ミルクケーキ?

牛乳チップ

クリスマスに南ヶ丘牧場さんのシュトーレンを頼んでおいしかったので
お正月用のおつまみになるようなものを購入してみた

その1つがミルクケーキなるもの

でも、これどう見てもミルクケーキではなく、ミルクチップだと思った

想像していたものとまったく違ったので、orengewoodさんのテンション下がったのだけど

食べてみたら、テンション上がった

これ不思議な食べ物~

チップ状のミルキーって感じ

ご当地では、たぶん、けっこうメジャーな食べ物だと思うのだけど

知らない人からしたら、ミルクケーキの名前はありえないと思う・・・

南ヶ丘牧場さんでは、もう随分前からガンジィー牛という珍しい英国の乳牛を飼ってあって
そのお乳で製品づくりをされているそうだ

この牛、ジャージー牛と一緒で、乳量が少なく、貴族の牛乳と呼ばれていた、乳牛の品種だ

ジャージー牛より、ちょっとマヌケな顔らしいんだけど

性格も、ちょっとマヌケちゃんらしい・・・・

我が家の牛舎のまろん母号の血統「チームうづ・・・」を思いだした・・・

いや~、やっぱ、どこの国にもいるもんだな・・・

ブログは書くつもりもなかったのだけど、

あまりの不思議な食感に、なんだか書き残しておきたくなってしまった

自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信
スポンサーサイト

今年もありがとう

今年も、そろそろ終わりが近づいてきました

世界はアセンションしたハズですが、日々は変わりなく何事も無く過ぎつつ

さぁ、2013年です

来年も地球の浄化といわれるような現象がどこまで進んでいくのでしょうか?

ナゾですが・・・

さてですね、今年も星の数ほどあるであろうサイトの中で、

わざわざここにお立ち寄りいただいた皆様

本当に、ありがとうございました

今さらながらですが、ネットの世界、サイトって山ほど、あるんですよね

その星の数ほどあると思われるサイトコンテンツの中

どこに見に行ってもいい訳なんですが、

その中で、その時間、ここに来て下さったというのは

やっぱり、奇跡的にスゴイ事ではなかろうかとふと・・・・思いました

しかもですよ、

このブログ内容、牛の話か、猫の話か、ホメオパシーの話かって言うぐらい偏ってるのに(苦笑)

いつもいつも読んでくださっている皆様はもちろんの事、

そうでない方も、

ここで一期一会その瞬間にどんな意味でも出会った事に感謝したいです

カンシャ、カンシャというと、

ひょっとしたら聞き飽きた人もいるかもしれませんが

でも、ある意味、「人はたった1人きりでは何も成立させられるものがない」という事を

今さらながら、気づきだしたのではないだろうか・・・と思ったりしています

我が家は毎年、この時期でもお正月気分、まったくありませんが・・・

でも、今日も牛達が元気で、しろちゃんもニャーニャー言って、鶏も新鮮なタマゴを産んでくれて

家族とは日々波長が合わず、周波数が違いすぎて話にならないので、

腹が立ってよく喧嘩していますが

それでも、今日もいい日だな~と思えるようになった気がします

ちなみにワタシとよく喧嘩をする父は、幸せなんだそうです・・・

この数年、あんまり幸せな出来事は起こってはいませんが、
しかし、そう思えているなら、それはほんとに幸せなんでしょう

いや、これは今年、我がファミリーにフラワーエッセンスをとりいれたからでしょうか?(笑)

それともアロマのKOBASHIが牛舎でよく香っているからか

これまた、よく分かりませんが・・・

来年も、我がファミリーの波乱含みの物語は続く・・・です

お父さん、前歯が抜けてスースーしてヘンだから早く歯医者に行って下さい(願)

では、みなさん良いお年をお迎えください♪

自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

ソープが届きました

KOBASHIソープ基材500ml

ギリギリセーフでKOBASHIのソープ500mlが届きました

12月12日に発注したので、今年到着は、無理かな~と思っていたけど、無事届きました

気づいた時には、ソープの残りが少なくなっていて、到着しなかったら・・・と、

気が気ではありませんでした

別に届かなかったら、他ので洗えばいいじゃんと思われるかもしれませんが

もうKOBASHIじゃないと、ダメなんです(苦笑)

