出産後すぐに下痢の件(松王編)

今日、産まれて間もない、松王の異変に気づく事になりました

昨日の夜、元気にお乳を飲んでいると思っていた私達

どうも、変だ・・・・と気づいたのは、お昼になってからでした

朝から昼の間に、乳を飲んでいる姿を頻繁に見ることがありませんでした

その事が気がかりでお昼過ぎも時折見ていると

ぼぉーっとして外を見つめ、少し立っていても、すぐに座りたがります

やっぱり変だ・・・・

その後レメディーを幾つか投与していると

急に座ったまま、胎便ごと、ドロドロの軟便がドバーっと出はじめ、
噴水のような下痢便がはじまりました

お乳もあまり飲みません

やはり、こういう時に危険なのは、
下痢によって脱水になることです

しかも産まれてすぐなので、
あまりお乳を飲んでいない時に、下痢がはじまったりするのは

限りなく、マズイ状況です

下痢という症状そのものは、排泄のはたらきなのだけど

入るものが入ってなくて、下痢という状況がよくない

危険を感じたワタシはレメディーの投与と共に、

「時間外」で獣医さんの往診を頼もうと思い

父に言いに行くと

いつもの事ですが、イヤな顔をしたので、自分で頼みました・・・

O先生は点滴と注射をして帰られました

今回で2度目ですね・・・・

産まれてすぐに胎便ごと下痢がはじまったという経験は・・・

そしてこの2回に共通点がありました

それは、産室が子牛が産まれる直前に大雨や暴風で、リバーになっていたということです

やはりジメジメした環境は産まれてすぐの子牛にとっては、とても危険なんですね・・・

松王くん、明日になると、少しは元気を取り戻してくれると良いですが・・・

レメディの投与は
最初にシーナ200Cを投与していたのですが、下痢の形状を見て

チャイナ30C(キニーネからできるレメディ)
カルクフォス(リン酸カルシウムからできるレメディ)12C、
マーキュリー30C(水銀からできるレメディ)に変更

それにアクティブソルト(12種類の組織塩類)
目に虫が刺しているのでカンサリス30Cと足をチェーンで引いているので
アーニカ(ウサギ菊からできるレメディ)200Cと
ルータ(ヘンルーダからできるレメディ)200Cを投与しています

点滴をされた後は、若干お乳を飲んだようでした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する