどり~ず」の一羽がお初タマゴを産んでいることにも気づきました

なんと初出産、おめでとうございます♪

ちなみに下の写真の向かって左がお初タマゴです
ハッピーパイレーツの卵と比較してみました

卵比較

まだ小さいですが、
さすが幼少期よりホメオパシーを取り入れて産んだホメタマゴ、オーラがあります

ハッピーパイレーツのものよりも、潤いと輝きがちょっと違うかもしれません
ハッピーパイレーツのみなさんも、ホメオパシーはやっているのですが

小さな時から、やっていた訳ではないので、その分何かが違います

もうこんな卵をこれから、ドンドン産み始めるのですから

もはやこれは猶予がありません
ハッピーパイレーツのみなさんには一軍から下がっていただくこととなりました

そしてそんな一軍と二軍の交代劇の最中
要領が決していいとは言えない、婆やとワタシのコンビで2つの小屋を行き来する間に
次々と脱走・・・・

捕まえるのに目まいを覚えました・・・・

しかし、その後なんとか無事に、一軍と二軍の交代を終え、一軍に上がった
朝焼けめんどり~ずのみなさんは、悠々自適に暮らし、既に2個の卵を産んだようです

それに代わって、二軍落ちした、ハッピーパイレーツのみなさんはというと・・・・

小さなキャンプ地に入れられたも同然のせっま~い部屋で
卵なんか産めるか!!とボヤキが聞こえてきました

「アホか、ここで生活できるか、舐めとんのか!オリャ!」といった感じです

世代交代はスポーツの世界でも、ニワトリの世界でも厳しいのです

それにしても、今回の朝焼けめんどり~ずのみなさんはホメオパシーをやった子だけに
顔が優しく、やっぱり目が優しい感じがあります
(気持ちというか気質も優しいようです)

ハッピーパイレーツのみなさんとは人相が違うようです

それに毛並みが素晴らしいですね
フサフサして、ツヤツヤしています

ニワトリの目が優しいとかって、一般の方は、そう見る機会もないのかもしれませんが

今までのニワトリ達となんか雰囲気から違うのですよね~

やっぱりホメオパシーってスゴイな~と、
毎日感動はしているんだけど、ニワトリを見てもそう思いました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

鬱はナマケモノではありません

前回に引き続きですが

ここも声を大にしていいたいところですが

パニック発作でも、ウツ状態でも鬱病でもですね

今だ、これを色んなことを怠けたい、ナマケモノみたいな扱いを受けることが多いのですが

これは「ナマケモノ病」ではありません

社会の多くの人が、こういった面についても、理解できていないと思います
(こんなにも理解が叫ばれていても、本当の理解とは程遠いですね)

ワタシも散々言われてきました

両親から根性が無いとか、頑張りが足りないとか言われて育ってきました

弟が亡くなっても、そう言われたんです

知り合いの人たちからも頑張ることだけをすすめられました

あぁ、分からないんだな・・・と

人には分からないんだなと・・・

ここで周りに対して心を閉ざしたところはあります

こういう風に言われるんだったら、正直、鬱状態だとか鬱病だとか患っている時は
ハッキリ言って、行く場所なんてないんですよね・・・



これは、今まで人を見ていて、気づいたことでもあるのですが

死に行く人は、周りに対して、必ず自身がキツイ苦しい状態にいるということは

メッセージとして残しているんですよね

ちゃんと、言っているし、表現もしています

吐かない、抑圧的なのではなく、ちゃんと現わしているし、吐いてもいます

でも、やっぱり周りの理解がないんです

いつも思いますけれど、
亡くなった本人の方が悪いのではなく、その周りの人間の無理解と受容性の無さの方が

むしろ、その方が、よっぽどな現代社会の問題だと思うんです

ちょっと分かりやすい例ですが、昨今の飯島愛ちゃんだとか、マイケルジャクソン氏などは

この人達は、お別れの前に・・・・

前もって、自分の状態が悪いことを表現しているじゃないですか?
(何年も前から・・・)

みんなに自分がこんな気持ちと状態で生きているから分かってほしいと思って
言葉を残しているじゃないですか?

それを切に言っているにも関わらず、
ちゃんと受け止めてないのは周りの人間の方でしょう?

ワタシから言わせたら、よっぽど健全だと思っている人達の方が、どうかおかしいんですよ・・・
(感覚、感情麻痺に見える)

ここは以前から気になっていたところなんです

臭いものには蓋でしょうか?
そういうものは見たくない聞きたくないと思うのでしょうか?

いったい何から目をそむけたいのでしょうか?

究極的なことを言えば、おそらくみな自分の中にある
自分の弱さから目をそむけたいばかりに

他人のそういった部分に関しても、関わりたくないと思っているのです

自身の皮むき穴埋めがキチンとできていないから、人に対してもそうなのです

いったん受容して、それを理解し、解決していこうと思うのが人間の健全な世界だと思います

ところが、今の現段階では、無理解、無受容です

理解すらしようとしていない

(あるのは自分勝手な常識的解釈と理解、そして言葉しかありません・・・)

自分がどんな人間性、感覚、認識を持っている存在か、真剣に内観したことすらないんです

ただ、仲が良い(ような雰囲気の?)ばかりの親子、夫婦、お友達、知り合い同士のような関係性の中では、本当の関係性など出来はしない思います
(どれだけ人数つきあったところで、あまり変わりありません)

ホメオパシーをやっていると、色々気づきます

少なくともどんなシロウトの人でも、ホメオパシーのマテリアメディカを読めば
あぁ、こういう部分ワタシにもあるわ・・・と気づくと思います

自分のことが少しずつ分かってきたら、
他人に対する本当の意味でも受容の幅も広がるかもしれません

ホメオパシーをやりはじめて10年を超えました

すると、最初の頃には思わなかったような気づきも多くあるものです

社会全体としてある種の麻痺感があるように思います
個々をもう少し深く見つめることです

振り返り、内観することにホメオパシーは何年たっても色褪せず役に立ってくれるものと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

パニック発作パート2

ワタシの最近起こすパニック発作のことで、ある事に気づきました

それは腰の調子の悪さとの関係です

ワタシの今年に入ってからの、パニック発作は、この腰の痛みとも因果関係が深いですね

ようするに、腰が痛みはじめる前に、パニック発作のようなものを引き起こす頻度が高いか

その逆で、腰の調子が悪くなりだすと、パニック発作を起こしやすくなるというとが分かりました

やっぱり身体は全部と繋がってますね~

ワタシが病名をいただいた当時は、この病気の全容ってあまりよく知られていなかったものなんです
当時は今ほどメジャーな病気でもなかったです

(ワタシがなった後ぐらいに、次々と芸能界の人達が告白されることが多かったと思います)

治療法も、投薬治療で様子を見たり、行動療法などあるけど
とどのつまりは決定的なものはありませんと言われたんです

この病気は予期不安が顕著になって、それが進むと鬱病になったりもするんですが
(ワタシもそうだったし今もその気アリですけど)

最近は、このパニック発作、パニック障害は、脳の神経伝達物質の異常が認められていて
心の病というよりも、「脳の病気」とも理解されるようになってきているんですね・・・

やっぱり気の病とかじゃなくって、何らかの病気なんですよね

多くの人はというか田舎の人なんかは、特に(←ここ強くいいたいところです)
今だに気合が足りないからそんな病気になる、気の病、心の病だと思ってる人が多いのですよね

(モォ~、そうじゃないんですよね・・・)

気合とか頑張りなんかじゃ乗り切れない、これは一種の病気なんですよね
(ここは声を大にしていいたいところ・・・)

ホメオパシーでは、そういった一連の表現というか症状というか病気は
発達障害や自閉症なども含めて

現代社会に存在する、あらゆるものと因果関係が深いと見てますよね
(その中に、予防接種に含まれる、水銀系の成分他などありますが)

ワタシの病気は、最初、現代病ですって言われたんです

それはホメオパシーを知った今なら納得します

食事から環境から、医療から、何から以前の自然な生活とはかけ離れた暮らし生き方の中で

取り込んできたものによって、
体内環境や身体能力などが撹乱された結果として、そういう状態があるのだと思います

誤魔化しようのない現代社会が生みだした現実だと思うんですよ

だから、ワタシは地道にでもこのブログで伝えていきたいというか、
自分の請け負ったものをここで表現していきたいと思うのです

多くの人が、病気に対する本当の理解をしている訳ではないと思います

医療従事者でさえもそうだと思いますし、

ホメオパシーをやっている人でさえも、
あらゆる最初からある刷り込み意識のようなものからなかなか離れることもできなかったりします

だからもっとホメオパシー

ここにきて、奥の事を、根っこから今知る必要があるんじゃないかな~と思います

皆、まだ「表」だけを拾い集めて、見ている段階です
だから、気合いや頑張り、努力で乗り切れると誤解している人も多いのだと思います

戦前戦後の敵を力によって倒せみたいな考え方から抜け出せないでいる状態です

もっと「裏」から色々覗いてみると、それが端的な理解だと分かるのです

時代は常に変わっていっているんです

それならば、受け取り方や理解も変える必要があるのでは?と思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

去年からの課題



ドリフ時代の加藤茶あさまのちょっとだけよ~♪タブーをバックミュージックにお届けしますこの写真

みつおのちょっとだけよ~♪です

ちょっとだけよ~の通り、あの、ちょっとだけ○玉が・・・
(これは、去勢前の彼の勇士でございます)

ピンクライトがあるともっと良かったかしら・・・・

かっちゃんの数日間の下痢が
カモミラ(ジャーマンカモミールからできるレメディ)30Cと
バッチのレスキューレメディの水ポテンシーで治癒したようでした

今日は、みつおクンの方が、下痢をはじめたようで、朝、食欲もなさそうだったので
同じくカモミールとレスキューレメディの水ポテンシーを与えておいたら

どうやら餌も食べれるようになったようでした

牛は色々な理由から、よく下痢をするようです

子牛の場合、「黄緑色の下痢便」というのは、セリ市に出すまでの間によくなる症状の1つですが

この時はカモミラがよくヒットしてくれます
そのおかげか、餌の食い込みが落ちることは、滅多にありません

繁殖農家の場合、牛の体重の増減はとても大事で
1日のロスが3日や1週間続くだけで、セリ市までの重量が全く違ってきます

去年の子達は、まだまだホメオパシーをこっそりやる程度でしかなかったので

残念ながら下痢を克服できないまま、セリ市に出た子もいました

梅雨時に下痢になったまま、色々レメディを投与してみたつもりでしたが、
ヒットすることはなく、そのままセリ市に出たのです

最初は大きくなることができずに、とても心配もしましたが
下痢は続きましたが、レメディなどのおかげか、成長はしました

セリの価格も小さかったわりには、血統が良かったおかげで、とても高く驚いたのでした

去年の子までは、やはり、なかなかホメオパシーをやってみても難しいと正直思う事はありました

しかし、今年は今のところ、状態としては、去年に比べると、ずっと良好のようです

本で読んだり、勉強会などで聞いている以上に
やっぱり現場では様々な事が同時進行で色々と起こってきますから

そのあたりで、シロウトにはレメディの選択が難しいこともありますが

去年の課題だったものを、だいぶクリアできたこともあったかなと思います

まぁ、それでも生きものは終わりがないですね

いつもワタシの口癖は、「牛は色々難しい・・・」です

NHKプロッフェショナル仕事の流儀の動物園の飼育員の方の言葉をチラッと見かけましたが

動物は簡単に死ぬでしたか?生きものは簡単に死ぬでしたか?