それは、ナゼか?と言うと、
どうもこのソープはホホバなどのキャリアオイルやアロエベラなどの自然素材が多く使われている為か

保湿効果が高く、身体が冷えにくいという事に気づきました・・・

よく分かりませんが

たぶん油分が通常のソープだと洗い流されてしまって、潤いが奪われ冷えるのかもしれません

KOBASHIのソープを使うまでは、気づきませんでしたが、だいぶ違いますね。。。

しかもこのソープ、今まで日本で使ったどのソープとも感触が違います

初体験の優しい使用感です

こんなソープもあるのですね~

このソープ基材に、ラベンダーやローズオットー、ローズウッド、フランキンセンス、オレンジ、レモン
イランイラン、ハチミツなどを入れて、アロマソープをつくりました

このソープの素敵なところは、フェイス、ボディ、ヘアの3つに使えるところです

以前からスリーインワンこういうソープが欲しかったので、助かりました

基材で使っているキャリアオイルやアロエベラなどの素材が良質のものを使ってあるし

なおかつ、アロマのエッセンシャルオイルの生命力も高い為か、

香りが上手く漂って、心地良く、バスタイムが楽しくなりました

できる限りナチュラルをモットーにしている為

精油だけでなく基材も、その年ごと季節ごとロットごとに色や使用感が微妙に違うそうです

これってアムプリンと一緒ですね(笑)

丸ごとの自然をそして加工しないナチュラル感を味わって下さいのコンセプトですね

KOBASHIをこれからも末永く愛用していきたいです

来年より個人輸入代行でお取り扱いしたいと思います

自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

クリスマスの牛物語



クリスマスの25日、今年もあまてらす母さんの種牛への道がはじまりました

別の件があって、気をとられていた為、意識はしていなかったのですが、

そうだ、種付けがクリスマスの日なんて

牛の世界では、そうそうあることではないかもな~と思いました

牛の場合は周期がありますから・・・

そうか、あまてらす母さんこれでついてくれるといいな~

種は平忠勝です

もしこれで受胎できたら

メスなら名前は、まりあ

オスなら幼名 世羽(ヨハネ 12使徒の1人から)にしようかな~と

でもね~、今年は受胎率あまり良くないので、次の周期までドキドキですね

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

PS 12月22日

そういえば、巷で言われていたアセンション時間のなくなる日12月22日も、もうすぐではないですか?

ある意味、アッという間でしたね・・・

とにかく、時間がたつのが早いというより、どんどん過去になる感じですね

だから、どんな出来事も、あんまり自分の中で印象深くないし、な~んにも、残っていかない感じですね

淡々と過ぎていっているという感じです

次元上昇はあるのか

・・・というか、この日までに、みんなアセンションにすら興味が無くなった、

色んな事がどうでも良くなった

力のあるものの「パワー」=存在価値があまり意味を持たなくなったという感じで

これって、カオス真っ只中ではないですか~

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

夏太郎はうづ太郎

夏太郎


そういえば、今年は子牛の写真をUPすることが残念ながらあまりありませんでした

かわいい子牛が産まれたのにそのショットが少ない・・・

人間の子供でも、二番目、三番目となると、

どんどん写真が少なくなる・・・・とか言われる事もありますが

・・・・・・・みんなごめん・・・・

そういば、あのうづうづふじやまくんを産んだ母牛まろんちゃんの第四子夏太郎の写真が出てきました

夏太郎の写真、これしかない・・・・

これでは、あのまりものような夏太郎のかわいさなんてまったく分からないね・・・

でも、この写真は夏太郎そのものが表現されていると言ってもいいナイスショット

青草の中にうずまっている・・・

まりものような夏太郎・・・

そういえば、きょうだい達もまりもと言われていたね・・・・

お兄ちゃんのうづうづふじやまくんにくりそつな夏太郎ことうづうづうづ太郎

「おーい、うづ太郎いるか」と我が母にも言われていた夏太郎・・・

さわやかな名前だか、ずっとうづっていた夏太郎・・・・

そのうち、産室を出たけど、母牛を繋いでいる

せまーい繋ぎ場からほとんど出る事も無かったうづ太郎・・・・

世界は広くても、うづ太郎の世界は母親と2人きりの狭ーい世界で充分なのだ

「うづはお外には出ないよ」

「しっぽもおかあさんにときどきふまれるけど、いたくないよ」

「うづはおかあさんがだいすきなんだよ」と言っていたうづ太郎

小さい頃はみんなと絡まず、お母さんといつも一緒

「ぼく、みんなとあそばない」

こんな子で大丈夫なんでしょうか?と傍から見たらそう思えるかもしれないけど

このタイプは、大丈夫なんですね~

かえって、この世界観を周囲がかき乱してしまうと良くなくなります

カルカーブは他と違って独特の世界観でゆっくり育ってしまうので、
周囲から心配され、大人になっても、世話を焼かれて、保護されやすいのが特徴です

不思議な事にカルカーブは保護されながら、人生を全うしていきます

これ、他人に甘えない生き方、自分で何でもする人からしたら、

絶対ありえない世界でしょうね、日常の全てが・・・(苦笑)

見てください、この青草にまみれたまりものような夏太郎を

どうですか

青草をついつい周囲が片付けたくなるでしょう?

