セルフケアへの第一歩

今年は、再びホメオパシーのセルフケアの第一歩、少しずつ勉強をすることにしました

セルフケアですから、過去にそれ相応の事は

プラクティカル、クラシカル双方の勉強会やセミナー、直接の先生の助言等で学んではいるのですが

もう一度初心にかえり、学びなおそうと思いました

今は、どんどん環境も整ってきて、田舎でも、ネットを通して、学ぶ事も可能になってきています

私のような地方出身、それも、田舎住まいかつ山奥、

しかも牛がいるような環境でのホメオパシーの学びは、

経済的な事もありますが、

残念ながらそう簡単にはできません
(過去に行っていた、福岡も市内もなんか遠い・・・当時は不思議と縁があって学べたと思うケド)

ホメオパシーの学びは地方では、難しい・・・としか言いようがありませんが

それでも、少しずつ環境は整ってきているのだと感じる事で、今後の多少の希望は感じています

ホメオパシーの世界にも流派というか、色々あります

こと、日本のホメオパシーの流れは少し特殊だと言われたりすることもありました
(震災で、あまりそのあたりの事には、触れられなくなったようですが・・・)

もともと、ワタシ自身最初にお世話になった先生がクラシカルホメオパスの先生で

ワタシのセルフケアのホメオパシーのレメディの投与の仕方も、

一度に1つ、最小投与の原則を守っていましたが、

その後プラクティカルの先生にかかった事や、

我が家で牛の世話などをする過程で、少しずつ変化してきました

今回、ワタシが学ぶのは、ロンドンのクラシカルホメオパシーです

クラシカルは、一度に1つを選び、見守り、

そしてその動きによって、必要があれば、次の一手を選択します

投与に関しても、バンバン、レメディをとるなどと言った方法や表現はそこにはありません

ホメオパシーの場合、セルフケアを学ぶということだけでも、とても価値のある療法です

ワタシの今のテリトリーは完全にセルフケアの範疇ですから、
よりしっかりしたレメディの選択とアドバイスも身につくかと、やってみることにしました

ホメオパシーの場合、何回勉強しても、
必ずと言っていいほど、新しい発見があり、そこで感激してしまいます

課題の提出もあり、これまで長年セルフケアをやっておきながら、

意外に問われると、「???」になって、答えにくいと思い、新しい発見もすでにありました

今年も寒い冬の到来ですが、しばらく頑張ってみます
スポンサーサイト

コメント

あけまして・・

orengewoodさ~ん、遅ればせながら
「あけましておめでとうございます!」

なにやらお勉強を始められるのですね。
私も最近また新たに学びたいことがチラホラと出てきてますが、
経済的に難しいので相変わらず独学でちょこちょこ知識を吸収しています。
学ぶときも「タイミング」ってあるのでしょうね。
学べるときはきっと、ベストなタイミング☆なのでしょう。

あぁ、私は動物になったらorengewoodさんのところで暮らしたいです。
(いや、今でもレメディ投与して欲しいくらいですが・・笑)

今年もブログ、楽しみに読ませてもらいます♪
私もいろいろ負けずに、エネルギーそそいでいきます!

2012/01/06 (Fri) 15:02 | ★pinoco★ #izBYTLfk | URL | 編集
★pinoco★ さんへ

pinocoさん、ワタシこそ遅ればせながら
明けましておめでとうございます~♪

ほんとそうですよね、
タイミングってありますね~
セルフケアの初歩的なものではあるのですが、
今はネットのおかげで、
イギリスのスクールのものを
学べる事にも、感謝しています

独学でも、立派に何かを吸収して、
ある時に、みんなに伝える事もできるし実際に使えるしで、
ワタシも好きですね。。。

だからpinocoさんの石の話にも興味深々でした

今後もうしばらくしたら、
今まで、吸収したものを、どういうカタチでか、
それを必要とされている方達には
少しオープンにしようかとも、考えているところです

わぁ~、pinocoさんが、動物になったら
「ぴのこちゃん」と名前をつけて、かわいがりますよ~(笑)

今年もどうぞよろしく、
色んな事あるかもしれないけど
自分を追求しながら突き進んでいるpinocoさんを応援しています☆

2012/01/06 (Fri) 19:01 | orengewood #- | URL | 編集
あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします♪

毎回、牛さんたちへのレメディの使い方参考にさせてもらっています。
今年は学びも加わるのですね~
(凄いです!)
楽しみです♪(ブログ)
コメントはたまですが毎回読ませていただいております。

今日はないとデビューして店長さんに注意されてへこんでいた息子にアコナイト・アージニット・スタフィザグリアを渡したらヒット!

突然出来事をしゃべり始めました!
で、少し元気を取り戻しました。

2012/01/06 (Fri) 22:38 | ももまん #- | URL | 編集
ももまんさんへ

ももまんさん、明けましておめでとうございます~
今年もどうぞよろしくお願いします~♪

いや~、いつもブログを読んでいただきありがとうございます

いえいえ、ワタシのブログはですね、
コメは稀(笑)だけど、
ずっと読み続けてくれる方々が、
けっこういてくれるようで、嬉しい限りです
(マニアなファンの方々に感謝!!!)

ワタシも牛さん他にホメオパシーを教えてもらって、ほんとこの子達、先生ですね!

息子さんの事も、良かったですね~
そういう吐きだし的な事を続けることによって、
傷ついても、自分らしく生きれるようになるのだと思います

今年も、みなさんとともに、お互いに共鳴したり、
揺さぶられたりしながら、地道に歩んでいきましょうね~☆

2012/01/07 (Sat) 13:48 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する