去年感じた事

去年の春、3月11日に震災が起こった

その後、ワタシは外での作業中に、顔がヒリヒリして痛かった事を記憶している

この状態が4月半ば頃まで続いた

最初は、紫外線が強くなってきたため、痛くなっているのかも・・・と思ったりもした

しかし、しばらくのちに、ひょっとしてタービン建屋が水素爆発をした後の

放射能の拡散の影響だったのかもしれないと思うようになった

その後4月中旬以降頃になると、

精神的というか気分的に激しく落ち込むような事が多くなり

この時になって、ソーファー(硫黄からできるレメディ)30Cを1粒投与することにした

すると、相当身体と精神的な重い感じがラクになったのが分かった
(ソーファーは放射能の影響を考慮しての投与だった)

今年、あの時期に近づいてきているが

外で作業していて、当時のように顔が痛い・・・という事はない

やはり、あの建屋が爆発した当初は、

相当量の放射能が放出していたのではないだろうか?
(今もダダ洩れと言われたりしているが・・・)

国家は、経済の為に、原子力を国策の一環として行ってきたのだから

本当の問題を明らかにする事は、一種の自己否定に近いので、

長期に渡って、それなりの影響が出たとしても闇に葬られる・・・のだろうと思う

原子力発電所を稼働しても稼働してなくても、

冷却を続け、ただゴミとして捨てる事もできない

スウェーデン?だったかでは、

1万年という長期に渡り、

強固な岩盤でしかも地下水など汚染しない領域で、

子孫にその管理をさせるよう決めてあるとか・・・

日本にそんな場所などあるのか???

50数基ぶんも

どこに持っていくつもりなんだ・・・

ほとんど第二次世界大戦下の軍の考え方と大差ないのでは・・・
(気づいたらまったくもって意識は進歩していなかった・・・)

よちよち歩きの、

赤ちゃんに、

かわいい顔で「僕は大将だぞ」とか言っているので、

みんなでちやほやして

「一戸建てがほちぃ」とか言うので、持たせてはみたが

管理できなかったという状態に近い・・・

最近再び、地震は多くなった

大地震はどこで起きてもおかしくないと学者たちは口を揃えて言う

しかし、そんなところに日本だけでも、50数基・・・周辺国を見渡せばさらに多くなる

人間は、行動力がありさえすればいいのか、成長しさえすればいいのか

イヤ、やっぱ、それは違うでしょう

今後、私達はこれを抱えてどこに向かうだろうか・・・
スポンサーサイト

コメント

共存(共損)

人間の、暴走した頭を冷却するのに1万年かかるのです。
でも、今また、原子力発電の危機が高まってきています。もうすぐ全部停止になりはするが、その原子炉を冷却するのに、電力が必要なのです。それも火力を主体とした。その火力をフル稼働すれば必ずどこかの火力が倒れ、あっという間に電力管内(例えば九電管内)全停電もありうる。そうなると自家発電機だけでは長期冷却は無理。
停止した原発を安定して冷却するためには、もう原発が必要な状態なのです。それも早急に!

それと、原発ありきの日本の電力事情。これ以上原発が停止し続け、電力の安定供給が揺らぎ続けば、日本の国債のランクは更に格下げされ、ギリシャ同然、銀行は全て破たん、他国から信用を失います。
私たちは原子力と共存し、自然エネルギーへの転換を図る必要があるのでしょう。

と、長文失礼しました。書きたかったことは以上です。消してもらって結構です。

2012/03/02 (Fri) 13:26 | kawabata #o4rjoBl6 | URL | 編集
kawabataさんへ

kawabataさんの書かれている事、理解できます

プロセスは違っていても、
究極は原発との共存しかないと思いますというか、つくっている以上、
共に歩むしか既に道がありません

依存と中毒の問題は、
人間いち個人に起こった時でも容易に解決できない事ですが、

それに近い状況を世界や社会のシステムとして、取り込んでいる訳なので、
当面あらゆる意味で、持続するしかないという結論なのでしょう

これは特に原発(電力分野)だけに言える事でもない状況です

しかし、どういうカタチであっても、不自然さがあるレベルを超えてはびこれば
人間の意思とか思考とか存在とか有無を言わせず、
それなりの状況を抱えることにはなると思います

経済が破綻しても、信用するに値する事もあります
過去には、そういう時もあったと思います
もちろん、特に庶民はその度に、
苦水を飲んできていると思いますが・・・

きっと経済的に破綻しても、生きるべく、
私達は絶えず揺さぶりの中、何かを培われていく生きものなのかもしれません

これからの行き先には興味があります、
それを生きている限り、
見続けていきたいと思います

2012/03/02 (Fri) 14:55 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する