ふじこ号、郡品へ

今日は、町の品評会の日でした

心配していた子牛の積み込みも、ご近所様方に、運よく手伝ってもらうことができ

無事に乗せることができました
(まずは、第一ステージクリアー★)

さて、品評会会場では、この2頭のうちの、

どちらを引くかということが悩みの種でしたが

3回に分けて、引くことができるということで

結局、順番が離れていたおかげで、父が最初に2頭引くことになりました

まぁ、しかし、もともと父と我が家の子牛達は、

あまり相性が良くないので

なんとなく、ソワソワしている感は否めませんでした

そんな訳で、発表の掲示板を見ると、やはり2頭とも、まずは優等5頭には入りませんでした
(ちなみに、優等の8等までに入れば、郡の品評会にいけます)

そして、残りの子牛から、3頭だけが選ばれます

あ~あ、こりゃダメだね・・・・

3頭になんか、入らないよ

やっぱ、我が家、努力足りてないからね・・・とか思いながら

「残りならんでくださ~い」の声で、

手伝いに来てもらった引き手の牛飼いのおじさんところに行って

ふじこ号を、隅っこで、自分で引くことにしました
(だいたい、我が家の場合、大抵、練習ナシ、ぶっつけ本番で引かされる事も多いです)

父は、みつのさんを引いていました

この間は、いつものように、

牛飼いのおじさま方のギャラリーと絡みながら隅っこで沸いたりしていました

何人かのおじさんが、これは3頭の中に入ると言っていました

そして・・・・

ふじこ号、本当に、三頭の中に入りました

父のみつのさん、あえなく選外

ギャラリーも、「今日から、おっさんより威張っとけよ~」で沸きましたが

やりました、ふじこ号

数日前、父とのコンビで暴走して、orengewoodさんをかなり不安にさせたふじこ号・・・・

あの光景が嘘のように、今日は静かでした・・・・

ふじこ号、郡品行き、ギリギリセーフでチケットをゲットしました
(第二ステージクリアー★★)

あと1週間で、郡品です

時間はあまりありませんが、

ふじこ号を

父に引かせず、郡品では初となります、自分で引くということで、頑張りたいと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する