みっくすの足の炎症

みっくすの2度目の化膿が爆発してからの事を書いていなかったのですが

今のところ予後は順調です

しかし、一時期、悪化した時期がありました

ちょうど、品評会とセリの時期頃で、忙しくしていた時です

セリ市の日は、夜明け前から出発するので、

朝から手当てしてあげられない事もあり

こういう時が危ないステージになります

これは、命をもっているもの全てに言える事だと思いますが

どんなに元気そうにしていても、

わずか数日、わずか1日、わずか数時間、わずか数分が、

時に生死に関わる事例に発展してしまうケースがあるので

何時も注意しなければならないということです

みっくすも、そのわずかな日に手当てできなかった事が災いし

足の化膿部位からさらに関節に炎症を引き起こしてしまったようでした

足の化膿という事態から、すでに関節にまで炎症は広がってしまったのです

関節部位はドス黒くなり、大きく腫れあがり、元気もなくなりました

この現象は1回目に足の化膿部位が破裂し

治癒に向かうまでには無かった状態でした

そこで、この時に

まずは2日に渡って通常のレメディー投与を少し変更し

ブリオニア200C(ブライオニアからできるレメディ)
エイピス30C(ミツバチからできるレメディ)
ラストックス30C(毒ウルシからできるレメディ)を

パイロジェン200C
へパソーファー30C
ジンカムミュア12Cと共に投与しました

(出血が酷い時は、上記に加え、アーニカ200Cを投与しました)

その後、少し落ち着いた2日後には、ラストックスなどの投与をやめ

ルータ200C
シムフィツム30C
カレンデュラ30C
パイロジェン200C
へパソーファー30C
ジンカムミュア12C

とエインズワース社のエマージェンシースプレーを水ポテンシーにして投与すると

ここから、関節の炎症は徐々に引きはじめ

ぐんぐん元気になりはじめました

現在も同じものを1日4回ほど投与し続け、様子を見ています

毎日、しろちゃんと仲良くして、ぴょんぴょん跳ねて元気いっぱいのみっくすです

正直、関節部位に透けて見える色が

妙な色になりはじめた時、これは難しいんじゃないか・・・と思いましたが

今回もホメオパシーが功を奏して、回復しだし、安心しました

特にこういうケースではルータ(ヘンルーダからできるレメディ)
シムフィツム(西洋ヒレハリソウからできるレメディ)

は重要です

従来の化膿に対応するレメディに続き、これら関節に対応できるレメディを投与する事によって
事態が変化しうる事もあります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する