世界牛行脚チーズ編 共働学舎のコバン



ついに、「蘇」がなくなり、次のチーズへ旅を進めます

こちらは、以前から一度食さなくてはと思っていた共働学舎産のチーズです

共働学舎さんを知ったのは、ホメオパシーと畜産の検索からでした

ホメオパシージャパンさん系列のHPでこちらの牛の一部に
ホメオパシーを導入しているという日記が書いてありました

日本の畜産業界において、
ホメオパシーが導入されているケースはごく稀かもしれませんが

欧州では、オーガニック農場などには使われていて、

共働学舎さんでは、酪農牛の乳房炎などについて、導入しているとのことが書かれてありました

そんな訳で、ぜひとも一度、コチラのチーズを食べたいと思っていましたが

なかなか購入する機会がなく、現在に至ってしまいました

本当はカマンベールを頼みたかったのですが、まずはコバンから。。。

今も農場でホメオパシーを使っておられるのかが、よく分からないのですが

チーズの到着を楽しみに待っています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する