みらいちゃんの膝の排膿後

みらいちゃんの膝膿を排泄後

ただいま、みらいちゃんの膝の自然排膿後のケアを続けています

みらいちゃんの膝は、術後順調だったものが、いつのまにか再び膿が溜まり腫れて

その後、自然に膿瘍が膝の皮膚から破れて流れでることになりました

この時、排膿を促す為に
パイロジェン(牛肉の腐ったものからできるレメディ)30C
へパソーファー(硫化カルシウムからできるレメディ)30Cのコンビネーションを

水ポテンシーで数日に渡って、朝夕与えました

その後、皮膚が破れていたので、その傷の治癒と

手術後の傷の2つに

カレンデュラ30C
エキナセア30C
カルクソーファー12C
ジンカムミュア12Xの4つをコンビネーションでつくり水ポテンシーにして

継続して与え続けています

今回は、この傷が完全に治るまで、与え続けます

そうしないと、再び、途中で傷口から化膿すると考えられる為、
治癒するまで与えます

上記4つのレメディは化膿するような傷の回復には、非常に有効です

排膿させる為には、パイロジェン、へパソーファー

その後の傷の回復には、ジンカムミュアやカルクソーファーが有効です

そして外科的ケアには、

クレイセラピーを用いることにしました

クレイは、粘土のことです

クレイにも、様々な種類があるのですが、その中でも、吸着力の強い
モンモリロナイトを使っています
(クレイなら牛さんが舐めても大丈夫です)



モンモリロナイトにハーブチンキのカレンデュラを入れ込み、



水で溶いて腫れている部分と傷に塗っています

そうすることで、だいぶ腫れが小さくなっています

治癒まであと一歩です

上手く治れば、二度目の手術は、しなくて済みそうです
スポンサーサイト

コメント

いつもながら・・・

レメディ選びの手際の良さに感心いたします。
早く良くなると良いですね。

いつも牛さん投与のレメディを子供たち投与に参考にさせてもらっています!

今、毒だしアルポだったかな?名前
予防接種の毒だしが主だと思うんですが
これを朝晩お水にたらして飲んでいます。
何せ夏ばて防止にぴったり!
汗もたっぷり出せる季節なので更に良いです。
1本取り終わる頃にはとても体が軽くなります!
かなり予防接種の毒、溜まってるんだと思い
1回では出そうになく(汗)

子供たちはまずい~飲んではくれず・・・
娘は予防接種私よりはるかに少ないですけどね!

2011/06/27 (Mon) 10:17 | ももまん #- | URL | 編集
ももまんさんへ

ほんと牛の繁殖を手伝うようになって
レメディの選択が広がり、
かつ使えるようになってきたな~と思います

以前のワタシは、
ここまでの事ができなかったですからね・・・

人間と牛と、種を選らばないので、
牛さんへのレメディの投与は、人間にそのまま使えるので、
勉強になりますね

予防接種のアルポはまだ未経験ですね
身体が軽くなる実感は、いいですよね~
知らず知らずに受けていると思われる影響のいくらかの負担を軽減はできているのかも・・・

人によるでしょうが、
子供達の身体や心の成長にも、予防接種は影響しているでしょうから、
ここはホメオパシーを知っている親御さん達は慎重に考えていきたいところですよね

2011/06/28 (Tue) 21:11 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する