鶏の毛は生えてきました

去年、あんなにハゲあがっていた、鶏に毛がそれぞれ立派に生えてきました

あとちょっとすれば、数羽はキレイになりそうです

スゴイですね~

去年のハゲは、

さすがのホメオパシーでも無理なんじゃないか・・・と思う程、

重症化している子も4~5羽いました

実際、ホメオパシーを幾度投与してみても、ハゲはなかなか改善されず、気を揉みました

ところが、ある時、ヌカカなどによる吸血昆虫に対する対応の為

カンサリス(スペイン甲虫からできるレメディ)を投与

アーセニカム(砒素からできるレメディ)、
ナックスボミカ(西洋マチンシからできるレメディ)を投与してから、

(エマージェンシースプレーも同時投与)

芯が次々と出てきて、フワフワの羽が生えはじめました

結局、さすがのホメオパシーも今回は無理・・・とか、

ホメオパシーは効かない・・・の話ではなく

ワタシのホメオパシーのレメディの選択が違っていたのですね・・・

ホメオパシーは

「症状を患っている際に最適なレメディが選択されなければ」

改善していくことはありません

そこができなければ、

ホメオパシーは、ただの砂糖玉とか、言われてしまっても、仕方のないような療法です

鶏の羽が生えはじめる時は

最適なレメディが投与されれば、1日~数日以内に、改善の兆し(兆候)が見られます

これは牛の毛の場合も、同じです

この数年、身近で垣間見てきてこれはスゴイと思いました

あれほどのハゲが・・・・

今回のケースは、長期に渡り、長雨の中、ドロドロの沼地のような場所で生活し、

その環境の悪影響から、外部寄生虫からの感受性も高まり

おそらく腸内~肝臓に問題を抱え、ハゲあがったのでしょう

しかし、時間はかかりましたが、
モダンブリモシーズのみなさん良くなってよかったです

羽が丈夫に生え揃うと、卵の殻も丈夫になります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する