災害の時に持っておきたいエッセンスとレメディー

毎日、九州では大雨が続き、各地の川という川が氾濫しはじめました

来週もまだ雨は続くとのことなので、
最終的にどれだけ被害が拡大してしまうのかは分かりません・・・

先々週の事だったか、我が家の前の川も数時間でおそろしく水量が増えて危険を感じました

災害時に、手元にもっておくと役に立つレメディーとフラワーエッセンスは

ホメオパシーのレメディーは3Aの

アコナイト(ヨウシュトリカブトからできるレメディー)
アーニカ(ウサギ菊からできるレメディー)
アーセニカム(砒素からできるレメディー)

と言われています

上記3つは広範な適応が考えられる上に、
生命の危機が迫っているという場合に、非常に役立つレメディーでもあり、どういう意味においても

使えるレメディーです

それと、フラワーエッセンスでは、

レスキューレメディーやファイブフラワーレメディーと言われているものです
(メーカーで別の呼び名になっています)

これは5つのフラワーエッセンスのコンビネーションですが、フラワーエッセンスではあるのですが
上記のホメオパシーレメディーに近いような広範な適応が考えらるエッセンスです

あと水難の場合、
バッチ博士のフラワーエッセンスの「ミムラス」をもっておくと良いと思います

雨の恐怖や、川、津波の恐怖心などには、ミムラスは考慮に入れられるエッセンスの1つです

この植物はそういった危険な水域に自生する植物ですから、水の恐怖には良いと思います

ワタシもこの間、川が増水をはじめた時に、とったおかげで、けっこう冷静でいられました

あと、避難所暮らしで眠れないという場合などは、

エインズワース社からでている、エマージェンシースプレーは役に立ちます

エインズワース社のものは、
レスキューやファイブフラワーレメディーにさらに3つのエッセンスが加わっているものです

基本の5つに、ミムラス、アスペン、ホワイトチェストナットがプラスされています

恐怖や将来への不安、色々考えてグルグルして眠れない・・・などの場合には、
エマージェンシーの方がより選択しやすいかもしれません

身体がこわばっている、緊張して、こわっている、板の上などで、身体が痛いなどの場合も、
レスキューレメディー、ファイブフラワー、エマージェンシースプレーは、共に役に立ちます

フラワーエッセンスの世界にも、アコナイトやアーニカの花のエッセンスもあり
(ワタシはまだフラワーエッセンスは未経験で、今頼んでいるところです)

場合によっては、それらも役に立つかもしれません

フラワーエッセンスでのアーニカのメッセージは、ショックやトラウマ、痛みや古い想念からの解放
アコナイトは、保護と内面との繋がりなどです

昨今は、上記に加えて、
放射能などの問題が出てきた場合は、この間書いたものなどが挙げられます

ただいまセルフケアの自然療法及びフラワーエッセンスの簡易サイト製作中→Noeinセルフケアルーム

こちらもよろしく自然療法ブログです→Noeinセルフケアルームのブログ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する