梅雨時期の下痢について

ありすの非常に長引いていた下痢ですが、今日完全に回復したようでした

パイロジェン30C(牛肉などの腐ったものからできるレメディ)
アーセニカム200C(砒素からできるレメディ)
マーキュリーコロシブス200C(塩化第二水銀からできるレメディ)
カーボベージ12C(植物の炭からできるレメディ)
ナックスボミカ30C(西洋マチンシからできるレメディ)
ポドフィラム30C(西洋ハッカクレンからできるレメディ)と

フラワーエッセンスのレスキューレメディを水ポテンシーにして投与しました

ちょうど、同じ時期、ほぼ似たような下痢をしていた、
コスモちゃんの母牛、キャッシーにも同様のものを投与し

だいぶ、回復してきました

この時期になると、梅雨の時期なので、特に子牛は、噴水のような下痢をはじめることがあります

この噴水のような下痢は、激しくなると、便に鮮血が混じり、
そののち、腸壁の一部も出てくるようになります

鮮血を含んだ噴水のような血便の下痢を見ると、
普通の人は、非常にショッキングな光景に映ると思います

ワタシもそうでした・・・・

非常に驚きました

死ぬんじゃないか・・・と思った事もあります

腸壁の一部が出てきたのを見て、

虫なの?なんか、モジャモジャしたものが出てきた、、、といって、うろたえた事もありました

しかし、今は大丈夫です

毎年毎年の事ではあるのですが、この時期の下痢は、対応如何によっては、

非常に長引く事もあり

試行錯誤で、この時期を乗り切ることになります

ホメオパシー及びフラワーエッセンスなどの自然療法を導入する以前の我が家の牛は、

この時期、下痢になり、そのまま克服させきれず、
軟便傾向に移行、小ぶりなまま出荷となる事もありました

おそらく父の養っている時は、ひょっとしたらこういうパターンが、ほとんどだったのかもしれません

そういう訳でしょっちゅう父は、子牛の下痢で獣医さんへの往診を依頼していた記憶があります

伝票を見ると、体重が200キロ前半の子が多く存在していました

なんていうか、ずっと貧相な感じが否めませんでした

そして、ここから脱却することは、当時、残念ながら、できませんでした

現在、そういうケースは、ほとんど無くなってきました

この時期、下痢を長引かせた事があったとしても、軟便のまま、市場に出すと言う事はありません

その為、買われた先の肥育農家さんでも、かなり増体しているのかもしれません

下痢をしても、下痢を上手く自分の力で克服した牛は、
消化力が強く、食いが落ちず、その結果として、フレームが強くなります

繁殖農家では、子牛の下痢への対応は、非常に重要なポイントとなると思いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する