セリ市前、前書き

私達のセリの日は早朝から大荒れでした
行く前から激しく気分は沈みました、、、、

これも神のイタズラなのか????

なぜに積み込みの時間になって、この荒れよう・・・・

牛は暴風が大嫌い

吹雪いていましたし、凍るような寒さ、そして、路面も一部凍結があったので
積み込みの不安もありましたが、のこくずを振りまきまくりました

しかしながら、やはりこの親子吹雪の中、積み込みに失敗し

太陽大暴れ、

真っ暗な中、アタフタしていました

ちなみにこの後に及んでも、父ワタシを責める責める

お前の敷物の敷き方が悪いと怒っていまいた

いや、どこまでいっても、こういう人は治りません

人のせいにして、終わるのです

まぁ、それはさておき、やっとこの最中、他の人達も来てくれたので助かりました

なにしろね、我が家の子、父がワタシに丸投げ状態なんで、こうなるんですよ

そんな訳で、市場に行って、落札後の

あの・・・・箱根駅伝バリの、心臓破りの坂を下りれるか激しく不安になりました

*我が市場は落札後、

「急坂」を降りて牛を指定の場所連れていかないといけない仕組みになっている

余談ですが、この坂で通路の牛フンで滑って止まる牛もおり、

みなさんも想像つくと思うけど、なんと我が家は常連さん(爆)

1回は座りこんで動かなくなったよ、あの時は、ホントに焦った

後ろからはドンドンセリが終わった牛が来る訳だし、

次のセリに間に合うのかって、マジで冷えた事もあったよ

本当に大丈夫なのか・・・・orengewood家・・・・

もぉ~、ほんとお父さん牛に慣れてよね・・・

・・・ってか、だいたい牛に対する、仕事に対する愛情が欠乏してるのだよ・・・・

不器用でも愛情があれば、カバーできるのに・・・・

さて、今回も、だてに芸歴だけは長い・・・あたふた親子牛飼いの

長く寒い・・・セリの1日がはじまりました

書いていたら、前置きが長くなってしまったので

結果は次回~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する