そういったニュアンスのことが書かれてありました

それは、ワタシも小さい頃から動物を色々飼ってきたから分かります

ホント簡単に死ぬんですよね・・・

牛でもアッと思った瞬間、出産中に死んだりしていたんです

びっくりするほど、簡単に亡くなっていくんです

切なかったですね・・・・

それと同時に、ワタシ自身の責任もあったように思います

今振り返ってみても、最大限のことをしてやれてなかったと思います

ホメオパシーを知ってからは、色んな面で随分変わりました

簡単に亡くなるということは、減りましたし、別の側面から気づくことも多くありました

産まれ出たものは、いつかは死に行くもの
これは全てに共通のことです

だからこそ、
人間も動物も生きていることには変わりなく、その生命同士はお互いに共鳴もしているのですよね

幼い頃から動物に接してきていたけど、

こんなにも人間と同じようなものを持っていたなんて・・・・と
新鮮な驚きでした

ホメオパシーは人も動物も昆虫も植物も選ばない

そこが最大の魅力だといつも思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

比較してみました

さゆりさんクンしゅん

これは向って左側がさゆりさんです
この子は今年の春先3月市にセリ市に出された子です
セリ価格はパッとせず、品評会には出た子ですが、肥育に買われてしまい
なかなか厳しい結果だった子です

そしてお隣はしゅんクンですね

実はこの2頭の母親は一緒ですから、異父姉弟になります
(あっ、異父ではないですね、そういえば種牛一緒ですから同じ組み合わせになりますね)

この写真が残っていて良かったと思うのですが

この2頭の比較です

さゆりさんは、出産時に母牛にバッチ博士のレスキューレメディのみを与えて産まれた子牛です
(のちのち、父に隠れてさゆりさんにはホメオパシーもやるようにはなったのですが・・・)

そしてお隣のしゅんクンは、以前にも書いたのですが母牛に出産前からホメオパシーを取り入れ
なおかつバッチ博士のレスキューレメディも与え、生まれた後も母牛、子牛ともにホメオパシーを使った子です

(2頭とも、アロマセラピーは随時、牛舎に漂っていた環境です)

この写真で見ても、やはり違いがなんとなく出ているのではないかな~と思います

どちらも優しい感じはあるとは思うのですが、
しゅんクンの方がさらにオーラがしっかりしており、
優しい表情もさらに磨きがかかっているような気がします

本当はそれ以前の、フラワーレメディさえも使ってなくて、
普通に産まれた子の写真もあると良かったのですが、探しても見つかりませんでした

唯一、いしまつクンの母牛の写真が残っているには残っているのですが
これがケータイには残っていなかったのでUPできませんでした

それぞれを見比べると、やはりその違いが分かります

目には見えないような部分かもそれませんが、雰囲気のようなものが確かに違ってきています

ホメオパシーやフラワーレメディ、アロマセラピーなどがどれだけ
出産前、出産中、出産後、授乳期など多くのプロセスに影響を与えるのかということは

牛の場合を、この数年間観察してみて、よく分かってきました

以前はセミナーや勉強会などで話に聞くだけで、
なかなかその相違というものを身近に実感できなかったのですが
(子供を産んだ経験も無いですから・・・)

今回写真で見てみても、よく出ているかな~と思います

自然療法を使った場合、特に顕著なのは子供の成長です

我が家の場合、ここで何回も書いてきましたが、母牛達の我が家で育った環境は
決してよい状態とは言えませんでした

母牛の多くは、心に安定性のないまま、牛舎に繋がれ子供達を妊娠し出産していました
不安なままの生活を強いられてきたのです

それでその様子が牛の人相にもハッキリでているんですね・・・

そんな母牛達ですから、ちょっとやそっとでは何かが変わったりはしませんが

それでも、ホメオパシーなどを取り入れて今育っている子牛達に関しては

そんな母牛の性質的な影響はあまりないようで、

母牛がコワイ顔をしていても、その子牛はとても穏やかな顔と雰囲気で育っています

だから産まれてくるものはいかなる親であっても
あまりそこが影響しているのではなく、本当はとても素直なものとして産まれてくるのだと思いました

だから色んな面で変わることができる存在です

結局、親と子が悪い点が似るのは、そこを変えられなかったというか置き去りにされたままに
ある種の悲しみが、その接し方を通して似てくるのだと思いました

以前、りかちゃんとりかちゃんのおねえちゃんを写真にUPして、
りかちゃんの母牛さんの恐い顔とは似ていないと記事にしたことがありました

ところが実はさらにこのまたおねえちゃんが、我が家に母牛さんとしていたことを知ったのですが

この子は、品評会を目指しているみかさんのお母さんです

このみかさんのお母さん牛の顔は、りかちゃんの母牛にやや似て、やっぱり恐い顔なんです
ちなみに動き方や性質も、母牛の凶暴な部分とかなり似ているわけです

そうするとこれは遺伝だなぁ~という話になってしまいます

でも本当は、この母牛さんも今みたいな環境にさえおいていれば

恐い顔の母牛になることもなかったのですよね・・・・

このあたりで随分将来的なことも違うのだなぁとつくづく牛たちを観察していて気づきました

変われなかった、変わらなかった、
気づかなかった、気づけなかった悲しみのようなものが日々を通して似るのですよね

それで、そこを変えることができる可能性が、この自然療法にはあるのだな~と思いました

自分だけの力で何とかしようだなんて、それは本当に難しいことだと思います

母牛だって、急におっぱいが出なくなったりするものを、
それを自分たちだけで何とかすることは実際には難しいです

今回はホメオパシーのレメディなどがあったからこそ、可能になった部分が多く

お乳をたっぷりと飲み、寝て、遊んで、今の子牛達が穏やかな顔をして成長できるのだと思います

これからも、すくすく育ってくれると嬉しいですね

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

パニクリ発作症

このパニクリ発作症というのはパニック発作症のことですが

ワタシがこの病名をいただいたのが、今から10数年前ですが

実はワタシの場合は、このパニック発作に類する発作は、とても小さい頃から発病していました

最初がどうでしたかね・・・

確か折鶴がワタシ得意で、それを教えてる最中になったんです

でも誰にもだまって、冷や汗をかきながら、周りに受け答えして、持ち直したことを覚えています

それからずっと時々引き起こしてきました

でも、この事を誰にもだまって、ガマンにガマンを重ねました

大人になってそれで頻繁にこのパニック発作を起こして
鬱病で死にそうになっても

色々周りに言ったのに、誰もというか、家族さえも分かってはくれなかったのです

びっくりしました

ようするに気の病と理解されたのです

そうやって思ってるから倒れるんだと・・・・

まさに生き地獄でした

こうなっているのに、完全に顔も青ざめているのに
言っても理解されないってどうなんですか???と思いました

これは気の病とかではないですよ、なんか病気なんですよね
(だってストレスが明らかに溜まらない時にもフツーに起きるのですから・・・・)

それがホメオパシー治療を受けることによって負担が多少軽減されたので
起こす回数も自然に減りました

そして、野菜果物ジュースを前もって飲んでおく作戦をやることによって、随分良くなったのです

ところがです

弟が亡くなって、数か月ごろから、また頻繁に起こすようになりました
(これは、たぶんショックからのストレスからだと思う)

そういうこともあって、実家に帰るしかなくなったというのもあります

もう実家に帰った頃は、完全に鬱病も発病しているんですよね

こうなった場合、もうどうしようもありませんから

日々を自然に委ねることで過ごして、希望を見出してきました

ところがです

今回は、よくならない

春先からは頻繁に起こすようになってます

実際には疲れているのかもしれない・・・とも思います

しかし、牛飼い休むことが出来ない・・・

厳しい・・・

横になりたいときは一応横にはなれる

でも基本このパニック発作症は横になっても治らない

さらに厳しい・・・

周りが気づいてくれると助かる

ところが気づかない事もある

昨日は母、気づかない

その代りに、誰が気づいたって牛飼いのおじちゃんの方が様子がおかしいと先に気づいた(苦笑)

いや、母マジでお前の方が気づけよ!

気づかないから、ワタシに「ハサミ取ってこい」とか言いやがった

ぶっ倒れるかと思ったゼ

いや母はね、実はこの人もワタシと同じ症状を患っていたんです

遺伝です

マヤズムが原因だと思います
(出産前からの投薬や輸血などによるホルモン分泌の異常などがベースにあると思います)

それで若い頃特にワタシを出産後20代からずっと、これと同じ症状を持っていたようです

特に30代、40代に頻発し、本人も鬱病にもなってるんです

なのに、最近そういったことが年をとった為に、あまり起こらなくなったらしい・・・

本人いわく、「そりゃアンタ若いからそうなるんだ、歳とったら落ち着くよ」って、

あとそうなるまでに「何十年あると思ってるの?」

だからワタシの気持ちが分からないようで・・・
(本当に困ったもんだよ)

青ざめているような時に、頼みごとするのは、もうやめてほしいですね、まったく・・・

まぁ、昨日は牛博士のおじさんのいつもの牛レッスン中になったんですけどね
(牛甲子園(県共、全共)を目指せの、熱血教師ですよ:笑)

また昨日はとんでもなく暑い日だったというのもいけないですね

気象条件もワタシの場合とても関係しているみたいです
冷房がキツイ場所でもなりやすい、カンカン照りも危ない
暖房ガンガンもダメ

色々その時の要因が絡んでなっているようですが

どこで、そうなるか分からないから、こっちはコワイ訳ですよ
(頻発しだすと、家を出ることすら、不可能になる)

昨日はアッと思ったので、牛舎においてあった、エインズワース社のレスキューレメディ的な
エマージェンシースプレーをシュッひと吹きすれども、おさまる様子もなく

フラフラしながら家に帰りつき

もうどうしようもないから、アコナイト(トリカブトからできるレメディ)の200Cを投与して

牛舎に戻ってしばらくワラの上に座っていたら

持ち直しました

フゥ~、難儀したわ・・・

ワラに座って青ざめた顔を見て、母もおかしいとようやく思ったようでした

早く気づいておくれ・・・

しかし、今回はじめて、アコナイトの200Cをパニック発作症時に使いましたが

初ヒットですね

以前クラシカルホメオパスの先生にパニック発作症時にアコナイトをすすめられたのですが

その当時は投与しても、あまり芳しくなかったのです
(熱も身体の中にたまっていたからかもしれませんが・・・)

「先生アコナイトはきかないみたいです」と答えたんですよね

当時は30Cしか試したこともなかったのですが

今回200Cを投与したら、しばらくしたら落ち着いたので

なるほどね~、アコナイトこんな時にやってみるといいのか~と思いました

アコナイトはけっこうみなさんよく使われるレメディでもあると思うのですが
ワタシは10数年間、ほとんど使ったことがなかったのですよね~

1回じゃ分からないから、またなった時に試してみようと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

モーレツな腹痛

本日もゼッ不調でしたorengewoodです

猛烈な腹痛に見舞われました

みなさん、また?とかって言わないで下さいね・・・・

こういうことはワタクシよくあることなんです

何しろ痛がり体質なのですから

今回の腹痛は、お昼過ぎの3時頃からはじまり、夕方夜になるにつれ、どんどん酷くなっていきました

これがワタシのパターンです

この腹痛は月に何回かは起こすタイプのいつもの腹痛なので自分でも分かってはいるんですよ

あっ、まただ・・・と思いました

これがね、働いている時も月に何回かあった訳で、でも決まって夜に痛みMAXになっていたので
一応売り場で大惨事にはなったことがなかったのです

この痛みが、ハンパねぇ(DAIGO風)・・・・感じでして

ここでは平気に書いていますが、襲ってきたらそりゃスゴイ痛みなんです

失神寸前です

身体が二つに折れ曲がる程、痛いです

それで、この痛みは何なのかというと

たぶんガスが溜まってこうなるんだと思うんです

コリック痛とかってヤツですかねぇ

orenge山の幸、畑の幸を食べるわりには、胃腸が繊細に出来ているようで

たぶん食べたものに対して、それを上手く消化するだけの能力に欠けた胃腸なんだと思うんですよ

それに暑い日なんて、
水分をよく取るためか、その際に空気を飲み込んでいるのもプラスして原因になっていると思うんです

いつも昼食が終わった頃に、それらしい兆候がいつも始まるんです

そして夜アパートで身悶えしながらレメディを取るという

これがいつもの流れなんです

そこで、この時にとるレメディなんですが

こういった場合はライコポディウム(ヒカゲノカズラからできるレメディ)か
カーボべージ(植物の炭からできるレメディ)の30C

それでダメならアーセニカム30Cで
たいていその後、ガスとゲップを出すか下痢をするかで終息するんです

一応いつも、これらのレメディで、なんとかなるにはなるんです

でもそのライコとカーボベージなんですが

治るけど、速やかかはかなりビミョ~な感じなんですよね

時間が多少かかることが多いというか

それで、今回はライコポディウム30Cを投与してみたのですが

その後、確かにゲップをはじめたのですが

どうも痛みが一向に抜けませんでした

そのうち牛舎で作業をしているうちに、モーレツな腹イタになってきました

そこで走ってかえってヒィーーーーーーーイテテテテテテと

二つに折れ曲がりながらうずくまっていたのですが

それではどうしようもないので

レメディ箱を開け、ガシャンガシャンやって、
そうだコロシンシス(ニガウリ、コロシントウリからできるレメディ)30Cを投与してみようと思ったのです

初コロシンシス

これがヒットした

すぐにオナラ、プ~でした(失礼)

