世界牛行脚 チーズの旅 カチョカバロスモーク

トマトグラタン

なにをかくそう、ワタクシ大変な牛好き・・・・

だから乳製品のヨーグルトもチーズも大好き

以前から全国のいや世界のチーズをちょっとずつ食し、

チーズ博士になりたいとの願望もあったのだけど

なかなかチーズを購入する暇も余裕もなく時だけが過ぎっていっていたのだった・・・

しかし、最近、友人からチーズを送ってもらったので、

ちょうどこの間TVでイタリアのチーズ&トマト料理をやっていたので

つくってみました

ところが、つくっている最中から失敗してしまい、
アレンジして、写真のようなシンプルトマトグラタンになってしまった

でも、なかなかおいしそう

チーズは、「北海道産カチョカバロスモーク」

ちょっとひねって団子のようなチーズですね

トマトの中身をくり抜き、チーズをつめて、その上にパン粉玉子を流して、塩コショウして

オリーブオイルを入れ、フライパンで焼いて

あとは、皿に入れ込み、オーブンで焼くだけ

本当はバジルの葉っぱがあると、ハーブ料理になって良かったのだけど

今年はバジルうえ損ねてしまったので、ナシ

熱いうちにフゥーフゥーして食べるとなかなかです

焼くととろけるようなチーズなので、お料理には、使いやすいチーズですね

スモークされているので、少し大人の味です

世界中には、た~くさんのチーズがあって
牛の乳から、これほどのバリエーションの発酵食品ができるというのも、驚きで

なんか、世界チーズ紀行ワクワクしますね

大きく分けると、

フレッシュチーズ
白カビチーズ
青カビチーズ
ウォッシュチーズ
セミハードチーズ
ハードチーズ
シェーブルチーズ(ヤギ乳チーズ)とあるようで

それぞれに、たくさんの種類のチーズが存在しています

我が家ではチーズといえば、加工された味気ないプロセスチーズのみだったのですが

ナチュラルチーズ「生きたチーズ」に興味を持ち、

それ以来、プロセス以外のチーズを、よく食べるようになりました

「生きたチーズ」は女性の美容と健康にも役に立つのですよね

やはりですね「菌」が重要なんです

次に購入予定ウォッシュチーズという癖のあるチーズ
表面を塩水や酒で磨いて、発酵させるという製法のチーズを大分湯布院産

赤レンガという名前のコチラのチーズを頼んでみました



今日届いたので、食してレポしたいと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する