ホメオパシーの本の新刊

【送料無料】疾患・症状別ホメオパシー事典

【送料無料】疾患・症状別ホメオパシー事典
価格:3,465円(税込、送料別)



ホメオパシーの本の新刊だそうです

まだ購入はしていませんが、

ホメオパシー初心者の方で、
もう少しレメディの幅を広げてかつ
症状から、レメディを選択したい人には、ちょうど良いと思える本だと思います

お値段もお手頃です

ホメオパシーは本来、病名でレメディを選ぶという方法ではなく
あくまでも症状に近い、症状像をもったものを選ぶという方法です

それは、ナゼかというと、

薬の力を頼りにして病気を自らの体の中で封じ込め、克服する方法ではなく

自然治癒力を働かせて病気を外に解放していく為にレメディを投与する方法だからです

しかしながら、日本人は病院でつけられる西洋医学的病名や症状名に非常に慣れています

日常会話でも、病名症状名で呼び理解するのが、ほぼ100%で
疾患名から、レメディを選びたい衝動にかられる人も多いのではないでしょうか?

ワタシは学校にこそ行っていませんが、
スクールで教えていた先生のもとでの勉強会などで、マテリアメディカの一部を学びましたが

資料をいただいて、最初、「なんや、これ何かの暗号か?」

分かりにくい・・・と思ったこともあるぐらい

専門的な世界では、ホメオパシーの把握は、
ちょっと、一般人には、理解しにくいものだと思いました

それを日本人の幾人かの先生達が、日本語で次々とユーザーにも分かるような本を出版されて

そのおかげで、随分理解しやすいものになったと思います

ワタシ自身、実家で、家族と
牛や鶏、猫、犬などにホメオパシーができているのも、これらの本のおかげでもあります

今回、この本に記載のレメディは、400種類です
日本人の先生が書かれた本の中で、一番多い数のレメディ数です

今ホメオパシーの世界でのレメディ数は多いところで5000種類ぐらい、
今後も増え続ける傾向にあると思いますが

基本的に家庭では、400という数のレメディの網羅は、十二分だと思えます

以前聞いた話では、それほど多くない数60種類程度でも、

実際には多く事に対応できるそうです

各ホメオパシー会社は、
キットという36~45ぐらいレメディが入ったセットものを数種類販売しており

これをたった1つもっているだけでも、
実に多くの事に対応できるようにレメディを厳選してあるのだそうです

この本にはそのキットの数倍のレメディ数が載っているようなので

初心者だけど、少し深く掘り下げたい、もっと実践的に使いたいと言う人にも、

かなり参考になる本だと思います

購入したら、またレポしたいと思います

PS ホメオパシーは種、しゅを選びません
だから、どの生きものにも使うことが可能です、
これらの本を購入すれば、動物に対しても応用できます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する