そして、その後もオナラ、プリプリしているうちによくなりました

ヤッタ~

そうか・・・

これだったのか・・・・

今度からこの痛みが起こった時は、このレメディだなと思いました

ライコよりも、カーボベージよりもコロシンシス

これがワタシのガス腹のヒットレメディだったようです

このレメディも今年まで持ってはいませんでした

今年買ったキットに入っていたので、助かりました

コロシンシスはこういった、二つに折れ曲がる程の腹痛、子供の疝痛などにも使われるレメディです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

生命力が表現されているか

クンしゅん

優しい目をしているしゅんクンです

目は口ほどに物を言う・・・

この目と雰囲気はいつも大事にしています

こういったオーラをそのものに出せるかどうということは、以前から心の中で描いていたものです

キャリアの長いホメオパスの先生方などからは、
こういった感じが出るので、そこはいつも大切にしたいと思っていました

このオーラがではじめたら、「道」に入っていることと思います

そういえば、以前からTVでお宝鑑定団は父が好きでよく見ているので、時々見ているんですが

あの掛け軸の絵とかって、それが本物か本物でないかを見分ける際に

必ず「生命力」ってのがキーワードになってるなぁ~と思ってました

鑑定士の方もよく言われてますもんねぇ

「生命力が溢れている」とか、「この絵にはそういった一切の生命力が現れていません」とかって

そうやってみると、ホントどんなに絵が上手とかでは誤魔化せない

なにかしら、生きた感じってありますもんね~

上手いだけじゃできない「生命力の模倣」です

きっとその本物と呼ばれる書き手の人には、それがあるんでしょうね・・・

そこが基本だから、絵が生きたりするのだな~と思いました

以前はそこまでワタシも見きれてなかったな~と思います

本物とそうでないものとの違いはそこにあります

牛でもいい牛になると、芸術的なほどに仕上がってきます

その基礎には生命力、生きてなおかつ不思議と物言わぬ品の良さのようなものが漂います

それは着飾ったもので品が良くなっている訳でもなく

そのものに宿ったものが素直に生きている感じです

ホメオパシーをやって以来、ここは見るようにしています

大人になると本物かそうでないかの見分けは全てにおいて大事なこととなってきます
(本物でないものでも、本物にできるかどうかも含みますけど・・・)

それは人間関係でも何でもそうです

仕事で何かを極める時も、それがなかったら、
ただやみくもに時間を過ごしているだけにしかすぎなくなってしまいます

以前はそういったことが分かりませんでした

「気」の流れ方を見ること

これはとても大事なことだと分かりました

ここはハッキリ言って、
口で色々キレイにいっても何をしようとも、どうやったって誤魔化しようがないのです

この子牛にさえも漂う、この感じ・・・

こういう雰囲気がそのモノから出ているかどうか?

ここはいつもモノを見る時にはワタシが大事にしていることです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

メンズ達の災難?

本日、我が家のメンズ達最初の4頭の去勢の日でした

まぁ、ここでも彼が一番の大暴れということで・・・・

彼とは・・・

そう、み・つ・お・クンのことですよね~(当たり前です)

彼は去勢前から、獣医の先生がロープを巻かれるのに、ちょっとばかり体当たりしてみたようで

イテっ!!と先生の声が・・・

その後も、しばし興奮するものの

それでも、観念したらしく、大人しく去勢を受けていました

それにしても、我が家の息子達は本当にいい子に育ってくれていると思います
(完全に親馬鹿か・・・)

いや、特に今年のメンズは今だかつてなく温厚で優しい子達ばかりです

まぁ、みつおクンはこういった体質というか気質ですから、仕方ないとして

恐らく出産以前、そして出産、授乳の際にホメオパシーを取り入れたことも功を奏していると思います

とにかく落ち着いて大人しくなったことによって、育てやすくなったなぁ~と思います

きょうこさんとみかさんの時は、まだ父もホメオパシーを今ほど認めておらず

隠れてこっそりやっていた頃の子なので

また、今の子達はちょっと違うな~と思いました

やっぱり出産前、出産、授乳期にやるかやらないのかでも
随分違うようです

今回の去勢では特に、やっぱりカルカーブタイプ(牡蠣のカラからできるレメディ)の大ちゃんには、
本当に感心しました

大ちゃん、今回も素直

忍耐強く、温厚で、優しく、大人しく、
この子は何をさせても、周りから見ていて安定感と安心感が抜群にあります

この子には何を任せても大丈夫といつも思います

カルカーブは最初さえしっかり育てれば、あとは手がかかりません

忍耐と辛抱強いのがカルカーブの良さですもんね

あと、あまてらすクンも本当に大人しい温厚な子です

この子がまた、気持の優しい子で、オスとは思えないほどで、全く足が出ません

かっちゃんも、また温厚で優しいし、み・つ・おクンはいつもこんな感じですが

この子はこの子で、気持は優しい子なんです
(弟分達には威張ってましたが・・・)

まぁ、こう書くと親バカ丸出しになってしまうような感じですが

歴代の子達に比べると、また一味違う気がします

実家に帰ってから2年目までの子も、アロマセラピーなどを取り入れて育てているので
確かにまた、それ以前の父だけで育てた子とは違いましたが

それよりも、今の子達はさらに温厚です

去勢はいわば、男の子の大事な部分が麻酔もナシで抜き取られるのですから

子牛達からすればたまったものではないと思いますが

○玉を抜いたすぐからも、餌をよく食べていて、これもあっぱれと思いました

ちなみに、抜いた○玉はカラスのアンドリューがササっと現われて、くわえて持って帰っているようです
(アンドリューにしたら、きょうは2×4頭の8タマの収穫です)

去勢は抜いたまま、縫合もナシです
だから、時にそこから膿んだりする子もいるので

一応アーニカ200Cとエインズワース社のエマージェンシースプレーで水ポテンシーをつくり与えておきました
ホメオパシーを知っていると、本当に色んなことができるのでいいですね

あと数日前に気になっていた、みつおクンの左側の毛の下にあるふくらみのことも聞きましたが
どうやら問題はないようでした
(一応、スーヤ(ニオイヒバからできる)のハーブチンキで水ポテンシーをつくり与えています)

それにしても、我が家でいつもお世話になっている獣医さんは、凄腕です
ものすごい手際の良さで、去勢を終わられました

ドクターって人間のお医者さんも動物のお医者さんも、
色んなタイプの人がいると思うのですけど、いい先生だなぁと思います

カンがいい先生だというのが素人目に見ても分かりますもんね

もともとこちらの先生は、父達がひどく慕っていたU先生のもとで丁稚をされていたこともあって
その影響がとても強いような気がします
(U先生は、ワタシが子供の時、我が家に来られていると、いつもそばで見ていた先生です)

ホメオパシーを生活に取り入れてから、
ずっと人間でも動物でもいいお医者さんに巡り合えていることは感謝です

受精師さんや獣医の先生方からも学ぶことは多いです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

ウツと熱い国のアロマ

これから徐々に日照量も落ちて、気分も落ちやすい季節になると思います

ワタシも冬場は最高に良くなかったですね

それで、そんな季節におススメなのがアロマセラピーです

アロマセラピーは季節的にも寒くなる時期の方が湿度も低くなるのでマッチしますよね

それに冬場の方が香りを欲しくなるのも不思議なものです

特にこれからの季節は

ローズウッドやイランイランをカンキツ系とブレンドして使うのがお気に入りです

これらのエッセンシャルオイルは

熱いというか暑い地域で出来たアロマオイルなんですよね~

だからきっと、そういう意味でも人間を元気にしてくれるような気がするんです

そこで、今あの愛用しているバリ島でできているマサコ石けんの
「チュべローズ」の香りのものを頼んでおきました



チュべローズはエッセンシャルオイルでは希少価値の高いアブソリュートですよね
水蒸気蒸留のものもレアでは、あるのでしょうかねぇ?

白いかわいいお花ですね

バリ島に行くと、こういったお花の香りが漂ってくるそうですね・・・

これからの季節も、またバリ香る石けんを使うことで

ちょっと元気になる気がするんですよね

この暑い国で出来ているっていうのが、冬場に使うには大事ですね~

暑い国の熱い波動がその石けん材料には伝わっているハズ
それに暑い国の人は、にぎやか(注:うるさいとも言うかもしれないけど:笑)で陽気な人が多い気がする

マサコさんの石けんは何がいいって

色んな種類があるのもいいんです

楽しんで使えるし

それに南国特有の香りもスッゴクいいのですよね~

今使っているのはホワイトチョコレートと呼ばれるもので
シナモンが入っているせいか、寒くなった今の時期にはやや涼しい感があるのですが

それが終わったら、チュべローズにしてみようと思います

ちなみにチュべローズのエッセンシャルオイルの特性は
イライラやストレスにもいいようです

う~ん、いいんじゃないかな。。。

届くのを楽しみに待っておこうっと♪

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

美の道は1日にしてならず

牛界の叶姉妹こと、黒毛三姉妹のきょうこさん、みかさん、りかさん

今日もすくすくと成長しています

・・・・・・・・がっ

きょうこさん、また皮膚病???

ってか・・・・

きょうこさん、この間のブツブツの皮膚病の発端は、もしや疥癬?

そう気づいたのは、つい数日前

耳の裏の毛の皮膚がガサゴソ白いフケのような感じになっているなぁと思ってみていたら

んっ!?

これは疥癬トンネルでは?

ということで、たぶん疥癬と思うのですよね
最初に見つけた背中の血の跡も、気になっていましたが・・・

背中付近に吸血鬼が吸ったみたいな特徴のあるあの血の跡がある時は動物の場合、ご用心ですね

疥癬は潜伏期があって、症状が出るので、すぐには分かりにくいですね

父が疥癬駆除するって言ってます

きょうこさんのこの間の小さなブツブツは、ファイトラカで落ち着いたのですよね

ただ外陰部のブツブツが減ったかと思うと増えたりしているようで
なんかおかしい?と思っていたのですが

そこで、まずはソーファー(硫黄からできるレメディ)の30Cを水ポテンシーで投与しつつ

次にテリリューム(テルルからできるレメディ)200Cを投与の予定です

痒みのひどい部分には外用でカレンデュラのハーブチンキをスプレーしてます

品評会までには、キレイになってくれるといいですが・・・

どうでしょうかね?
(皮膚病は治癒に時間がかかりますからね)

きょうこさんは特に種牛の気質から、神経質なところがあり

皮膚病なんかあると、ますます落ち着きがなくなりますからね・・・

牛のミスコンの品評会や群の共進会などに出ても

ワサワサ、ワサワサ・・・・・ワサワサ・・・ワサワサしてしまって、立ち姿も台無しです(大汗)

ちなみに、外陰部やお乳を舌で顔からワサッと、今、痒みの為にナメナメしていますが

ミスユニバース・・・・

そんなはしたないこと、ミスコンの場でやってしまっては

お嬢ーーーーーーーーーーっ!!

品が無くって減点ですよ

きょうこさん、こんなお調子でホントに大丈夫でしょうか?

