ブロミュームのレメディ

もうすぐ、昨年ひどい子宮捻転を引き起こした淀殿の出産が近づいています

お腹には安重守の子が宿っています

去年淀殿は、お腹に大きな福之国の雄の産子を宿していました

しかし、予兆がきても、そわそわして、変なガスのようなものを出すばかり、

夜になって、獣医さんを呼ぶも時すでに遅しの状態で、
産子は詰まってお腹の中で、足も折れ曲がっている状態でした

獣医さんの懸命な整復によって、母牛の淀殿だけは、助かることができました

しかし、その後も、空気が溜まるなどのトラブルが続き、受胎できるのかどうかが、

この子の未来の明暗を分かつことになりそうでしたが

獣医さんの子宮洗浄やホメオパシーの手助けもあって

時間はかかりましたが、無事受胎することができました

淀殿には、もともと、ワタシが実家に帰って、世話をしはじめた時から気になる症状がありました

それは放屁でした

ぷりぷりぷり・・・やるんです

コレなんか、気になる・・・・と、思っていました

しかし、へっぷりでも、
最初の産子黒毛きょうこさんを、何の介助もなく無事1人で出産しました

ところが、この後、子宮内膜症かも?と言われるような症状があり、

子宮洗浄をしたりしてやっと受胎

昨年の大きな産子を身ごもったものの、子宮捻転で亡くすことになりました

そういう訳で、この子も難しい母牛ではあるんです

まぁ、なんといいますか、期待の大きい母牛に限って、こうなんですよね・・・

フツー通りにはいかない・・・

そんな淀殿ですが、放屁の問題も、ホメオパシーレメディのいくつかの投与によって
劇的に屁は減ることとなりました

ところがです・・・

また妊娠後期に入り、屁がはじまりました

いや屁なのか、膣内ガスなのか・・・・

分かりませんが、プププププ~とやっているのです

そこで、以前から、マテリアメディカで気になっていた

膣内ガスの症状像の、
ブロミューム(臭素からできるレメディ)200Cを投与してみることにしました

明日以降どうなるでしょうかね?

もう出産まで日にちがありません

功を奏して、無事出産してくれると嬉しいですが・・・

屁だけでも、解決してくれれば、安心もするんですが・・・・

PS この記事は昨日書いたものです
レメディの投与の結果、確かに屁の回数が減ったような気はします
もう少し様子を見てみます

以降の観察後

回数が減ったように思ったのは気のせいだったのかも
膣内ガスの方ではなく、やはり腸内が問題のよう
このまま様子を見るか、再度別レメディを投与するか・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

70%くらいの女性が生理痛で悩んでいます。生理痛の原因は、ホルモンバランスの崩れです。ホルモンバランスの崩れた原因はいろいろあります。

2011/08/20 (Sat) 08:32 | 14日間集中!子宮内膜症・通信講座