フラワーエッセンスBOX

フラワーエッセンスBOX

フラワーエッセンスを保存する木製ボックスにも色々なものがあると知りました

ブランデーの時と同じで、フラワーエッセンスBOX探しの旅に出たところ

様々な種類の木でつくられたBOXがある事を知りました

ジャパニーズではおなじみの桐からつくられたものであったり

アメリカのパイン(松)の木からつくられたり、ビーチ(ブナ)の木でつくられたものあるし

エルム、オーク(樫)の木でつくられたものあるし、

他にもオーダー次第で色々ありそうでした

ホメオパシーのBOXの場合は、桜の木ってのもあったような・・・・

どれも試してみたいですけどね、全種類・・・

これを見るだけでも、かなり面白かったです

木製のBOXは、例えば、ホメオパシーやフラワーエッセンス、精油のような

精妙なエネルギーを扱うものの場合

そのツールとBOXとは、とても相性が良さそうです

エッセンスを入れた途端、なんか妙になじみました

自然の波動同士なので、共鳴しているのでしょうか?

ブランデーをオークの樽で寝かせたりもするから、振動数がマッチするのも当たり前かな・・・

人間もそうなのかもしれませんが、新建材などの現代建築物の中で過ごすのに比べて
木でできた家の中では、なんていうか、落ち着き度、癒され感覚がまったく違います

我が家なんて、トイレだけが、数年前、ヒノキ材でリニューアルしたのですが

ここが一番落ち着く部屋みたいになってしまいました・・・・

きっと、それぞれの木の独自の振動数が、生命体に微妙にマッチするんだろうなと思いました

夏場や冬場の温度変化に対しても、中に入っているものの鮮度を保ってくれそうです

それぞれの木で、少しずつ、色々特徴が違ってきそうですが

木製BOXにもハマりそうな予感が・・・・

セルフヒールスでもヒーリングハーブス社の木製フラワーエッセンスBOXを扱っています

世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する