不安はつのります

基本ワタシタチノ管区内は郡の共進会ですでに県の共進会レベル
県の共進会で全国共進会レベルと言われているような場所ですので外野も多く
(・・・といっても、、まぁ牛ですからね、そこは人は限られてきますけれど)

本当に牛職人のような人達がズラリと並びますので

なんていうんでしょうか・・・・

そういった、ワサワサ、ワサワサするような牛が隣に並んだりしますと

あきらかに妙な顔というか、お隣の飼い主さん、ご機嫌ナナメ顔になったりするので要注意です

牛の習性で1頭が妙な動きをすると

全頭おかしな動きをはじめたりするので、かなり緊張が高まります

1頭がクルンと周りはじめると、その横もクルンしだして、全頭に伝染・・・
(クルンクルン病とワサワサ病の発生です)

ヤ、ヤバい・・・

ちなみに、我が家の父と娘(メスの子牛)のコンビは落ち着きがなく
いつも、クルンクルン病を発病し、父も何回も前後に動いてしまうというパターン多しで

今から心配です

ちなみに、今度の町の品評会も
たぶんきょうこさん、みかさんの2頭セットで出ることになると思うので、

きっとワタシもまた1人で立つことになると思うのですが

大丈夫でしょうか?

ワタシの方はみかさん持ちになると思うのですが

みかさん、種牛福桜で少し落ちつきないですけど・・・

ど、どうでしょうか?

しかも我が家の場合、稲刈り時期などの色々な作業とぶつかり
ぶっつけ本番練習ナシしで、あの場で立たされることになるのですが・・・・

それに2頭とも、みなさん、もし、もしですよ、郡の共進会まで行くことになったら

ワタクシ1人で立つ自信が・・・・

あの場所で立つ自信が・・・・

アハ、アハ、アハ、アハ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ・・・・・・・・

そ、そうでした・・・・

みなさん、まだ何も決まってないのですから、、、、

そうですね・・・・

ワタシのいつもの取り越し苦労です(苦笑)

いや、みかさんが、最近の生育ぶりが非常に良かったものですから
(父も絶賛をはじめたので)

ワタシもちょっと先走ってしまいました(笑)

まだ町の品評会にも行くって決まってないんですよ

ワタシったら・・・(ホントに・・・どうしようかしら・・・・)

あと、りかさんも、まだ断乳をしたばかりですが、成長はすこぶる順調で

あの折れそうで細くて太れなかった時からすると、大きくなりました

この間、これまた超職人の牛飼いのおじさんが、この子を見て

「この子は郡に行くとじゃないかなぁ」と言って帰られました

りかちゃんは、この子は実際には細すぎて、品評会、共進会は難しいと思っていた子ですが

意外にある時期から、カルカーブ(牡蠣のカラからできるレメディ)を母牛に投入してから、
グッと良くなった子です

鼻通しをしてからは、とても大人しく、あのやんちゃ姫時代がウソのように温厚に育っています

顔もりかちゃんのおねえちゃんと同様に、とても優しい顔つきで
お母さんには全く似てません!!

我が家の黒毛三姉妹、「美の道は1日してならず・・・・」という言葉通り

まぁ、なかなか、厳しいことも、ありますが

きょうこさん、みかさん、りかさん、明日からも頑張っていきまっしょいですね

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

愛でること

ちびたちびおクン、あんなに可愛かったのに、
すっかり雰囲気が変わっておっさんみたいになっています

ちびたちびお氏、65歳・・・みたいな・・・
(ちょっと言い過ぎかもしれませんが、ゴロが良かったものですから)

子牛のちびたちびおクンのことがなんだか最近気になっていました

・・・・というのも、この子が乳を吸う姿をここのところ見る機会がなかったからです

ずっと気にとめて、見ているのですが、

いつもお外のお気に入りスポットに座っていたり、餌を食べたりしていて

肝心の乳飲みの姿を何度見ても、見ることができませんでした

そしてようやく昨日あたりに、チラッと乳飲みに行く様子がうかがえました

ところが、母牛が蹴る仕草を見せて、ちびおクン、なかなか上手く飲む事もできないようでした

以前は、ちゃんと出ていて、たっぷり飲んでいたのですよね

どこで、こんなことになったのかは分かりません

そこで、それからカルカーブ(牡蠣の殻からできるレメディ)の30Cを投与しておきました

すると、さっき、ようやく、しっかりお乳を飲む姿が確認でき、ワタシも安心しました

ずっと、ちびおの鼻の周りに「乳の輪」を見ることができず

心配していました

子牛の口と鼻の周りがたっぷりの乳でベタベタしているのを見るのが
とっても嬉しい瞬間です

あぁ、今日も乳がたっぷり出て、たっぷり飲んで、ぐっすり寝て

すくすく成長するのを見るのが、なんとも言えず、ワタシの喜びとなっています

ちびおクンは、弟分のしゅんクンが生まれた頃から

少し遠慮をするようになりました

それまでは、ワタシのところにすぐに歩いてきていたのに、
そんなことが減って、甘える仕草がなくなってきました

ワタシがしゅんクンとよく遊ぶようになってからです

ワタシも、自分自身の経験からどの子にも分け隔てなく

愛情を注ぐことをモットーにしているのですが

少しばかり、産まれたばかりのしゅんクンに肩入れしてしまったかも分かりません

子牛でも、1頭ばかり可愛がると、なんでぇ?って仕草を見せるんです

ボクもやってよ、ワタシもナデナデしてよって全員がそういう風になるのですよね

人間の世界と一緒です

みんなこの世界に生まれたからには愛でてほしいんですよね

ワタシは子供のころ、大人は皆、かわいく要領のいい弟ばかりを可愛がると思ってましたから

やっぱりその経験がありますから

全員に愛情を満遍なく注ぎたいと思うのですよね

そして、そうすれば、全員が応えてくれるんです

ダメな子なんて、本当はこの世に生まれて一人もいる訳ないんですよね

もしそういう子が出来たとすればというか、そういう風に見えるとすれば

それは周りの大人というか育てた側にやはり責任があると思います

我が家には過去にはダメな子よわばりされてきた、子牛達がいましたけれど

でも、そんな子牛は今は1頭もいません

やはり愛情をもって成長を支える、そういう気持ちが育てるものにあれば、
どんな子も枯れない木として育つと思ってます

子牛の成長を見守り続けて3年目
ようやくなんとなくですがおぼろげに掴んできたような気がします

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

自分の向かうところ

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
(2008/07)
石川 拓治NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班

商品詳細を見る


奇跡のリンゴの木村秋則さん

ワタシはこの本、立ち読みでザーッとですが読んだのです

残念ながら、番組は見てはいませんでした

でも、本を見た瞬間
「いいな~、こういう生き方、好きだな~」と思いました

きっと田舎では一風変わった「変人」さんとして扱われた人だったと思います

田舎では、かえって本質を追及して他人と違ったことをやろうとすると

大抵の場合「変人さん」扱いです

特に木村さん長い間、この奇跡のリンゴを成らせて出荷するまでに10年以上ぐらいかかってます

その時間だけでも、田舎ではかなり変わった人としてしか、うつってはいなかったと思います
(だって、リンゴを実らせない、リンゴ農家ってどうよ・・・としかうつらないですよね)

だから木村さんは、
その間、夜、パチンコ店員やキャバレーの呼び込みとか色んな仕事を他にされてたんですね

スゴイと思います

そこまでやって、長いトンネルを抜けて、

ようやくリンゴが2個実るのですよね

ここがスゴイ、長くやって、たった2個です

だから本物になりえたと思います

本物や本質を追及しようと思うと、それは色んな意味で、苦労が絶えないと思います
(人からの批判や批評、陰口もフツーにあると思います)

でも、そこを妥協せず追及したものだけが、宇宙の助けも含めて

「黄金の果実」を摘み取ることができるのだろうと思います

何の世界にしても、それは同じだろうと、そう思います

どんなに苦しもうと、どんなに長くかかろうとも、周りからは超がつくくらいの「変人」扱いをされようと

そこを自分なりに工夫し努力し、追及するのが、

やっぱり人生の醍醐味だと思います

ワタシも何気に我が家の牛舎に自然療法ことにホメオパシーを導入する際に
長い年月がかかってしまいました

私達の地域は、ワタシが言うのもなんですが、牛の世界では全国でも指折りの地域です

牛飼いプロフェッショナルなうるさ型のおじさま方が軒をつらねているような場所で

ペー子のワタシが子牛を育てて、そこで成果を出すことは

夢物語でしかない

そう思われても仕方のないような状態でした

過去には他にいい牛を見て、勉強をするよう強くすすめられてきたこともあります

他を見ないと勉強にならないでしょう?って言われてました

いや、分かります

自分の世界だけで廻ったら、それはお山の大将ですからね

でも、今回、この数年、ワタシは他の牛を見て、勉強しようとは思いませんでした

今あるワタシの方法論で、それをやって育てた牛を市場に出す

そう心に強く思っていました

ワタシのやり方で、やってみせる

ワタシが学んできたやり方で、やってやる

そう思って、自分が出来ることを出来る範囲でやってきました

そして、それが、この数年間、成績や体格に現れるようになったと思います

今から随分ムカシに、父はワタシが子牛にブラシをかけるのを見ていて

「お前みたいに、何でもちんたらやっている奴が、牛を育てることなんて出来んぞ!!」と

イライラして事あるごとに怒鳴りつけられていたのです

でも今はもう、そんなことを言われることもなくなりました

いつごろからか、父は人が来ると

「娘がブラシをかけとるけん、家の牛は大人しいタイ」と言うようになりました

もちろん、まだまだ及ばないことは色々あります
試行錯誤は毎日です
ホメオパシーにしても、分からない部分が数多くあります

日々は学びの連続です

ワタシは思うのです

やっぱり、自分が信じるものを長い時間がかかっても諦めずに追及してみる

そう木村さんのように。。。

一見最初の頃は不器用なように見えても

それが本質的なら、宇宙も神様もどこかで応援というか、ちゃんと見てくれていると思うのです

「自分の中にある思いや考えを大切にする生き方」

今までずっと他に譲って、自分の方法を取り入れることを諦めてきたワタシからしたら

もっともっと大事なことだったんだと、とても共感できるのです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ


どこが中心点?

最初に出会ったクラシカルホメオパスの先生との間で交わされたことは(受け答えに関して)
ここでは書ききれないほど、重要なことがたくさんあった

先生は私にとって最高の教師だったと思う

ここで多くのことに改めて気づいた

もやもやしていたことが、昇華された感じがあり、幾つもの答えを出してきた

ホメオパシーをやっているからといって

迷いが無い訳でもなく、悩みが無くなる訳でもない人生の中で

ここで多くのことに気づかせてもらい、また教えていただいたことは

自分にとっては一生の「宝」となっている

あの世には何の一切の「物」を持って行くことはできない中

その中で「心」だけは持ち運び自在の中で

そこに持ち運びできるほどの、多くの宝を得ることができた

ワタシの人生では度々命題があり

ほとんど、いつもそこがネックになっていると思われることがある

やはりそれは人間関係の中から浮かび上がるものだと思う

何度も書くように、ワタシは近年ホメオパシー他、自然療法やセラピーを学んだというか

こういったことをベースに人生を生きる人と共に、時間を共有することが多く

その、あまり話の論点が相違するということがなかった

いわゆる、ここにきている人の多くが、
人生で非常に悩み苦しみ体調を悪くした経験などをプロセスとして経てきたベースがあり

そこから、何かを考え行動する人たちで

おそらく自分の人生と共鳴した為と思われる

大方、ここにきている人は学ぼうとする気持があり
自分を深く内観しようと日々努めようとするので、

自分勝手な解釈ばかりをしようとは思っていない

特にホメオパシーは、その傾向は強いと思われる
(ただホメオパシーをやっているからといって、最初から様々な気づきがある訳でもないけれど)

ところが、まぁ一般的な大半の人はそういったことを自ら努めてやる訳ではない

人間だから色々思う事はあれど、置き去りにされることがほとんどだ

どのくらいどういう方向性で自分自身が自己中心的か気づいている人はそうはいない

そうすると、話をすればするほど様々な話の論点が
自分とはズレてくることになる

人の事は変えられる訳ではない

自分が変わったからといって、人まで変わったりはしない

ただ自分が変わる事で、言われている通り、様々なことが確かに変わる部分もある

しかし本質的なところまでもが、変わることは実際には難しい

これは個々の人間の気づきと実践の問題なのだ

ホメオパシーの診察の際のカウンセリングシートのようなものに

アナタが一番大切なものは何ですか?の問いがあった

ここで各人はなんと答えるだろうか?