そう

そうやって、周囲が片付け、全てが回っていくのです

人によっては、この生き方イラッとくるかもしれませんが、これが大人になっても続くのです

ある意味、これも宇宙の法則なのでしょう・・・

それでも地球は回る・・・  byガリレオ・ガリレイ

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

今日は選挙でした

今回ほど、足の重たくなる選挙は無かったなぁ・・・・と思います

自公が優勢でもどうなんでしょうね・・・

選挙率も低いですし

なんなんだろう

仕方なくこうなっている感が否めない・・・・

いつもこのブログに書いているように

「政治」に対しても

最後まで、あきらめちゃダメなのかもしれないけど

ついつい匙を投げたくなってしまいました・・・

「フィルター」

誰を通すかで、そのものが変わる(本質が導かれる、引き出される)可能性がある

政治も誰を通すかで、状況も歴史も変わるハズですが・・・

PS この数日異様な程、暖かかったので、今後の寒さが恐ろしいと思って
また今年も「羊、羊、シープ、シープ」と叫んで、ウール製品を購入していました

今日は新たにイギリスハイランドの毛糸のキャップを購入しました

本当はブラックシープのものを購入しようと思っていたのですが断念しました

ウールやニットの世界の羊の種類や毛質、加工の仕方、製品作りの織り方や方法も、
色々あって奥が深いし、ほんと面白いなぁ~と思っています

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

明日は・・・

明日は選挙ですが・・・

もうね、たぶん政治には何かを変える能力は無いと思いますね・・・

今、歴史的に見ると、あの幕末って時代ととてもよく似ていると思います

若い人達の生きる術の模索の仕方も幕末の志士とよく似た動きをしています

ちょっと違うのは、今の人はそれをネットを通して盛んに行っているというところです

当時も政治の要であったと思われる、幕府というものにほとんど力が無くなっていた時代です

混沌とした世の中で、若い人も、明日分からない・・・・という感じで生きていたと思います

なんというか、この日暮れを感じてしまうような今回の選挙ですが

一応、増税、TPP、原発が論点になっていると思いますが

どう考えてもですね

これら全部それなりに実行されてしまうものと思います

なんだかんだ言っても増税される

なんだかんだ言ってもTPPも参加

原発は、微妙なところだけど、いくつかは、廃炉もあると思うけど、
それだけでは、まったく問題が解決しないという状況なところが、先行き不透明としか・・・

これで、また新しく原発つくるとかは、もう浦島太郎の世界を完全に越えてしまいます

近隣国との緊張状態も、おそらく容易に解決はしないと思いますし、

近隣国の原発もどうなんでしょうか???っていうか、かなり危険だと思いますが・・・

言い出したらキリが無いですけど

経済の事も盛んにいっていますが、今後は単に経済が良くなるだけではダメですがね・・・・

いつの時代を振り返っても、

政治は人間の生きる事の本質からは遠ざかり、

庶民は繰り返し、その道ずれだったのでは無かったですかね???

庶民の生命より、国策大事が政治の真髄でしょう

箱物のような経済の仕組みにモルモットのように入れられている小市民には

根本のところでは選択肢はないのかも・・・・

政治に期待することは何にもないんだけど

ただ、人間らしい日々の過ごし方というか、生活はしたいな~って思います

これは自分で心がけてできる事ですからね

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信

12月セリ市結果

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信





今日は12月のセリ市ですが、積み込みまで手伝って留守番しています

今日も12月としてはありえない寒さです

あぁ、雪も降ってきましたね

これは1~2月あたりの寒さではないでしょうか?

そんな訳で、路面凍結、氷が張っていたので、4時過ぎから、のこくずまきまくりました

いつも思うのですが、

ナゼ私達の地域の隔月しかない冬場のセリの日は、決まって異様な程、寒い日になるのでしょうか?

