あまてらす母さんピンチ2

わたしたちの地域は台風は反れたようですが、みなさんくれぐれも気をつけてくださいね・・・

さて、ピンチのあまてらす母さんですが

明日、外陰部を糸で縫ってもらうことになりそうです

ワタシも、なるだけ、自然なままで分娩を迎えてもらいたいと思っているのですが

足も状態が良くないですし

膣脱も、昨日、やはり尿が出にくくなったようで、
前掻きして、ハミでた膣を壁でこすってわずかに傷つけて出血していました
(出血には、べリスペラニス(ヒナギクからできるレメディ)200Cを投与今日はキレイになっていました)

そこで、はみ出た膣が尿路を圧迫しないようにすると共に、壁でこすっての膣の決裂を防ぐ為にも

方法はもう縫合しかないと思いますので、

明日頼むことにしました

縫合すると出産までは目が離せません

産む時に糸を切ることになりますから・・・・

あまてらす母さんごめんね、痛いけど、我慢してね・・・

最後まで、大変な思いばかりをするあまてらす母さん

牛の中にも、ほとんどの助けを必要とせず、何産しても、ビクともせず頑丈な母牛さんもいれば、
あまてらす母さんのようにお産が続く度、苦労に苦労を重ねて、生きる母さんもいる

(しかしながら、苦労するもとになった原因はあるのだから、ただの不運とはいいきれない)

みな一様ではない「命」

人も動物も同じ人生を同じように歩む事はできない

あまてらす母さんの最後まで、できる限りのサポートをしたいと思う

PS 縫合するという事になると、針を通し穴を開ける訳なので、
今の時期、やはり化膿する可能性は否めない

充分に留意したいところだけど、どうなるか・・・
予想していたとおりだけど、ギリギリまで、心配なお産になりますね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する