ワタシは

心です

と書いた

ここだ、ここがネックなのだ

みすみす枯れると思われる木に、水をやり育てた方がいいのかどうか?

このみすみす枯れる木は、実はあらゆる条件を満たせば枯れることはない

ただ、その条件というか、
土壌や他の要件を満たしてないというか、満たすことに努められない場合はどうするのか?

枯れると分かっていることを育てることに意味があるのかないのか

本心から心(気持ち)さえあれば、この木は枯れることがない

ただこの気持が自己中心的な気持ちであって、水もあまり必要のない木であるのに

気持ちをやりすぎて水をやりすぎれば、いずれ根腐れを起こす

さぁ、さて心というのは様々なことを現わしている

人の事を思っているようでいて、実は自己中心的で、

「自分の都合のいいようにしか」

相手を捉えていないこともある

しかし、ここはもうホメオパシーをやっていれば、自ずと気づくところだ
(自身に対しても、他者が自分と関わってくる際にも)

割れた器にいくら水を入れても、それはこぼれ落ちるしかないのだ

完璧な人などこの世界にはいない

思うほどいい人というのも存在はしない

そんな中で、どこをどう努めるのか、手放すのか

どうやら、これはワタシの永遠のテーマのようです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

恐怖のムカデ体験

さあ、さて昨日の早朝4時から、少しばかり大騒ぎをしたorengewoodです

いきなりの武田軍の奇襲でした

まだ真っ暗闇の中の「闇討ち」にひとしく、ワタクシ何が起きたのか一瞬分かりませんでした

武田軍とはムカデのことです・・・

敵もやりよるわ・・・(フッフッフッ・・・)

その日は、布団を干したばかりの日で、ぬくぬくとお布団に入ったのです

しかし、この時から思えば妙な胸騒ぎは、あったのです

午前4時

イタイ、イタイ、頭がイタイと思って目が覚めました
(なんと、この時、大事な頭!?をムカデに刺されていたという・・・)

真っ暗闇の中電気をつけて

寝ぼけていたワタシは、ひょっとして髪の毛を引っ張っていたから痛いのだろうか・・・?

はて???

と思わないでもなかったのですが

それにしては、痛いので

ひょっとして、ムカデ?か何か?と思い

すぐに、レメディ箱をガッシャンガッシャンやりだしました

でも、ムカデはこの時、どこにも見当たらなかったのです

まぁ、でもやけに痛いということで

すぐに、
まずはエイピス(ミツバチからできたレメディ)30Cが箱の中に見つかったので、これを1粒投与

そして、その次にすぐさま、リーダム(ワイルドローズマリーからできたレメディ)30Cを1粒投与
(もうすでに、口の中ではエイピスと混じってた)

さらに、その次に、カンサリス(スペイン甲虫からできるレメディ)30Cを見つけ、すぐさま投与

怒涛の三連発のレメディの投与です

そうこうしているうちに、武田のムカデがひょこっと、布団の傍から這い出してきました

ひぃーっ、やっぱり、コイツか!!

ここで、見つかってよかった

ワタクシ、すかさず、本を取り出し

バシンバシン叩いて、敵をしとめました

体長10センチ以上はありました

ムカデの足は速いですからね、もたもたしていると、すぐに逃げられてしまいます

しかし、ワタシも怖がりのクセに、さらに頭も刺されているというのに、今回ばかりは勇敢でした

その後、ハッと我に返り

「ムカデに頭をやられたーーーーーーーーっ」、と言って大騒ぎしました

すると家族の母と祖母が起きてきたのですが

祖母は「どうしたとね」と言って、駆け寄ってきたわりには

すぐに寝床に戻って、グーグー寝息を立てて寝てしまっていたようでした

母は心配するものの、何もできずに呆然(これでも、元ナースです)

レメディはないの?とか、病院に行く?とかブツブツ小声で言ってましたが

ワタシが、「病院で頭にムカデ刺された人来たことあるの?」と言うと

「そんな人きたことない」

エェッ~、ナニぃ????

このド田舎の病院でも、そんな人来たことないなんて

なんてorengewood貴重な体験をしているのか!!(羨望の眼差し・・・)

・・・じゃなくて、そうじゃなくて・・・・

頭にムカデが刺したなんて話を、田舎でも聞いたことがないワタシはちょっと焦りました

腕とか手とか、足とかは聞いたことがあるんですけどねぇ

頭って聞いたことないから

チョ~、ショッキングぅ(泣)

そこで、さらに頭の痛みに悶えながら、あのジェルの登場です

そうです、あのおフランスから届いていた、あの、あの、あの・・・

虫刺され用のホメオパシー製薬会社ボワロン社製ダピスジェルです

このジェルがあって良かった

神様~ボワロン様~、ありがとう~(ホントに泣くよ)

スズメバチに襲われた時にと購入しておいたものが、こんな時にも役立ってくれるなんて・・・(嬉)

何度となく痛む頭にぬたくりつけておきました

そして、その後

エインズワース社製のバッチのレスキュー、エマージェンシースプレーもそばにあったので一吹き

さらにレメディを、まずはリーダムの30Cをさらに1粒投与

その後数分して、エイピス30Cの1粒投与

ここで、しばらくして、落ち着きましたがな~

なんだか眠くなったがな~

寝る・・・・・

orengewooodご就寝・・・・(チーン)

大騒ぎしたわりには、事の収束は早うございました

朝起きて、数時間たつうちには
どんどん刺された部分からも痛みが引けてきました

フウッ~

それにしても、ワタシがムカデに
脳みそは詰まってないと思われるが、大事な頭を刺されたというのに

我がファミリーといったら

まぁ、アナタ、いつも毒舌子なんで、それぐらい、いいんじゃないの・・・的な感じで

「毒は毒をもって制するだな」と一度も起きることもなかった父なんかも言っていたという・・・

(それって本当にホメオパシー?ですよね:苦笑)

まぁ、アタシったら一体・・・・ 

どうして、いつもどこにいっても、誰からも心配されるどころか

こういう雰囲気が漂ってしまうのかしら・・・

フ・シ・ギ・・・・・(ねぇ、みんな、もうちょっと心配しようよ)

しかしまたしても今回の一件で、ワタクシ、ホメオパシーがいかに素晴らしいものかを
我が身をもって体感した次第です

この間ホメオパシージャパンさんのHPを見ながら
「ムカデ」と「スズメバチ」のレメディは買っておかなきゃだな~と思いながら

今だ未購入だったことが、多少悔やまれました

ムカデ(自ずと知れたムカデからできる)のレメディを買っておけば、あれこれレメディを投与せず
この1つのレメディを数回リピートするだけでもひょっとしたら、事は済んだかもしれません

まぁ、それでも手持ちのレメディでも、上手くやれたので、良かったです

ムカデには「エイピス」、「リーダム」、「カンサリス」は役に立つことが分かりました
さらに加えて「バッチのレスキューレメディ」や「ダピスジェル」などもあるといいですね

それにしても、ムカデに「頭」を刺されるなんて、滅多にないことと思います

ムカデの毒にも「愛」でしょうか

しかし、そうここは、いつも危険地帯・・・

備えあれば憂いなし、ホメオパシーは、田舎では、ほんと大事なんだと、つくづく思いましたよ

*最後に夕方頃、少し頭痛とリンパ系にわずかな痛みを感じたので、
カーボリックアシッド(石炭酸からできるレメディ)200C1粒投与で締めくくりました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

しっぽは語るよ

しっぽ

今朝方4時頃、ショッキングな出来事が・・・
武田軍に奇襲をかけられたのです
(分かる人には分かると思うケド・・・)

あまりにも突然の奇襲で、orengeちょっとした騒動を起こしました
またこの続きは後で書きます

さて、このしっぽは、いしまつクンの後姿です

いしまつクン、随分大きくなりました
受精師の子が言うには、初子でこの大きさの子は、

「よそでもそう簡単には見ないですよ」というぐらい、発育が良い子です

我が家に来る人達は、みな子牛の発育の良さに驚かれます

それでワタシがホメオパシーを導入して気づいたことなのですが、

このしっぽのことです

ホメオパシーなど自然療法をやって育った子の特徴として

しっぽが「しっかり」としているということが分かりました

明らかに、以前の子牛に比べると、尻尾が雄々しくなっています

しっぽに迫力があり、象の鼻のように圧倒的なオーラを出すのです

尻尾の付け根の部分の大きさも、大事です

牛飼いで、牛を見る目を養う事は大事なことですが

その中には、「しっぽ」も含まれてはいますが、ワタシはけっこう見逃しがちでした

特に以前は牛飼いのおじさん達は、早い段階で

この子は、品評会に行くとか行かないとか、群の共進会に行くとか行かないとか

そういったことを、全体的に見て、即座に言われるのですが

ワタシはペー子の為、そういったことが時折ビミョ~で、よく分かりませんでした

しかし、やっているうちに、あることが分かりました

このしっぽが中心からもっさり割れてきたら、品評会、共進会行きは近いということです
(細胞分裂がよく進んでいるのかもしれないですね)

しっぽで発育の良さが分かるのですよね~

しっぽは、動物にとっては「生命力の象徴」です

もし、いまだに人間にもしっぽがついていたら、
もっとよく体調や精神状態、身体能力なども目に見えてハッキリ分かったと思いますが・・・

ちなみに、牛の場合、このしっぽのオーラは生殖能力、子孫繁栄の象徴でもあると思いました
(人間は、ちょっとお恥ずかしながら、男の子はホメを子供の頃からやった場合、生殖器に出るかもしれませんね)

しっぽがオーラを持ち始めて、発情もしっかりしてきたからです

特に繁殖元牛のメスの子牛を買う際は、
その後の生殖能力の「予見」をするのも大事な牛飼いの能力になります
(牛飼いは、牛の将来的ビジョンまで見極めないといけません)

買って、発情が分からない、種がつかないということは、今ではよくある話です

繁殖元牛の購入の場合、牛も安い生き物ではないです、
時には100万前後に近い買い物をすることもあります
(まぁ、以前に比べると、この値も100万以下に下がってはきてますが・・・)

そんな高いお金をかけて、買っても、発情が分からない、種がつかない、
そんなこともあるのですよね・・・・

しかし、このしっぽならば、種がつく確率は極めて高いと思いました

このブッといしっぽは、生命力にあふれています

生命力はしっぽに凝縮されているといっても過言ではないのではないか

最近そんな風にも思えてきました

動物の場合は、毛並みや毛艶などにもハッキリその様子が出ますが

しっぽにも、その変化が分かりやすくでるような気がしました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ


毎日は勉強です

昨日は、同時に子牛3頭の鼻通しと断乳の日でもありました

今回の3頭は、りかちゃん、いしまつクン、はやとクンです

この子達も、鼻通しの際はガマン力が強く、ほとんど暴れることもありませんでした

少しだけ、血を流していたので、
アーニカの200Cとレスキューレメディの水ポテンシーをあげておきました

その日1日は、断乳しても、前回の子達と似ていて、ほとんど鳴くことがありませんでした
その代わり、母牛達は大鳴きです

今日になると、子牛達もやや鳴き始めたので、
ポースティラ(西洋オキナグサからできるレメディ)の30Cとレスキューレメディを与えておきました

それでも以前に子達に比べると色んな面でスムーズに移行できるようになったと思いますね・・・

ホメオパシーなどを導入する前の子達は何にしても、
1つ1つが大変だったな~と思います

やってみて、子育ての際にホメオパシーを知っているか知らないか
そして、それを上手く使えるのか使えないのかっていうのは色んな意味で大きいですね

あと、調子が著しく良くなかったあまてらすクンの母牛さんには
今カルクフロアー(フッ化カルシウムからできるレメディ)12Xを水ポテンシーで投与中です

アーニカ、リーダム、カモミール、ハイペリカムなどのレメディで足の調子が随分良くなったようでした

後ろに下がれるようにもなりました

そこでカルクフロアーに変更して与えています

父に聞いた話によると、この母牛さん買う前から生産者さんは、
この子の欠点に気づいておられて、我が家が買う前から

「この子は、内股で弱い、ここがこの子の欠点だもんな~」と言われていたようでした

だから父は、この母牛の足や腱の弱さなど、欠点を知った上では購入しているようでした

本来なら足や腱が弱いと分かっている子牛の段階から
授乳の際に母子共にホメオパシーをやっておくと、随分足や腱の強化に繋がり予防にはなるのですが

まぁ、そんな事を今さら言ってても仕方ないですので

現時点では、やれることとしては、足や腱の強化に繋がるレメディを投与して様子を見ることにしました

足や腱が弱いというのは、骨などや組織の問題がありますから
それらを強化する、シェスラー塩のカルシウムやマグネシウム系、カーボニック系や、
骨や筋肉、腱などに作用する植物系のレメディを中心に考えています

この子は数日前に妊娠鑑定もしてもらっていて、妊娠もしているようでした

状態が非常に良くなかったので、妊娠するのも無理ではないのかな?と思わないでもなかったですが

一応妊娠はしているようでした

ただ、やはりリスクは高いと思うので、今から出来る予防的なことを考えないといけません

それにしても我が家の牛舎は小さい簡易牛舎なので
子牛が並ぶと、もはやギュウギュウ詰めの状態です

しかも牛舎の中では、絶えず色んなことが起こります

ワタシ思ったのですけど、
ホメオパシーを実践的に勉強する際に家畜ほど勉強になるところはないのではないかな~と

・・・というのも、家畜はどこもかなりの数の生命を扱い

しかも動物なだけに、しゃべれないから、鋭さが必要(ある種のカンが鍛えられます)

さらに動物なだけに嘘付かない、付けないので、
自分の投与したレメディがヒットしていないかしているのか

ハッキリ分かってしまうのです(人間のように、おべっかなし、気の迷いも働きません)

腕が悪ければ、どうしようもない

大型動物は、視覚的に大きい個体をもったものなので、
何がどうなのか、ハッキリしますしね

我が家は小さいから、たいしたことなくても

頭数100頭クラスの家畜を扱っている農家に入って勉強したら
ものすごい修行になると思います

(まぁ、ただ今は日本にそれを許してくれる場はないでしょうけどね・・・)

人間の場合は1、2回ホメオパスの診察受けても、気が向かなかったり気が合わないと思うと
別のところに移動する訳ですよね

でも家畜は移動できないから、何がどうなのか常に向き合わないといけないから

どっちみち、都合の良さ、都合の悪さから、逃げられないですよね~

しかし、畜産農家で働いている飼い主の人達は基本的に、かなり気性も激しいですからね
現場も牧歌的からは程遠いしで、ボサッとしていると人によってはどえらいどやされますから

簡単にそんなことはできないですね・・・(苦笑)

我が家だけでも、やっとの思いで取り入れたのだから・・・

海外のホメオパスの先生方の中には「専門」が家畜って時々書いてあるから

(以前勉強会でも先生が、エインズワース社のトニーピンカス氏がやっていることを教えてくれたのだ)

いつか日本でもそんな時代がくるといいですけどね~

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

ファイトラカのレメディ

きょうこさんの、ブツブツですがここ数日で動きがありました

今回のきょうこさんのブツブツは観察していたところ

その「特徴」として、目の瞼周辺、耳、お乳、陰部と、象徴的な部位にそのブツブツが広がったようでした

それと気になったのは背中に血の跡です

こういう発生部位を見極めることもホメオパシーではとても大事です

背中に血の跡があったので、ワタシとしては虫に刺されたことによってなっている可能性もあるし
もしくはカンサリスを投与した後の、好転反応の可能性もあるかもしれないと思いました

このあたりの判断がビミョ~でしたが

そこでまずアーティカ(イラクサからできるレメディ)の30Cを水ポテンシーで投与したのです
そして乳首の傷にはハーブチンキ、カレンデュラのスプレーをしておきました

このレメディは外陰部のブツブツの痒みや虫刺されのあとのブツブツ
草によるかぶれなどにも考えられる為、最初に投与しました

そして翌日朝から見てみると

いや、症状としてはもっとひどくなっていました

乳首からは出血をし、ブツブツもさらに広範囲に増えたような状態でした
陰部からも小さな血痕があちらこちらに出来ていました
目のまわりにも目やにと血の跡が・・・

とても痒がって、背中をなめなめしたり、陰部を板に押しあてたり、乳首を舐めまくっていました

そこでレメディをすぐに切り替えて、次には腺系に効果の高い

ファイトラカ(ヨウシュヤマゴボウからできるレメディ)の200Cを水ポテンシーで
朝から投与することにしました

さらに乳首の傷にはカレンデュラのチンキをスプレーで

ファイトラカは植物の水銀と呼ばれるほど、腺系、リンパ系の浄化には作用するレメディです

乳首から血を流していることから、
かえって、ファイトラカの方がいいのかもしれないと思い投与しました

前日にアーティカを選ぶ際に、すでにファイトラカのレメディは頭にはあったのですが

外陰部のブツブツの方が気になっていたので、アーティカを与えたのです

そして朝からファイトラカに切り替えて、半日・・・

お昼3時を過ぎたころに、

ある程度の出血がおさまっているのに気づきました

目の周りのブツブツもやや朝よりも、穏やかになった感がありました

このあたりがホメオパシーのスゴイところです

朝見て、乳首もこのままいくと、傷が深くなり繋ぎ飼いの牛舎では
すぐにフン尿が混じるので環境的にもよくなく、化膿するのではないか?という勢いぐらに見えた症状だったのですが

レメディ投与後、すでに昼過ぎには落ち着いた状態を示し始めたのです

適切なレメディを選ぶと、急性の症状の場合は、見た目に、かなりひどい状態に見えていても
わずか半日足らずでその変化を目の当たりにすることがあります

そして今朝見ると、だいぶキレイになってきています

全部は無くなってはいないのですが、徐々に克服しているようでした

それにしても、ファイトラカ手元にあってよかった~(笑)

このレメディも今年に入ってから購入したレメディですから
十数年も持ち合わせが無かったものでした

それが本年こんなにも牛舎で大活躍するとは・・・

牛の繁殖農家では、

アーニカやカーボベージ、シミシフーガ、コーロファイラム、セケーリー、シーナ、チャイナ

カルカーブ、ファイトラカなどはやっぱり欠かせないレメディ達ですね

そして、今日は子牛の耳に耳標つけと鼻紋とりでした

牛はこの耳標と鼻紋で個体識別をするようになっています

本日の耳標つけも、器具でバチンとつけるのですが、

やっぱりここでもみつおクンは、断末魔の叫び声でした(苦笑)

この子は、去勢の時にはどうなることか・・・と思います

またきっと断末魔の叫び声をあげて、倒れて動かなくなるでしょうね・・・

みつおクンは、見た目にも、弟分の子牛達を恫喝してきた様子もツッパリなんですけどね・・・

ちなみに頭の頭頂部も、ナゼか!?ツッパリ、リーゼント風にできあがっているのです

(古いタイプの不良です、あの学ラン長かった時代の・・・)

でもこの子、ほんと気が小さいんですよねぇ(これは人間でも同じと思うのですけど・・・)

こういった子牛のそれぞれの特性を見るのも、日々なかなか興味深く面白いです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

農薬も抗生物質も

我が家の母は毎年あたたかくなる頃から、ある種特有の精神的囚われ

ちょっとしたノイローゼのような状態に陥ります

子供の頃は、この母の傾向を上手く掴みきれず、かなり翻弄されました

母の状態を客観的に把握できるようになったのは、ホメオパシーを学んでからです

母は幾つもの慢性疾患を持っています
甲状腺の病気もその1つです

母は若い頃から二十数年間はナースをしていましたから、
病院の薬を常時服用することは当たり前の生活でした

それで、ある先生からみてもらって、甲状腺の病気から長い間投薬をしつづけていました

そこで、本来あった病気から、さらに投薬による影響も含め
(今にしておもうと飲んでいた薬のプルービングもしていたものと思われますが)

常にイライラして、すっごい剣幕でワタシは怒鳴られていた訳です

本当にこの母親の傍にいるのが嫌で嫌でしようなく、高校から実家を離れるのです

母親から精神的に殺されると思ったことは数多くありました

そんな母ですが、甲状腺の為に飲んでいた薬を、ある医師から

「この薬はアナタ飲んでいても、何も変わらないよ」と言われたことから

投薬を止めることになりました

本人からしたら、「エッ!?私は少しでも良くなるために、薬を飲んでいたのにナニっ!!」と思ったといいます

でも、これが幸いでした

基本的に長く投薬していた場合、薬を飲むのをやめても
その後何年もおそらくその投薬の影響を受けます

だから投薬をやめたからといって、母の性格はさほど変わらなかったように思います

それでも、ここは母が本来の自分に戻る第一歩だったように思います

その後、我が家でゴタゴタある度に、自分の生き方を多少は反省したようで、
「ガミガミババア」からワタシも解放されていきました

ワタシ自身がホメオパシー治療をして、積年の恨みをぶつけましたので
そこでようやく母も気付いたこともあったようでした

まぁ、それでもです・・・・

我が家の母の場合は根が深い病な訳です

甲状腺の病気などの複数の慢性疾患は治癒はしません
(母の場合は、ナースだったという現実や輸血などもしていますので、
かなり複雑な背景も絡んでいます)

それで、母特有の症状として
春先から、特に顕著にあらゆることに捉われるようになるのです

その1つに、本年ワタシが命名したのが「イモグサ病」です
秋口からはじまるものに「ワラワラ病」というのもあります

イモグサという名の雑草が田んぼに猛烈な勢いで繁殖しはじめました
それが彼女は気になってしょうがない(苦笑)

ほとんどノイローゼ状態になるのです

ちなみに、これから秋に入ると、藁を乾燥したものを取り込むのですが、これがまた
色んな条件で取り込めないようなことがあると、ワラワラノイローゼがはじまるのです

もうね、何回言い聞かせても、色々と母は納得しない訳ですよね・・・

ちなみに我が家はのんびり農業の家で、彼女の性格からしたら真逆の方針の家なので

ますます彼女はおかしくなる訳です

やっぱり内分泌系の慢性疾患をもっていると、深いです

言い聞かせとか、色々言ってもダメなのです
これは、そういう一種の病なんですよね・・・

母親のような病気を持っている人は、ボケにもなりやすいということは
前もってドクターからも言われてますけれど、

既に、もうそういうところがある訳です

思えば小さい頃から色々おかしなことはあったのです

でもホメオパシーにくるまで、ワタシも色々因果関係としてそこまでの把握ができなかったのです

なんだか、ちょっと前置きが長くなってしまいましたね・・・

それはさておき、昨晩ちょうど、そのイモグサの雑草の事がNHKの番組で特集されており

正式名は「オモダカ」という名で紹介されていました

全国的に農家をこの手の、農薬が効かない雑草がはびこりまくって、収穫量から何から
大きく被害を受けているという内容でした

ちなみにこのお話世界レベルで広まっているようでした

もう農家もお手上げ状態です

ワタシも実際、田んぼを見て、びっくりしましたからね・・・

でも、ここ3年ぐらいなんですよ

こうなったのは・・・

我が家の母は「我が家だけがこうなっている」という思いに取りつかれて躍起になっていましたが

父が「どこもこうなっとるが・・・」と言っていたのに耳もかさず

草取りに躍起になっていました

昨晩のTVで多少は納得したようでした

話によると、農薬がきかない雑草の話は、
抗生物質が聞かない耐性菌の話とほとんど変わりませんでした

結局、どちらも一緒な訳です

農薬も抗生物質も、その生態プロセスを阻害することで効果を発揮させようというものです

でも相手も巧みで、それに対する効力を必ずつけてくるわけです

何かがその時、劇的に効いたような気がしても、「時間が立つ」と
それを飲み込む生態系が必ずできるのです

タイムスパンを考えていないとダメですね
(時間がたった時どうか?ということです)

まぁ最終的に、これらの問題に対して人間はどちらにしても
試行錯誤はしていても、有効な手段を見いだせていない訳ですよね

結局のところ、何かをやっつけようとか、退治しようとするっていうのが、
そもそも考えが甘いんでしょうね・・・

それにしても、
全ての面で資本主義の合理主義が転換期に入ってきてると思います

目の前に、まざまざとその問題をつきつけてきたからです

刃は目の前にあります

もう誰が見ても、ヘンだと思うほどに、水面下の問題を浮上させてきた訳です

牛の繁殖農家でも、同じような気がします

なぜに便利になった今の方が、複雑でかえって色々と手がかかるようになったのでしょうか?

