淀殿産褥熱後の発情

今日、たぶん・・・・淀殿の発情を確認しました

数日前からちょっと粘液は出してました

でも濁っていたので、

カンサリス200C(スペイン甲虫からできるレメディ)を与えていました

今日になると、かなり、濁りが見られなくなってきたと思うのです・・・・

でも、まだつけられませんから

次の発情を待ちたいと思いますが

少しずつ前進しつつある、淀殿ですね・・・・

ここまで、来たら、

どうか、次の発情はキレイなものが出てほしい・・・ですね・・・

産褥熱を起こした母牛っていうのは、

発情種付け、妊娠、このサイクルは多分に乱れるようですしね・・・・

近所の牛飼いさんところは、発情が来ない・・・・と言っていましたし

その後、どうなったのでしょうかね?

今度聞いてみたいと思います

まぁ、我が家の淀殿は、たぶん、発情はきてると思います

あとは、その発情の粘液に濁りがないことを祈りたい

もし濁っていたら、獣医さんに頼んで、子宮洗浄されることになると思いますが

我が家では子宮洗浄した場合も、レメディを投与します

一応去年の試行錯誤の経験はあるのですが、今年どうなるかですね・・・・

淀殿は、我が家にとっては、ホープですから、
ここで廃用という悲しい結末になっては・・・・

牛の神様どうか、淀殿をよろしくお願いします

PS 今日も授精師クンにも聞いたのですが、
美穂国は、結果がかなり良かったと聞いていますが

郡内では、もうそろそろ結果が出るとのこと

美穂国の未来への扉も本格的に開いてきたかな?

我が家はまだ1頭も美穂国母体がいない、今年父が勝平正をつけ続けているので

来年も育成で残す子がいるかどうか・・・

本当は、もう1~2頭ぐらい育成かすでに母牛で残しててもいい頃だけど、完全に出遅れた気が・・・

来年、黒毛きょうこさんの産む子が雌なら残したいですケドね

血統で並べると美穂国×福之国×忠富士×上福になるし、

次には4祖が忠富士になる・・・って考えるあたりが、これが人間の煩悩ですね・・・(汗)

無事に産んでくれれば、何だっていいのです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する