毎回、また神様のいたずらですか・・・・と思わせます

今回は、12月のはじめの方だからと思って、けっこうゆるく構えていたら

まさかの冬将軍到来・・・・

牛は洗って出す為、寒い日が続くと、凍結などもあり、調整が難しくなります

凍るのは怖い・・・

この数年の寒さはハンパないですから、色んな意味で、牛飼い的には恐怖を感じますですね・・・

目を離したスキに水道管から噴水が上がったりしている訳ですから、油断なりません・・・

そして、いつも、これまた不思議な事に、

セリが終わった後、寒さが一気に緩むってパターンなんですよねぇ・・・

ほんと、なんでなんでしょうか???

さて、父が帰ってきました

セリの結果ですが

まずは、ありす

ありすで~す20121116153430.jpg

血統は美穂国×福之国×忠富士

425250円 日令単価1476円 キロ単価 1466円

この子は家に置いておこうと言っていた父ですが、
やっぱり1月にセリに出す子がいないので売ってきたようでした

たぶん、繁殖で購買されたのだと思います
同じ宮崎県内、口蹄疫の復興地域なので、行った先で、良い子を産んで、飼い主さんを喜ばせてほしいですね~

小さい頃から「ありす、めんどい」とか、「ありす、またやっちゃったよ」とか言って、
舌をペロッとか出しそうな子だったんですけど、

太陽のように陽気で明るい子なんで期待に応えて頑張ってくれると思います

そして、松王

松王は、やっぱりセリ市でも、王道でした・・・

松王誕生20121116153558.jpg

血統は秀菊安×忠富士×福桜

この子はね~、産まれた時から注目されていた子でした

秀菊安は小ぶりというのが、定説の中、

非常に伸びやかに育っており、牛飼いさん達の目に止まる事の多い子でもありました

大きくなるまで、お尻を汚した事もなく成長しました

価格は546000円 日令単価 2343円 キロ単価2068円という秀菊安では高値購買でした

松KING立派です!!!

ありすも松王も、この底冷えのするセリで良く頑張ったな~
本当にありがとうな~

行った先でも、2頭とも元気で過ごすんだよ~

今回私達の地域は全共後初のセリ市だったと思いますが

あまり経済状況も良いとは言えない環境なので、その点、厳しいところだと思いますが

寒い中、購買者のみなさま方、本当にありがとうございました

来年も引き続き、子牛達をどうぞよろしくお願いします☆

ちるちるは元気にしています

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信




もう1つのブログを読んでいる人は知っていると思うけど、

田小屋在住の子猫のちるちる

Mさんに預けたものの、すぐに住み慣れた田小屋に戻ってしまうちるちる

毎日、ちるちるの様子を見に行っています

後ろ足を怪我して化膿し、汁も出ていたのですが

フラワーエッセンスやホメオパシーでケアすると、ただちに回復しはじめました

ハイペリカム(オトギリソウからできるレメディ)30C、
カルクソーファー12X、アーセニカム(砒素からできるレメディー)30Cと
ファイブフラワーエッセンスをコンビにして、水ポテンシーで数日与えて

その後はファイイブフラワーエッセンスと
アーニカ(ウサギ菊からできるレメディー)30Cを投与しています

すっかり、元気になったちるちるは

やっぱり、毎日、グレムリンのギズモのようにピョーンと襲いかかってきて

ズボンの下からゴゾゴゾよじ登ってきます

抱っこしてくれと言うので抱えれば、今度は下ろしてくれと暴れる・・・

ちょっと前までは、抱えてひっくりかえすと

「ギャー」と言って怒っていたおこりんぼうちるちる

そして餌をあげると、餌を食べることに集中できず、今度は落ち着きがなくなる・・・・

これは、、、、

まるで我が母にそっくりではないですか!!!

かわいい子猫って感じよりも、

なんかやっぱりどこかギズモっぽい・・・(苦笑)

ワタシの母もちるちるも猪突猛進型で思慮深さは無いので、

周囲の手を焼かせるタイプなのだけど、

本人達にはその気づきはないようだ・・・

さて、ちるちるは、どうやら田小屋の所有者のKさん夫妻に世話をされているようだった

時々だけど、大盛りの猫ごはんが小屋の中に置いてあるのを発見した

どうりで、お腹が膨れ上がっているハズだ・・・

遠方からこの子猫の世話の為に、来られているようだった

1人ぼっちになったと思ったちるちるだったけど

みんなから、世話をされて、今日もも元気に過ごしています