ブランデー紀行

フラワーエッセンスのトリートメントボトル(取り分け瓶ドースボトル)をつくる際には

ミネラルウォーターを入れる為に、
保存料として、ブランデーor植物性グリセリンを入れないといけない訳なのですが
(これはホメオパシーの液体フォーム(水ポテンシー)の際にも媒体になる)

いつもは、製菓用にも使われる、日本メーカーのVSOPのブランデーを使っていました

特に、問題は、全くなくって、波動が壊れるとか
何か変だとか言うこともなく、困ることもないのですが

ヒーリングハーブス社のストックボトルでは、オーガニックブランデーをつかってあるので

やはり、オーガニックのものを探してみようと思い、色々ネットサーフィンしました

すると、ブランデーのオーガニック認証というのは、やはり相当難しいんですね・・・

なかなか無いんです

見つけた~と思ったら、その蒸留所が潰れたかなんかで、日本ではもう手に入らない・・・とか

ブドウの生産現場でのオーガニックはというのは、きっと様々な要因から、容易ではないのでしょう

バッチ博士は、保存料のブランデーは、ヴァイン(ブドウ)をオークの樽でねかせたものとあり

ヴァインもオークも、どちらも、もちろんバッチ博士の見出した38種類の中に入っているのだけど

保存料のアルコールを選択する時にも、この2つの波動を大切に考えていたのだと思います
(ホメオパシーの世界でもオークのレメディーは浄化を意味しているようだし・・・)

さて、本題の、ブランデー探しです

それで、あちこち探し回って、
フランスのコニャック地方のある小さな蒸留所のものを見つけまして

現地視察レポも合わせて読むと、そのご家族のお人柄も風景も魅力的と思ったので

現在問い合わせて、頼んでいて、到着を楽しみにしています

着いたら早速試飲してみます

最近になって調べ始めて、ブランデーのVSOPとかVOとかの違いを知り、
コニャックって地名の事っていうのもはじめて知りました

しかも、コニャック地方は6つの地区に分類されてるって事もはじめて知り
(あぁ~、そういえば、この地区の名前どっかで聞いた事あるよとかって)

酒1本も奥が深い・・・

BARにもよく行ってましたが、おバカさんだったので、人の話し何も聞いてませんでした・・・
(バーテンの方々もお酒の事詳しく説明されてたと思うんですけどね・・・)

いや~、面白いです

ブランデー探し1つでも、好奇心が相当湧きました

今一番忙しくなってきた時期の連休ということで牛飼い的には、労働の日々ですが、
意識だけはフランスに飛びましたよ・・・(笑)
スポンサーサイト
Theme: 心と身体 | Genre: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する