今度は白痢?

詰まったものは、除去されたものの、なんとなく朝から眠ってばかりのみりおんちゃん

起きて、おっぱいを飲みだしたと思ったら、
ウンチをいっぱいしはじめて

残りはドロドロした下痢になりはじめて

なんか今日、明日と時間が経つうちにおそらくは白痢になるイヤな予感が・・・・

原因は、きっと、昨日敷いた敷料か、前日にたらふく食べた古いのこくずのいずれかでしょう・・・

みりおんちゃん、心配のつきない子です

小さい子なので、白痢などになると、ダメージも大きいのではないかと不安ですが

一応、さきほど、
エマージェンシースプレーとシーナ(シナヨモギからできるレメディ)200Cを
水ポテンシーで投与し、

バケツ水には、カーボベージ30C(植物の炭からできるレメディ)を入れておきました

母牛にも同じものを投与中

のこくずを敷かないとなると、敷料も動いてしまい、なかなか不便ですね・・・

ちなみに台風15号が過ぎ去ってからの、急な冷え込みもあって

体調を崩しやすい時期なので、やっぱり気をつけないと・・・

白痢になると、子牛は元気が無くなり、乳飲みがガタっと落ちるので、気をつけて観察していないと

我が家の場合は、下痢をしていても、なるだけ、乳につかせるよう努力します
(体液の喪失の懸念と、「生命力の低下」を防ぐ為には、やっぱり母乳を与える事が一番に思える)

点滴などによっては、
どうしても、生きものに本来備わっていると思われる「生命力」までは、補えない気がするので

「汚染されていないと思われる」、

母乳もしくは、ミルク?(我が家は母乳ばかりなのですが)をなるだけ、与えるようにしています

与えるようにしている・・・というか、子牛が自力で乳を飲みに行ってくれるのですが

ひどい場合は、獣医さんの治療と共に、ホメオパシーのレメディも同時投与することによって
(こういう生命の危険性の高い急性症状の場合、ホメオパシーのレメディは、母牛子牛共に与えた方が良い)

子牛が乳を自力で飲みに行くことができ

難局をいつも切り抜けてはいるのですが・・・

今回はどうなるか

小さい子なので・・・

注意深く見守りたいです

PS 子牛にシーナのレメディを投与している時は、
母牛にはシーナと共に、
カルカーブ(牡蠣の殻からできるレメディ)or
カルクフォス(リン酸カルシウムからできるレメディ)を投与する事があります
スポンサーサイト

コメント

タベルキマンマン

みりおんちゃん、のこくずを口にするということは、もぐもぐしたいのでしょう。乾草を食べられるようにしていますでしょうか?、又は母牛のを口にできるとか。さすが草食動物、のこくずにも植物の香りを感じるのでしょう。きっと乾草食べだしたら濃厚飼料なんてすぐ口にするでしょうね。おっきくなると思いますよ。でも、下痢には注意ですね。(私はあまり気にはしませんけどね)

2011/09/23 (Fri) 12:40 | kawabata #o4rjoBl6 | URL | 編集
kawabataさんへ

今朝もずっとうづくまって乳も飲めていないようだったので、獣医さんの往診を頼みました

獣医さんからは、
下痢の時は乳はあまり飲まない方がいいよね…消化不良な訳だからと助言がありました

昨日の段階では、数日以内に、白痢になりそうなイヤな予感だったのですが、早めの対処で、
白痢にはならず、ただの下痢になったようでした

なるほどですね~、食べる気マンマンで、
ぜひ大きくなってもらいたいですね

親の餌は、まだ喉に詰まらせるので、危険のようで
今敷料に敷いている山野草の乾燥の柔らかいものを、拾い食いしようとしているようですが
まだもふもふしているだけのようですね・・・

元気になったら、乾燥を食べてくれるかもです
今のところ立ってちょろちょろできるようなので
このまま回復してくれるといいな~と思っています

2011/09/23 (Fri) 15:57 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する