臍の問題パート2

今日、勝若丸カツーンの臍を鏡で確認してみました

う~ん、マズイのか、どうなのか・・・・

でも、もっと早めに見つけていれば…と後悔・・・・

すっごくマズイ訳ではないと思うけど、ひょっとしたら、ヘルニアに移行するタイプなのかな

どうかな~

もう少し、様子見しないと分からないですね

今のところ元気はいいですし、おっぱいもたっぷり飲んでいるので、健康状態はいいので

今後、この臍がどうなるかですね

今日早速届いたレメディのアブロット(サザンウッドからできるレメディ)200Cの投与をはじめました

これがヒットして治ってくれればですけど

昨日までに、グラッファイトやその他のレメディの投与で、
だいぶ炎症は軽減はされていると思いますが

ただもう少し早めに見つけて、適切なレメディを投与していればと、悔やまれますね

ホメオパシーの場合、症状の進行具合でレメディの選択が変わってくることもあるので

どこで、気づいて与えるかで、予後が全然違うのですよね~って

まぁ、今更ですけどね・・・(苦笑)

アブロットの適応に「痔」もあるので、臍ヘルニアでも、けっこう適応範疇か

どうだろうか・・・・

まぁ、やってみないと、なんとも言えないところでしょう

しばらく様子見します

明日には、臍に親和性の高い、バーバスカム(ビロウドモウズイカからできるレメディ)も届くので、
このまま自然にキレイに治ることを期待しよう

そういえば、みらいちゃんの膝は、結局膝の水が溜まっているのを発見してから
注射で水を抜いたり、手術をしたりしながら、1年たとうとしていますが

今、ようやく、キレイに治りつつあります

膿が排出されてきた後に

カレンデュラ
エキナケア
カルクソーファー
ジンカムミュアのレメディの投与と、

外科的な
カレンデュラのハーブチンキを入れたクレイでのケアが奏功しどんどん膨らみは小さくなり

そして、触るとプヨプヨした水のようなものが溜まっている状態だったので

ここで、浮腫に用いる、エイピス30C(ミツバチからできるレメディ)を再投与すると

なんと、足が締まってきました

後は分厚くなった皮の肥厚部のみになってきました

そもそも、エイピスは水が溜まっている最初の頃に、みらいちゃんに投与したものの

当時芳しい効果は無かったものでした

ところが、今になって、ヒットしたのです

う~ん、こういうこともあるから、ホメオパシーは奥深いんだな・・・

明日からのカツーンの状態が少しでも良くなることを祈ろう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

あなたのイボ痔と切れ痔を医師や医薬品に一切頼らずに15日以内に完治させることが可能です。

2011/07/07 (Thu) 08:21 | 痔・完全克服プログラム