めまいのその後

めまいで立てない状況にある日突然おそわれたorengewoodさん

まだまだ回復途上中ですが、忘れないうちに投与したレメディの覚書だけ

まず目まいで立てなかった日に

最初にコッキュラス200C(ツヅラフジからできるレメディ)
ウンチをしたくなってトイレへ

しかし、グルグルは止まらず・・・吐き気が・・・

次に、ヘレボラス200C(クリスマスローズからできるレメディ)を投与すると

グルグルの目まいは止まり吐き気も止まり

なんとか、立てるようになり、食事もできた

ただ、なんとなく頭は重たく、鈍い痛み?痺れを脳に感じるような・・・
元気は出ない

首が折れるようにぐったり

その後数日間、
ヘレボラス200C1日1回投与
アクティブソルト(12種類の細胞組織塩類)←よく急性疾患になった際の回復期に投与する1日1回投与

そして、ハイペリカム200Cを1日1回投与
バイタルソルト(12種類の生命組織塩類)も1日1回投与

その後アーニカ200Cの投与に続き、アコナイト200C

次の日にもアーニカ200Cを1回投与

この日に瞼も麦粒腫になったので
マーキュリー200C(水銀からできるレメディ)を投与中

PS ハイペリカムやアーニカを投与すると
頭の妙な痺れや痛み、浮遊感が無くなってきて、徐々に安定してきた気はする

これらのレメディ全て脳神経系に作用するレメディ

アーニカのレメディは、最初に投与しても良かったかもしれない

まだまだ強い目まいで立てないほどだった訳なので、
ユラユラする気がして、視点と自分のしている事に微妙に時間差を感じフワフワするような感じ

回復までには、しばらく時間がかかりそうです

今年は、年明け早々から、急性疾患のけっこう酷いものに10数年来ぶりに、いくつもかかっており

ある意味で、身体の浄化の年といえるのかもしれない・・・・

ホメオパシーを最初に取り入れて以来、数年後には、
ほとんど以前のようなきっつい急性病になるということが、ほとんどなかったので

久々に、辛さを味わっているという感じ
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

お久しぶりです。
体調はいかがですか?
私も最近めまいがありました。
台風とか、季節の変化とかでよくなるし、人からの影響とか、いろいろ感じやすいタイプだから思い当たる節はあるのですが。
レメディ参考になります。
ヘレボラス・・・持っていないです。
コキュラスはよく使います。
ハイペリカムもこういうときにも良いんですね。
私の場合は精神的にぐらっときてもめまいに出るので、自分の本来の方向性と行動がずれていないか思い返すようにもしています、心身の浄化だなって思いますね。

お大事になさってくださいね。

2011/09/06 (Tue) 23:28 | yururi #- | URL | 編集
yururiさんへ

yururiさん、お久しぶりです♪
まだ相変わらず体調は低調気味で、今日、別に食あたりで、また下痢してしまいました(汗)

こういうのを、弱り目に祟り目とか言うんでしょうかね・・・

回復には、やはり時間がかかりそうです

ヘレボラスも、持っていて助かりました

ハイペリカムも宙に浮いたような感覚がする時には、良いようです

めまいも、精神的なものから、
急性の感染症を発端とするもの(脳炎や髄膜炎、食中毒など)、
自律神経系や、脳梗塞、脳卒中などの血管障害など、多くのものを含むので、
気をつけないとな~と、改めて思いました

精神的な場合はメッセージ性も強いと思うので、
自分に問いかけて、どうしていくのか決めていきたいですよね・・・

いずれにしても、事が起こるということは深い意味があって起こっていることと思うので、
それには耳を傾けたいな~と思いますね

ちょうど、今回の台風被害と、自分の中で起こっている事は、時期を同じくして
類似性のものなのだと思いました(それが、自然界で起こったのか、体内で起こったかの違いだけです)

2011/09/07 (Wed) 15:24 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

耐えがたい耳鳴りのストレス、刻一刻と耳が聞こえなく なっていく恐怖... 一生治...

2011/12/10 (Sat) 12:53 | お役立ち情報