しろちゃんのその後・・・

しろちゃんの、調子は良くありません・・・・

思うに、やはり外猫同然のノラ生活をしている為、行動の全てを制限する事は出来ない為、
不足の事態が起こった時には、難しいです

おとといまで、とても元気だったのに、次の日の朝には、お尻が汚れていました

特に下痢をしているところを見た訳ではないですが

おそらく下痢だろうと推測しました

与えたレメディはアーセニカム、ナックスボミカ、パイロジェンでしたが

今日になっても、気分はすぐれないようでした

そこで、アーセニカムや、パイロジェンに、アーニカ30C、エキナケア30Cを加え与えると

胃液を吐きだし

少しラクになったのか、それからしばらくすると、消えていなくなりました

ただ、この調子では、状態が良くなるかは不明です

もうほとんど外猫な訳ですから、生死はこの子達の生き方にかかっており

どうなるかは、分かりません

おそらく、子猫達は、何らか同じものを口にして、

ひょっとしたら、
何がしかの中毒になっているのかもしれません

ただの胃腸症状ではないような気がします・・・

このあたりの猫はほとんどが外猫で、数年以内に色んな理由から姿を見なくなることも多く

生存率は高いとは言えません

数年前仲良くなったうえ猫チャトランも殺鼠剤?で亡くなったという話でした

今後、この子達がどうなるか・・・

他の子達も姿を見ません、元気になってくれるといいけど・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する