便利さと豊かさは、果たして人間を幸せにするのか???ということです

ホメオパシーはこれらのテーゼに関して、
少しだけ光をあててくれるような気がしています

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

外に出すことで

きょうこさん数日前から外陰部にブツブツが・・・

そして昨日あたりから、お乳のあたりが痒いといって、なめなめしていたので
今日見てみると、お乳あたりにもブツブツが・・・
かきむしっているのか、傷になってる

そしてふとみると、なんだか耳にもブツブツが・・・

ちなみに何だか、目の瞼もブツブツで腫れぼったい・・・

背中にはちょこっと血の跡が

虫に刺されてこうなってるのかなぁ?

でも、きょうこさん、これは痒いよね

今日妊娠鑑定の為にきてもらった、受精師の子に外陰部のブツについて聞いてみたけど

「心配要らないと思いますよ~」って言ってたけど
(まぁそうですね、牛の場合、普通に外陰部のブツってとくに大騒ぎしませんけどね)

でも、きょうこさん、今日はあきらかにアチコチにブツが増えてますね・・・

そこで、アーティカの(イラクサからできるレメディ)30Cを水ポテンシーで与えていますが
どうでしょうかね?

乳首の傷にはカレンデュラのハーブチンキのスプレーをしておきました
(こういう時にハーブチンキは傷口に使えるので、もっておくととても役にたちます)

それにしても、きょうこさんは皮膚病としてよく症状を出すところからみても
彼女は遠心力が高く内から外へのソーファー(硫黄からできるレメディ)のエネルギーが強いように思います

実際、体つき骨格も丈夫で、がっちりしっかりしており、
女性というかメス牛にしては大ぶりの牛美人です

本人的にはしょっちゅう皮膚病が症状として出てくるので、
「大変だなぁ」と思っていると思うけど、ここを乗り切ってほしいですね

ワタシも小さい頃からソーファーのエネルギーも強かったようで

皮膚疾患は多かったと思います

小さかった頃の記憶はほとんどありませんが
家族のみんなが言うには、畑や井出で泥んこだらけになって遊ぶような幼児だったようです

泥団子つくりが当時の仕事です

ミミズなども捕まえては、手でごろごろしていたようです(←ここがオカル子出発点かしら・・・)

汚い泥水を汲んではかえしたりとか
カエルの卵も山ほど田んぼからとってきて、たらいで養殖したりとか

女の子なのに、
汚らしいことばかりやるので、家族も親戚も引いたらしい・・・・(苦笑)

でもワタシにとっては、この世界が好きだったし、たぶん大事だったのだ

もうこの世界って自然児ソーファーそのものですよね(笑)

ホメオパシーをやるようになって、思えば色んなタイプの皮膚病を出してきましたね・・・

こんなにも自分の中には、色んなものが眠っていたのだな~と、思いますが

皮膚病は基本的に、見た目にもよくないし、痛かったり痒かったり辛かったりするので

(皮膚病の場合、人から見られて色々言われることの方が、みんな気になるんですよね)

イヤだな~って思う事が多いですけど、

でもここをキチンと乗り切る事で、自分自身を生きれるようにもなるんですよね

以前よりラクになったことも多いし、
自分を捉えていた人には言わないまでもヘンな妄想のようなものも減りました

出るべきものが出ないと、
持ち込まないでいい不安から恐怖から何から全部抱え込むことになります

そして心の中に不安がすくっているので、
色んなものが恐怖の対象になるので、身の回りを整えようと躍起になるようになります

抗菌剤から除菌剤や、スチームだったり、スプレーだったり、それは色々ありますけど

そんなもので、ガードするようになるのです

ホメオパシーはやっているうちに、徐々にそんな生活から解放されていきます

自然に還る、本来の自分に戻る、自然体のゆるい生活
周りをガチガチに固めるよりも、それが一番居心地がいいのです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

この世をば

この世をば〈上〉 (新潮文庫)この世をば〈上〉 (新潮文庫)
(1986/09)
永井 路子

商品詳細を見る


この世をば〈下〉 (新潮文庫)この世をば〈下〉 (新潮文庫)
(1986/09)
永井 路子

商品詳細を見る


望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)
(1999/04)
永井 路子

商品詳細を見る


この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば・・・

平安時代この有名な句を読んだのは藤原道長

この本は高校の頃立ち読みをしていて見つけた本で
当時寮生活をしていたワタシが買って持ち込み、他の寮生に回したことから

歴史小説家、永井路子ブームが寮の小コミュニティーの中で流行ったことがありました

この本は実は三部作になっていて、最初の2冊は買った覚えがあるのですが
最後の完結編の「望みしは何ぞ」は読んだか読んでなかったかちょっと記憶にありません

歴史小説というと少しばかりお堅いイメージがあるのですが

この本は全くそういうことがなくって、読みやすくってスラスラと読める本です

しかもすっごく面白かったですね・・・・

平安貴族のその時代の風景が、まざまざと蘇る感じがして親近感が湧きます

藤原道長はそもそも兄弟の中でも幼少期に際立って目立った存在ではなかったようです

・・・というのも、兄2人の方がどちらかと言えば目立つ存在だったようで
その影に隠れた感があったのかな~と思いますが

まぁ、こういうのってありがちですが、能ある鷹は爪を隠すで

ある時期から頭角を現すようになります

特に姉にすすめられて倫子という女性を妻にするのですが
彼女が今でいうところの「あげまん」な女性で、そこから彼はグイグイのぼっていくこととなります

しかし、この本読んでて平安の頃も、人間の「裏」ってコエぇーっと思いました

いつの時代も人間の煩悩は恐ろしい

だって、屋敷の中に生首が投げ込まれたりする訳ですよね
(当時では良識のあるとされる!?貴族のお屋敷で、コレですか?)

ひぇーーーーーーっ、想像するに怖い

平気な顔をして談笑などしていながら、
裏では、呪詛などで相手を呪うことは、普通で

陰謀、密約、人を陥れること、もうドロドロです

どんだけ「因縁」めいているんでしょうかねぇ、ほんとに・・・
(権力は「腐敗を招く」ってムカシっから変わってないですね)

しかもこういった歴史小説はリアル現実ですからね

ちょっと横溝シリーズの想像的リアルとは違って、本当にその頃そういうことがあったということ

著者の脚色は物語の中に、まぁありますが、コチラは史実に基づいていますから

もっと人間の真実をあばいていますよね・・・

なんて人間は古いムカシから、
自己顕示欲というか自分が権力を握ることなどに躍起になるのだろうか?

そしてその為に、人を欺くのですよね

この手の気質は、歴史的に今もずっと人間世界に通じていると思います

あんまり変わってないと思われる人間の裏世界、裏社会

これもマヤズムを知っていると、よく理解できます

人類史はじまって以来から、
織物の縦糸のようにして織り込まれていくといわれる影のような側面

人を呪わば穴ふたつ
人を呪ったり、陥れようとして画策しても、結局は自分にもそれが跳ね返って墓穴を2つ掘ることになる

そんな平安貴族の世界がここに描かれています

みなさんもよろしかったら秋の夜長に、ご一読おすすめいたします

・・・・っうか、またワタクシ、オカル子なお薦めの一冊になってしまいました(苦笑)

でもこの本はけっこうカラっと書かれているので暗い本ではないので、
興味深い歴史小説として面白く読めるものではないかな~と思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

父性か母性か

数日前から、もう10年以上前から気になっていたレメディの1つ

マグカーブ(magnesia carbonica、炭酸マグネシウムからできるレメディ)を投与しました
精神的なものを考慮して、ポテンシーは200Cです

水ポテンシーで投与しました

余談ですが、水ポテンシーでレメディを投与すると、粒上の乳糖でそのまま投与する時よりも
利尿効果がすごいといつも思っています

圧倒的に尿量が増える感じがあります

今回のマグカーブは、ずっと以前から気になっていました

というのも、このレメディ、喧嘩が絶えなかった夫婦の間にできた子供のレメディで
爪を噛む癖なんかがあるんですよね・・・

(私の場合、爪を噛む癖は幼少期からホメオパシー治療をするまで続いていたもので、今は噛みませんけどね・・・)

生き場の失った心をもった、不安で孤独を現わしているようなレメディです

我が家の両親は恋愛結婚ではあるのですが
実はここがよくよく話を聞いてみると微妙な訳で

実は恋愛結婚ではなくって、どうも「心の弱さが結び付けた縁」のようで

このあたりが、ワタシが引っかっているところなんです

波長の一致ではなく、穴埋め的に結びついているため、お互いに気が合わないのです

こういう関係は、ワタシはあまりというか関心できません

何かしら夫婦間で問題を抱える時は、出会った時の結びつきが心の奥底でどうだったかを

見極めるというか内観してみると、その闇が浮き彫りになってきて

腑に落ちることがあります

子供の問題でもそうです、遡って考えると、そういったところに行きつきます

まぁ、それでですね・・・

我が家の両親の夫婦間っていうのは波長の不一致によって喧嘩が絶えなかった訳で

ワタシは心の生き場って実は無かったな~と思うのですよね

絶えず不安感があったような気がしますが

だからといって、それを外でも解消できてなかったですね

悪循環に陥っていたと思います

マグカーブというレメディはcarbonicaカーボニックが入ったレメディです

ワタシの場合、非常にカーボニックが入ったレメディが奏功することが多く

過去にもカルカーブ、バリュータカーブなどが功を奏してきた経験があります

カーボニックは実は「父」を現わしているといいます

そしてミュアー(塩からできるレメディ)は「母」を現わしています

ワタシは成長のプロセスで母方よりも父方の血を強く受け継いでいます

容姿にしてもそうですし、性質にしてもそうです

よって父を現わす、カーボニックのレメディ達が心の深いところに働きかけるのです

カーボニックは実践的で義務感と責任感を現わし、自分の価値観をもっています

(だから押しても引いても動かざるごと山の如しで、頑固な側面が目立つのです)

ミュアの方はどちらかといえば過去を振り返り気味の傾向を現わします

今回のマグカーブは発育不全の幼児にも適したレメディで

幼少期オリバーツイストで孤児院で過ごした過去だとか、
もしくは我が家のように家族はあっても喧嘩の絶えなかった家庭などが背景にあることがあります

発育と成長の問題を根柢に抱えるような場合
カーボニック系は強いなあ~と思います

安定感がなくイライラし、外の刺激に対して過敏に反応します

それに比べて、フォスフォラス(リンからできるレメディタイプ)は
外界への反応性の良さから過敏になり神経質になりますが

カーボニックは、安定感の無さから過敏に反応することになります

このあたりの相違もよく考慮しておくといいかな~と思います

一口に神経質過敏といっても、その根っこには色々ありますからね・・・

子牛の成長を見ていてると、このあたりの違いもよく分かってきます

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

星が持つ意味

ワタシは今となっては占い好きではないんですが

それでも星の持つ意味というのはとても重要だと思っているんです
天体が生体に与える影響はとても大きいと思います

牛舎の牛の出産に際しても、
月の引力はとても影響しているんだと分かりますからね

九星占いなんかは、かなり参考にはしていて

この九星の星の影響は、案外家族とか血族とか、その他の人間関係やらを含めてみた時に

かなり言い当てているというか意味は深いと思うのですよね

ワタシは八白土星なんですが

この八白土星の意味は山の性、先祖を現わしているというんです

それで他にも土星には二黒土星とかってありますが、
この二黒の「土」とは意味合いが異なっていて八白の「土」は盛り土を意味しているんです

だから山そして、亡くなった人を埋めると盛り土状になりますよね

そこでたぶん、先祖を現わしているんです

八白の人はその影響から、相続の天運があると言われてます
自らが望んでなくても、そうなる可能性が高い

次男、三男や全く相続とは縁遠いところにあっても、何らかの相続と深い縁があるんです

それと先祖だから家業を継ぐとか、家の仕事を引き継いだり一家の守り神みたいにして
存在する可能性が高いのも八白土星の特徴のようです

(ユミリー風水では八白土星はモーリー、ヤモリからとったニックネームで呼ばれていますしね)

