ISHL SCCコース修了

インターナショナルスクールオブホメオパシーロンドンからSCC修了書のメールが届きました
SCC修了書


ロンドン校及び日本校の校長のニックからメールが届きました

このセルフケアコースは、副校長のジェーンが監修したものです

印刷したら
印刷していたら、初歩的とはいえ、けっこう分厚くなりました



ニックもジェーンも名前は知っていました
(動画の男性の先生がニック、女性の先生がジェーンです)

以前、お世話になっていたクラシカルホメオパスの先生と

同じ時期に講師のメンバーでもあったからです

今はいろんなスクールが、セルフケアコースを提供しており、興味深いです

やっぱり、ホメオパシーはどこまでいっても、興味が尽きないですし、面白いですね~

初歩的なものであっても、随分得るものがあったような気がします

特に学びの途中に、
ナゼか、学んでいるレメディの症状、耳の疾患を患うというグットタイミング

みっくすの不調を事前に気づいたのも、

よく全体像を観察してくださいという学びのおかげだったりして・・・

ホメオパシーを勉強すると、不調になる前に、

ある種の「兆候」に気づくようにもなったりして

ワタシの場合は、周りに動物もたくさんいるし、

日常がホメオパシーでの学びによって、

支えられている部分が非常に大きいので余計にそう思うのかも

小さい時、何も出来なくて死なせてしまいよく泣いたな~と
(苦しんでいるものを目の前に、考える事もできず、考えつく事もない、そして行動できない・・・)

でも、今は、この子達が苦しんでいる時に
人ばかりを頼りにせず、自らで、できることがあります

それだけで、随分、何かが変わったのです

ホメオパスではないにしても、

ワタシにとってはホメオパシーは自分の人生、ライフそのものなのですよね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する