みっくすの足続報

みっくすで~す3

最近のみっくす

地震も増えてきて、心配だニャ

しろちゃんも、最近は一緒に寝てくれないニャ

飽きちゃったのかな・・・・

みっくす寂しいニャ

今日は、ちょびっとだけ遊んでくれたけど・・・

みっくすの足1月31日

みっくすの足は順調に治っています

ここまでくれば、もうひと踏ん張りですね

今もレメディは投与しています

一応、今しばらくは、投与していき、完治を目指します

シェスラー塩のカルクソーファー12X、細胞組織塩類のジンカムミュア12Cを中心に

ルータ(ヘンルーダからできるレメディ)
カレンデュラ(カレンデュラからできるレメディ)
シムフィツム(西洋ヒレハリソウからできるレメディ)

を与えています

かなり状況は悪かった訳ですが、

それでも、このようにキレイに治癒していきます

子牛の時もそうでしたが、

ひょっとしたら、手術という可能性も否定できなかった状況での回復で

手術をしなくても、ここまで良くなる事ができたのなら

動物にとってもそれが一番いい訳ですし

プラプラしている足でも、この子にはあった方がいい訳で・・・

適切なレメディが選択され、治癒していった場合には

オペ自体が不必要なケースも出てくることもあると思います

最初にどうしようもないから、オペありき・・・という考えではなく

本当にその命にとって、為されるべきは何なのか?

その子が苦しんでいる時には、最小限の苦痛にとどめられた方がいいわけで・・・

今回のみっくすのケースでも感じたのですが、

そういう部分においても、可能性は、かなり導かれるような気がしています

スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
レメディの効果、こうしてブログ見てると
よく分かりますね!

最近また検索件数多いのか、よく目にします!

そちらも地震が多いですか?
日本中どこで大地震来るかわからないような
状況ですね。。。

セジュール仙台、HP新しくしました!
お暇な時にでもご覧下さい!!

仙台来られる際はご利用お待ちしております(笑)

2012/02/01 (Wed) 15:29 | エイム #- | URL | 編集
エイムさんへ

エイムさん、そうなのですよ~
写真で見ていくと良く分かります

今まで、症例の事は書き続けていたのだけど、
大抵写真に撮る事を忘れて、そのままで・・・(苦笑)

ホメオパシーは、やはり数年前問題として出てしまい、
それ以後、今も、状況というか立場としても、

社会的には、より厳しいところかもしれませんが、
ここからが大事なところなんですよね・・・

(可能性としては、かなり期待できる、末広がりなのであって・・)

こちらも、数日前日向灘M4だったみたいですし、
新燃岳も、今や去年の噴火時レベルに近くなりつつある状態で、
マグマが供給されているようです

ワタシ自身個人的には、
今後、西も九州も危険度という意味では
東日本とほぼ変わりない、大差ないと思ってます

あぁ、そういえば宮城といえば、
これから5~6年後あたりの全共(牛の日本一を決める品評会)が
開かれる場所ではなかったですかね・・・

ほんと東北、行った事もない未開の地ですが、
行ったら、ぜひ泊まろうと思います(笑)

他の牛飼いの人も、このブログ見てる人も、
もし仙台にいったら、
セジュールも、どうぞ~ですよ(笑)

2012/02/01 (Wed) 20:38 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する