秀子さんの下顎腫脹

秀子さんの腫れたような下顎腫脹だが

見つけた1日目に、アーニカ200Cとスタッフィサグリア30Cを投与した後

症状像から、エイピス30C(ミツバチからできるレメディ)も投与しておいた

次の日の朝、

特に大きくなっている様子もないものの、小さくなっている様子もないような気もして

ビミョ~なところだな・・・と思った

しかし、この具合だと、

おそらく、唾液腺が切れている・・・・というのは、ないと思ったので

再び、アーニカ200Cとスタッフィサグリア30C、エイピス30Cを投与した

今日になると、なんとなく、

少し腫れが減ってきているのでは?と思うような雰囲気でもある

もうしばらく、様子見しようと思う

獣医さんに診てもらっていないので、

打撲による血腫なのか、打撲後の炎症による化膿なのか

臼歯よりの細菌感染などによる炎症及び化膿かは分からない訳ですが

ホメオパシーでは、症状に近いレメディ像をもったものを選択します

アーニカは打撲後の炎症と共に、エイピスとも相性の良いレメディです

エイピスは、顔面浮腫、血管浮腫、刺すような炎症などの際に考慮に入れられるレメディ

今後もしばらく経過観察です

PS 最近、フーテンの寅さんみたいな絶妙な間合いで・・・

我が家を出たり入ったりを繰り返しているシロジロウことしろちゃんに

全身をペロペロされて、

弱っていたみっくすは絶好調です  

絶好調ゆえ、また水の溜まった田んぼを遠くから眺めていました

どうやら、懲りてはいない様子

かなり、危険です、、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する