リズム調整作用

ホメオパシーをセルフケアでやったり、
もしくはホメオパスの先生にかかって診てもらって治療を
受けて、長年たつと、
不思議と色んなリズムが整っていることに気づく事が多くなります

生理の周期だったり、食欲や睡眠の質など
色んなことの中身が整ってくるのがとてもよく分かります

もちろんホメオパシーだけでなく、
他にも全体的に気をつけたところはたくさんあります

睡眠の質というのは、ワタシの場合治療後、
好転反応等を経て劇的に高まりました

深い眠りにおちているのが、ある時期から
朝起きる時にとてもよく分かるようになりました

ただし弟が亡くなってから、そうですね~、
ほぼ1年あまりこの睡眠の質が下がりましたが
最近また高まってきたような気がします

いくらホメオパシーをやっていても、
急な肉親の死などではワタシの場合影響を受けたようでした

でも人によっては、それほど影響を受けない方もおられるとは思いますが・・・

幼い頃からというか生まれてこの方、
自分がリズム障害のようなものになっているとは
ホメオパシーをやるまで気づかなかったですね~

ホメオパシー療法をやって深い眠りにつくようになって
幼い頃からの睡眠の質とあまりに違っていたので驚いたんです

ワタシは20数年来というかほぼ30年に近いほど、
あまりにも浅い眠りだったんだな~と思ってかなりショックを受けました

小さい時から一応寝ていると思ったけど、
本当に眠れてはいなかったんだと思って軽いめまいが・・・
(この表現は多少大袈裟ですけれど、ちょっとそんな感じがしたんです)

それぐらい眠りの深さについては変化しました

それに食欲ですね
子供の頃は、非常に好き嫌いが激しく、

思春期以降は食べる時と食べない時の極端な差が激しく、
一定することがありませんでしたがこれも整うようになりました

生理の周期もこれまたヒドイことになっていたのですが
これも、治療後極端なことには一度もなったことがありません

(ただし周期は整ったものの、痛みについては改善の余地がまだあるな~と思います)

ホメオパシー治療は動物、
人間限らず何かしらリズムを整えることに優れた療法だと思いました

それにワタシのリズムが整わなかったことには深い理由もあるようでした

ワタシは以前にも書いたのですが、出産時、帝王切開で生まれました

この時の薬剤麻酔などそれらの影響もひどく受けていたのだとよく分かりました
ホメオパシーでは
オピューム(ケシからできるレメディ)などの投与で随分変化があったからです

生まれた時からリズムが狂っていたなんてと思いましたが・・・

オピュームのレメディ像とともに、具体的な症例が載せてあり
その赤ちゃんの様子が子供の時のワタシにそっくり

寝てばかりいて、母乳もあまり飲めないようなそんな赤ちゃん

そう子供の頃から昼も夜もなく寝てもなんだか疲れがとれず、眠かった理由は
眠りが浅かったからなんですね~

食欲がなかったのも、そういうことと繋がっていたのかもしれません

産まれて生きているからっていって、寝て食べて起きてるからっていって
それが本来の姿なのか本来のリズムに沿っているのかどうかって分からないんですよね

ちゃんとした治療法と出会って改善された時、はじめてわかることもある

それでも今眠れて食べられるようになってそれだけでも感謝です

きっとここに行きつかなければ、
ずっと睡眠もよくとれず、色んな生活のリズムはバラバラで
苦しい思いをしていたかもしれないし、
そう思ったら、自然療法に本当に感謝ですね~

大地のエネルギーをいただきいつか土に帰る生き物の私達
何かが狂っても、きっと自然界のパワーは全てを受け入れる器をもっている

ちょっとだけ、そのエネルギーを借りて、
元気になれたらそれが本当に自然なことだろうと思います

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する