スピリットインネイチャーエッセンス

昨日、スピリットインネイチャーエッセンスのデーツ(なつめやしからできるエッセンス)を頼んだ

スピリットインネイチャーエッセンスは、旧名がマスターズエッセンスといって

アメリカのリラデイビー女史によってつくらたフラワーエッセンスで、
バッチフラワーに続く歴史のあるフラワーエッセンスなのだそうだ

こちらは、バッチの38種類と違って、

20種類の果物と野菜という食べ物の花からできるエッセンスで構成されている

この20種類は1920年代アメリカではじめて、

ヨガの講演をしたヨガナンダの示していた食べ物にヒントを得てつくられたらしい

こちらのエッセンスは、1つを選んで投与し、さらに次に必要な時に2つめを選択する

エッセンスの選択方法は、

なんだか、ホメオパシーのクラシカルホメオパシーと似ているかもしれない・・・

スピリットインネイチャーエッセンスは、

赤ちゃんや子供の成長期、アニマルの問題は特に得意なようで、
いくつもの例がとりあげられてあった

赤ちゃんの離乳や、トイレットトレイニング、歯のはえかわし、おむつはずし

動物では隣をつついたりする子の問題、
噛みついたり、イライラしたり、パニックになっている場合など

20種類でうまく、そのステージで抱えるようなあらゆるテーマに対応しているようだった

スピリットインの特徴は、

なんといっても食べ物の花からできているというところだと思うのだけど

食べ物は人や動物の成長と深く関わっているので、

働きかけには頷ける部分も多い

これらのエッセンスの果物や野菜はホメオパシーのレメディーとしても使われていたりもする

デーツを頼んだのは、このエッセンスが血糖というか、
低血糖などの際にも選択されるようなので、試しに頼んでみたのだ

デーツは糖分の豊富な食べ物でミネラルを含み、甘さや柔軟さを表しているのだそうだ

だからマイナス状態だとその逆があらわれて、
イライラしたりして、相手を攻撃したりする、柔軟でない状態に陥ってしまうのです

いやいや、参ります、、、、

スピリットインのエッセンスは他にもワタシの大好きな果実がいくつもある

ココナッツ
(自分はタイ人かと思うほど、ココナッツ好き、市内にいる時は、缶でココナッツミルク購入してた)

オレンジ、パイナップル、バナナ、ブラックベリー、ペア(梨のこと)、あとトマトとかね

・・・・っていうか、結局全部好きな食べ物ですケド・・・(苦笑)

到着したら、使用してみようと思います

ただいまセルフケアの自然療法及びフラワーエッセンスの簡易サイト製作中→Noeinセルフケアルーム
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する