膣脱ベルトその後

膣脱バンド後方より

今日フン掃除をしていて、ふとみると・・・・

ぎょぎょぎょ

膣脱ベルトのわずかな隙間から、一部の膣がはみ出て挟まり、出血していた

慌てて、立たせて、

ベリスペラニス200C(西洋ヒナギクからできるレメディ)を投与しておいたけど、

大丈夫でしょうかね・・・・

せっかくはめてもらった膣脱ベルトなのに、
膣脱ベルトで、裂傷をつくって出血させてしまっては意味がないですね・・・・

実は、女1人の時に、この子の出産がはじまったら大変とベルトを緩めたのが原因です

それに、最初の装着時には、ウンチが詰まってしまって、肛門がハマっていたので

少し緩めていたんですよね・・・・

ひょっとして、見ていない間にも、時々、ハマっていたんでしょうか?

マズイですね・・・・

なんとか、今日だけの出来事で、べリスペラニスで、キレイに治ってくれると良いですが・・・

ハァ~っ

最後まで、油断ならないですね・・・・

こちらは昨日からの大雨で、牛舎の中が水びたしです

子牛の体調もこういう時期が一番危ないですね

ウンチは、水浸しで形状も色も、混ざって分からなくなるしで、
発見が遅れたりする事もあるので要注意です

PS 今度は、あまてらす母さんの背中に、傷ができ、化膿しかかっていました
膣脱ベルトで締めていた接合部あたりに、できているので、無理しているのでしょうか・・・

今日この子が座って、ベルトが少しズレていたおかげで、発見することができ
慌てて、スプレーのハーブチンキ、傷の治癒を促進させる、カレンデュラを吹き付け、

レメディのベリスペラニス(西洋ヒナギクからできるレメディ)200C
カレンデュラ30Cを投与しておきましたが

ほんと、最後まで次から次へとトラブル続きで・・・・

どうなるか心配だけど、自分でできることがあっただけでも良かったです

↓こちらも覗いてみてください

アロマなこころ日記 楽天バージョン

自然療法で使うアイテムを楽天ショップから購入できるようリンクしています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する