セントジョンズワートのフラワーエッセンス2

サイトドメイン名が変更になりました
Sunny remedyでは、「ホメオパシー日記」も書いています
カルクフロアーとイボ、について書きました



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信





20121130115208.jpg

スコットランドのヘアベルレメディース(Habell remedies)より
セントジョンズワートのフラワーエッセンスが届きました
(ホメオパシーではセントジョンズワートはハイペリカムのこと)

11月の後半に頼んだので、遅れて届くかな~って思いましたが、7日ほどで到着しました

スコットランドはとっても寒くて、雨と風が強く、
日本でも天候が良い事を祈るわ~と書かれてありました

エッセンスのプロデューサーのエリーさんはいつも心温まるメッセージを添えてくれます

このフラワーエッセンスは腰を悪くしている祖母の為に購入しました

今年、祖母が横転して、腰を強打し、立てなくなりました

その際に、学んでいたフラワーエッセンスを外用で痛む場所に塗布をしてみたところ、

とても良かったようなので

いつかセントジョンズワートも持っておくと良いかも~と思っていたので、今回購入しました

昨日から、祖母に飲用で飲んでもらっています

自分自身も持病ともいえる腰痛持ちの為、

試しにKOBASHIのベース基材のクリームに1滴入れて使ってみましたが

電気が走りました・・・・

もともと、ホメオパシーではセントジョンズワートというと、
脳神経、脊髄神経系に親和性が高いレメディーでもあるけど

今朝の自分の状態を見てみると、けっこういい感じだな~と思いました

今までは、腰痛に、アーニカやラストックス、ルータなどのクリームを外用で使ってきたのですが

今度からはセントジョンズワートをしばらく使ってみようと思いました

セントジョンズワートのフラワーエッセンスのメッセージは

傷つきからの保護です 恐れを軽減させ、信頼を促進させる
自然な癒しや眠りをもたらす・・・・という

やっぱり、ハーブの効用と、ホメオパシーのレメディーのもっている症状像とマッチしたものです

我が家では、セントジョンズワートというかホメオパシーのハイペリカムのレメディーは

無くてはならないものとなっていますが

今後フラワーエッセンスも大活躍しそうですね

ちなみに、
ホメオフォース社からはハイペリカムのマザーチンキ(ハーブチンキ)も20ml購入しました

いや、ハイペリカムはどれだけ持っていて損はありませんというか

我が家では、老人もアニマルも抱えているので、持っていないとマズイ・・・(苦笑)

老人介護にも、アニマルの飼育にも自然療法は大活躍なのですね~
スポンサーサイト