病中病後の回復期

ナックスボミカ、アーセニカムを与えていた淀殿ですが
本日より、カーボベージ12Cの投与に切り替えて水ポテンシーで与えています

カーボベージは植物の炭からできるレメディですが
病中病後、大病の後の回復期にも良いレメディです

カーボベージはガス、消化不良、誇張症などの際にも、考えれれるレメディの1つでもあり

急性期の症状で状態の悪い時期を、ある程度克服してきたな~という時点で
よく投与するレメディです

カーボベージも牛舎にはなくてはならないレメディの1つで
出産時には必ず、水ポテンシーを鼻先に垂らせるよう用意しています

今回の淀殿の出産の時も
出産がはじまった最初の時に、投与しておいたおかげもあって

もえひめちゃんは、息も絶え絶えではありましたが

胎盤の方が、最初にはがれおちていたにも関わらず、なんとか生き延びて出てきたのだと思います

PS 今日は、でっかい太陽の鼻輪つけの日でした

でっかい太陽くんは、でっかすぎる太陽になっており、
その体格を活かして、今年のメンバーのボスをしていました

母牛竹子さんの産んだはじめてのボス気質の息子でした

今までの息子は、みな、身体は大きくても、他の子に押され気味の
気は優しい子達ばかりでしたが

今年の太陽は違いました

骨もがっちり、身体もがっちりの太陽くん

自分はこのグループの中で、ボスなんだというオーラを全身から匂わせており

時々他の子をその腕力をつかって押しのけていました

しかし、雌の子牛達には、けっこうたしなめられていて
お尻に敷かれるタイプの子なんでしょうかね・・・(苦笑)

特にかがやき2011ちゃんには、最初っから、頭があがらないようでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する