ワタシの場合、不思議ですが、家の事を忘れて自分勝手に、
自分の道だけを考えて歩もうとすると、何の因果か必ず家に帰るようなハメになるのです

家の犠牲者になるつもりは毛頭ありませんが
ナゼか先祖にまつわるような自然界的なことをやっていないと、
ワタシ自身どんどん不自然なことになっていきます

なので、きっとそういう星に生まれて、ご先祖様の想いが深いんだと思っています

職業と星の意味も深いと思っています

例えば二黒土星の「土」は本当に土の意味で、母、妻、働き者などの意味合いが深いのです

だから、土木業しかも「基礎工事的」な分野で才能を発揮したりするらしいです

他にも一白水星なんかは、水の性なので、
水商売だとか、水に関する職業で才能が開花する可能性はあるのかもしれないですよね

まぁでも、もちろんその星の全員が同じことやって、才能が開花する訳ではないでしょうが

ある程度、自分の内面と照らし合わせてどうかな~?と考えた時

妙に納得する部分は多いと思ってます

亡くなった弟と
父は同じ星で五黄土星といって王の性なので帝王議長(絶対権力者)という意味です

実際、そういうところが2人ともありました

どうしても、他を見下してしまい、自分が上だと思いたがる傾向はあります

だって星が本当にそうだからですね・・・(そう思うにしても仕方がないところがありますかね)

父に関してはどうみても、潜伏期に他より何十年も遅れた畜産経営をやっていても

自分が上なのだを、止めませんでしたから・・・
(ある意味、星の影響は、海より深いと思います)

それに四緑木星の母と親戚の同じ星のおばちゃんが、
「ワタシタチは、もうある程度のことは終わっているんだよね」と言ってましたが

本当にそれに類するようなことを抱えましたので
(四緑は風の性ですから、周りに尽くして、中年期までにエネルギーを燃焼してしまうのです)

他との家族との関わり合いであったり、血族間でこの星の影響を見ていくと

のちのち深い意味をもってくるものは多くあるような気がします

長いスパンで人生を見ていくと、けっこう当てはまるものが多いのです

少し参考程度に見ておくと、理解できることもあるかな~と思います

運不運の見分け方というよりも、
(運不運ということでいえば、誰もこれを抱えない人はいないのですから)

もっとそれをさらに超えて星に与えられたというか、
影響を受けている深い意味があるのかなぁと思いました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

発見の不思議

そういえば、最近気づいたのですが以前記事にもした

ワタシの足の裏の肥厚したタコがほとんど無くなっていることに気づきました

いや~、やっぱりスゴイですね・・・

あれほど肥厚していたので、早々簡単にキレイになったりはしないだろうと思ってましたが

このタコを見つけた時は
まず最初にグラッファイト(黒鉛からできるレメディ)の30Cを2日投与したんです

そうすると、ますます角化がはじまったように、皮膚が盛り上がってきたんです

うわ~、ひどくなってきた気がするんだけどと思いながらも放っておくと

その後、どんどん剥がれおちていきました

さらに、アンチモニュームクルーダム(三硫化アンチモンからできるレメディ)も
足底のタコに良いということだったので続いて30Cを2日ほど投与しておきました
(雌の子牛のみかさんの尻尾のタコの時に見出して、自分にも使ったのでした)

すると以前に比べて随分キレイになっているようでした

あと、ミスユニバースのきょうこさんの大事なお顔に出来ていたイボもナント減ってきました

我が家で自家保留ということだったので

特にイボ対策としては何もやってはいなかったのですが

これは、たぶん別の件で投与したレメディがヒットした可能性があるのかな~と思いました

それは、カンサリス(スペイン甲虫からできるレメディ)です

きょうこさんの虫刺されによる両肩のブツブツに対して投与していたものですが

どうも、これが、イボにもヒットしたような気がしています

きょうこさんのイボにも、イボに対するレメディは幾つか投与してはいたのです

グラッファイト、ダルカマラ、アンチモニュームクルーダムなど
でも、全く変化がありませんでした

父が獣医さんに相談すると、インターフェロンの治療があることを教えてもらったようですが

先生は治療をされないで帰っていかれました

先生も、「まぁ若い牛だから、イボも勢いがあるんでしょう・・・」という感じで
(どこか、若い時の花盛りのニキビと一緒のような、、、)

インターフェロンも効く牛と、全く効果のない牛もいるから、
出すに任せてもいいんじゃないの的な考えのようでした

こういうタイプの牛のイボは時には自然治癒することもあるそうですが

きょうこさんを見た感じでは、けっこう大きなイボと化していたので

ちょっと自然治癒は、それは無理じゃないかな~と思ったのですが

どうも、最近、耳のそばに出来ていた1個のイボが枯れかけているような気がして

でも気のせいか?と思っていたのですが

そこで顔面の毛の中に隠れていた、幾つかの大きなイボを昨日手で触ってみたら

んっ!?これは!!

小さくなっているじゃないかーということで、

どうやら、少しずつですが、イボが枯れ始めているようでした

おそらくカンサリス30Cの影響だと思います

マテリアメディカではカンサリスはどちらかといえば、
虫刺され、膀胱炎、日焼け、やけどの場合が
思い浮かぶことが多いと思うのですが

(まぁ、ワタシもこれがイボにいいとは思ってもみなかったのですが)

もっと深いタイプのマテリアメディカを読むと

カンサリスはイボの治療としても、
ヒポクラテスより少し後の古いムカシに使われてきたことのあるものでもあったようで

なるほどと。。。

今回は虫刺されに使っていて、偶然の一致でイボにヒットもしたようでした

こういう時、ホメオパシーって本当に奥が深いな~っていつも思います

日々が発見の連続です

別の事をやっていて、偶然に別の発見をすることがあるんですよね

よく化学や科学系の発明や発見のエピソードにはこういう話がありますよね

あることを見つけようとしていて、それと全く真逆の法則を見つけたり

別の事を見つけようとしていて、偶然に目の前の大きな発見をするっていう話です

これが面白いと思っています

地球世界の発見の不思議と必然的偶然性・・・

この世界にはエピソードは、たくさん詰まっているような気がします

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

被害者意識とオキシジェン

ホメオパシーの場合、調べている最中というか勉強している最中に
マテリアメディカを読んでいいるうちに、点と線が結びつく場合っていうのはよくあることなんです

だからマテリアメディカを広げると(レメディの数をひろげると)、
おのずと、アッと思うようなことだったり
妙に腑に落ちるということは、たくさんでてきます

何気ない日常の経験や体験が実は重要な意味を持っているってことも
それはたくさん出きます

コレ関係ないよね~ってことは、無くって

結局、全ては色んなことと繋がっている訳ですよね

それである時、マテリアメディカの中の
オキシジェン(酸素からできるレメディ)が書かれているものを読んでいたんです

すると、妙に腑に落ちたんです

・・・・というのも、このレメディ被害者意識の強い人のレメディらしく

よく「トイレの夢を見る」というのです

これビンゴ~と思いました

orengewood小さな時から、トイレの夢見まくっていました

おしっこしたい~と思って、トイレに行くと、トイレに入れなかったりするんです・・・(苦笑)

それで、漏れる~って、泣きそうになっているんですよね・・・(笑)

夢の中で無事に用を済ませて、スッキリしたと思っても
現実には出来ていないので、妙に残尿感を感じて朝起きるってことは、数え切れないほどありました

こういう夢を見ると、小さい子や若い人だと、たいていオシッコお漏らしするらしいですけど

orengewoodおねしょの回数はグッと我慢して、少なかったのです

おしっこの夢の回数は小さい頃からとてつもなく多かったのですが

ガマン力は強かったと思います(コレ何の自慢?)

まぁ、それはさておき、このトイレの夢と共に、小さい頃からあったと思われる「被害者意識」

とにかくワタシは活力が弱くて成長していきましたから

色んな面で力負け、口負けしていますので(←こう感じている、思うところが既に被害者意識な訳です)
被害者意識の塊のようになっていました

これがホメオパシーにきて、吐き出しがはじまって
先生たちもいつも冷静に聞いてくれたので、ワタシも客観的になれて、
よほど溜まっていたんだな~と思いましたけれどね・・・

酸素からできているオキシジェンのレメディはホメオパシー版の酸素吸入器だそうで

酸欠の人というのは、要するに欠乏しているため、
「被害者意識が強く」、足りないからそれを求めて、逆に「貪欲」な側面がでるようです

貧血なんかもそういうところがあるそう
(ワタシは貧血は無いんですけどね)

欠乏すると被害者意識が強くなり、
誰かにやられた、やられているという気持ちが強くなる

そしてここから悲劇のヒロインができあがったりもします

まぁホメオパシーでは、オキシジェンだけが、
被害者意識の強い人のレメディではない訳ですけれどね
(他にも、色々ありますけれど)

でも実はワタシは、このレメディとは過去をずっと遡った結果、因果関係が分かりました

・・・・というのも、ワタシを産む際、母が酸素吸入をやっていたことが分かったからです

あぁ、なるほど、ここで点と線が結びついたと思いました

この時、
母は酸素吸入器をもってきた産院側に苛立ちを感じていたようでした

「今必要なのは、酸素じゃない」と思ったというのです

この時、母は陣痛促進剤を打たれて、ありえない陣痛を起こして
唸っていた時で、「酸素なんかいらん!!」と思いながら吸入したようです

ナゼいらないと思う酸素なら断らなかったのかと思いますが

(まぁ、こういう時って、普通の時と違うので、断るものも断れないですよね)

それで、ここが母らしいのですが、母はナースをしていた為

病院で病院側の要求をのまない、患者がいるといつもイライラした為

そんな患者になってはいけないと思って、
酸素なんて必要ないと思ったけど吸ったということでした

それでその話を聞いて、なるほどと・・・

これはホメオパシー的に考えると

私は生まれながらにして酸素のプルービングをしてしまっており
被害者意識も強く出てしまったのかもしれない・・・と思いました

そしてトイレの夢も酸素のプルービングかと・・・

そこでオキシジェンのレメディ30Cを購入して試した結果か何かは定かではないですが

トイレの夢はなんだか減ったような気がするんです(笑)

最近ほとんど見ないような・・・・

まぁ、でもよくは分かりませんけどね
(もっと時間がたってみないと・・・)

オキシジェンのレメディは農薬の害、添加物、着色料などの害にもいいようです
こういったものは酸素を不足させてしまうのかもしれないですね

酸素が不足すると身体は腐敗がはじまるので、
そういった状態の際、役に立つレメディのようです

余談ですが、難産の酸欠に近い状態で産まれてきた赤ちゃんが
大人になって、ヘビースモーカーのタバコ吸いになるってこともホメオパシーでは言われてますよね

ちなみにまた我が家の話で恐縮ですが
父はこのパターンです

父はカルカーブタイプ(牡蠣の殻からできるレメディタイプ)で

大きな赤ちゃんでしたので、祖母は難産しまして

さらに最近の我が家の色々な受難によってストレスが重なり

今や最高峰ぐらいのヘビースモーカーとなっています

これも同種、似たものがにたものを引き寄せるの現象の1つなんでしょうね・・・

色々と興味深いです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