今年は柿食う

このあたり、柿は豊作のようで、柿の木に鈴なりになっています

今年は、柿を良く食べています

今まで、柿はあまり食べていませんでした

柿トラウマのせいです

それは、ナゼか・・・・というとこの時期に、

小学生の頃ひっどい嘔吐症にかかって苦しんだ経験があるからです

この嘔吐症、1週間以上続きました

たぶん、今にして思うと、ノロウィルスに近い症状だったと思うのですが

当時は、前日に食べた柿のせいだと思って、二度と柿を食べたくなくなりました

柿にあたったと思ったのですね・・・

数多い当時のワタシの思い込みの1つです・・・

もちろん、この頃は、病院でもらった薬を飲みつづけ、それでも治らないので、
違う病院ででっかい注射をされて、それで治りました
(・・・というか、治ったというより、むしろ薬で症状を抑圧、止めたという意味の方が適切かな・・・)

まぁ、そんな訳で、ワタシの柿トラウマができあがり

柿を好んで食べるということは、その後なく、時は過ぎていきました

大人になり、自然療法を知ってから、干し柿だけは、時々食べていましたが

でも生柿を食べるということは、ほとんどありませんでした

しかし、今年、非常に柿の木になる、柿が目にとまり

ちょっと食べてみようかな~という気になり、

ネットで食べ方を調べて、

ずくし、熟した柿の中身をヨーグルトと混ぜて、食べるという、簡単な方法を見つけ
早速やってみたら、これがスゴイヒット!!!

カスピ海ヨーグルトに黒砂糖を少々、そして、ずくしを入れると、絶妙な味わいになって

柿をそのまま食べるより美味でした

カラスがよく、ずくし食べてるケド、なんか、意味分かるかも~

うめぇ~

そして、我がファミリーにも、
ずくしヨーグルトフルーツ合えをつくって食べさせようとしました

柿はビタミンCがミカンの2倍だ!とか言って

そしたら、みんな「カラスの食うずくしなんか食べん…」と言って手をつけないので

1人で山ほどのずくしフルーツ合えを食べまくりでした

今年は、柿を精一杯食べようと思います

せっかく、柿の木にいっぱいを実を成らせてくれているのだから

それに柿は医者いらずの言葉もあるくらい、
柿には様々な薬効や利用法がある事も知られている

柿のヘタから柿の葉なども、柿の葉茶とかもあるし
(個人的には柿の葉寿司なんて死ぬほど好きですけどね・・・)

柿渋染の色も好きですよ

こう観ていくと柿という1つの植物だけでも、スゴイ活躍だ・・・

そういえば、ホメオパシーにも柿のレメディがある

1つは、長崎の原爆で生き残った柿の実や根と樹皮からできたもの

持っているマテリアメディカに載っていないので、
症状像が分からないから、どういう症状の時に使うのか、良く分からないけど
(想像するに、放射能関係の症状なのかなと・・・)

もう1つは、普通の柿の実と葉からつくられたもの

果実のレメディも色々あって、興味が湧きます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する