世界牛行脚チーズ編 共働学舎コバン届く

コバン届くチーズパンフレット

やっと共働学舎のチーズが届いた

早速、パンにつけて、イチゴジャムを塗って食べてみたのだけど、おいしい~♪

手間ひまを惜しまず、つくってあるので、食べた後も余韻が残り、満たされた

白カビタイプのチーズなので、独特の風味はあるものの、
中が柔らかく、とろける感じで、そのまま食べても、パンに塗っても、料理につかってもいい

共働学舎さんからは、色んなタイプのチーズが出ているので、これからも楽しみ!

食べ物で、1日の気分って大きく変わりますね~

日本にも、素晴らしい生産者は、たくさんいらっしゃいます

今回、放射能の問題が出たことで、厳しい状況に立たされている生産者

口蹄疫、震災、放射能・・・豪雨災害、TPP問題・・・

これほど、連続して農業を根底から大きく揺るがし、
脅かされるような日常を送った事は、未だかつてなかったことだと思います

どれをとっても一筋縄ではいかない事ばかりが、各地で同時進行です・・・・

国の政策、メディアでの日々の論調も、

まだそこ?まだ経済成長・・・の話ばかりで、聞き飽きてしまいましたが

これは、この20年という歳月を考えると・・・・

あらゆる意味で、正直コワい・・・・

しかし、地道に自分の成すべき事を成すより他ありません

身土不二

この言葉は素晴らしく理に叶ったことばだといつも思います

日本という国に住むならば、

日本でとれたものを食べる方が、

その土地の、その気候の中で生きていく為には、

身体のバランスをとるのに一番良い方法なのだと・・・

放射能問題に対する生産者の苦悩と取り組みも見守りつつ

これからもチーズ紀行は続きます。。。

PS この雨はいつまで続くのか・・・・今年はこうやって雨が降り続く日が多い

雨がやんで晴れてくれないと、いつまでたっても、牛が食べるワラが乾燥できない・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する