産褥熱後の淀殿の妊娠鑑定

さて、数日前に、

もえひめちゃんを産んで、なかなか胎盤が排出されず
産褥熱を引き起こした淀殿の妊娠鑑定を終えた

結果はついているとのこと

ヤッター!!!

種は菊福秀、我が家ではじめての東北の種です

まぁ、出産までは油断できませんが、一応、一安心です

しかし、今回は、いつになく、全てが順調に行きました

産褥熱も引き起こしていた訳ですが

かえって、いつもより、早いペースで、種付けが終了し、受胎しました

早めにホメオパシーにて、手を打った事も、回復を助けたと思います

我が家は、やむおえず、獣医さんを頼んだ時は

投薬治療と共にホメオパシーレメディとの同時投与を行います

そのおかげで、1回の診療で1回の注射だけで済み、

その後はすべて、自然療法で対応しました

普通、産褥熱を引き起こした母牛の受胎率は著しく低下するようですが

我が家はスムーズに発情が起こり、子宮洗浄すらもありませんでした

本当にスゴイな~と感心しました

もともと淀殿は、それ以前も幾度もトラぶってきている訳で・・・

1年間も妊娠してなかった
タマゴは3回飛ばない・・・・

ひっどい子宮捻転で子牛を死産

その後空気が溜まって炎症

もえひめちゃんを胎盤剥離で危険出産

胎盤がスムーズに出ず産褥熱・・・・

だいたいこれら上記のケース1つあっただけでも、母体としては、

限りなく未来が危うい事もある訳ですが

それを全部クリアーして、次に続けるのですから

本当に感動してしまいます

ここまで、きたのですから、ぜひ、今度も無事出産させてあげたいですね

今後も注意深く、見守っていこうと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する