活力のある生活

ある人から全てに気が流れていると聞いて、それから生活全般を変化させてきました

物を見る時でもそのプロセスが大事だと思う様にもなりました

そのプロセスの中に「気」は活きているのかどうか?

生命には生命力のようなものが宿るといわれています

ホメオパシーでいうバイタルフォースのことです

だからアロマセラピーで使うエッセンシャルオイルもどんなに巧みに合成して
似たような芳香をつくったところで、生命力までは模倣することができませんし

自然界の長い歴史の流れでつくられてきた、
巧みなバランスはどうやっても人間がそっくりそのまま合成することは不可能だと思います

自然界そのままの産物の中には
未だ知られていない未知数の成分もたくさんあるんだろうと思います

そしてその全てを含んで「生命力」がそのものに流れていきます

天然のものにはごまかしのきかない何かが含まれており、
それらと絶えず「気」の交流をしている動物や私達人間

そう人が人として生きていく上では欠かせない存在のバイタルフォース

このバイタルフォースがどのくらい生活の中で生かされているかどうかが

その人の人生にも大きく関わっているように思う

どんなにいい生活をしていても
バイタルフォースを欠くような食生活や生き方をしていたら

それは疲れても仕方ないことのように思う

衣食住の中にどれくらいの頻度でバイタルフォースが活きているだろうか?

その人の、衣食住の生活の中にどれだけ生命力のある素材がいかされているだろうか?

そしてバイタルフォースは目には見えないけれども、
お金にも経済にも作用している

ホメオパシーでいうバイタルフォースは単純な力や腕力のことを言っているのではない

必ずしも力のある人が全てを生涯において、上手く回せるとは限らない

でもこのバイタルフォースを上手くいかせられる人は、
何かが起こっても循環していくような流れをもっている・・・

何を見る時にも、物を購入する時もいつもでなくても時折
それがどんな風なプロセスを経て、自分の手もとに届いたのか

食べるものでもどんな環境でどういう風につくられただろうか?

活力がどのくらいあるものなのだろうか?

ちょっと考えてみる

ちょっと考えたら、自分が携わっているものに関しても出来うる限り
活力のあるものを提供しようと気にとめてみる

そしたら、みんなが世界がよくなるんではないかな~と思う

今まではこの生命力なんて気にせず、ただ生活をしてきたかもしれないけれど

やっぱりこれは原点で、活力のある風を
どれだけ毎日の中に取り込めるだろうかということが

しいては幸せで豊かな生活と人生に結びつくような気がします

「活力」のあるものを自身に与えもせずに、
ただ自分にムチ打って頑張らせようとしてはいないだろうか?

活力ある生活なんて、
活力のあるものを自分に与えなければ生みでないものじゃないのかしらと思ったら、
生活を工夫してみようって思いますものね~

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

じっくり読ませていただきました。
おっしゃる通りだと思います。
「生命力」「気」
すべての生きとしいけるものの原点と思います。
最近、自分自身について、かなり疲れやすく弱ったりはするのだけど、底力に当る原点は、決して弱いものではない、と思うようになりました。
奥底の力が、表に上手く表れないようにストッパーがかかっていたように思えます。
記事内容からずれたかもしれませんが、ツボに響いたのでこんなことも書いてみました。

2009/01/29 (Thu) 14:55 | ばーばら #- | URL | 編集
ばーばらさんへ

ばーばらさん、こんにちは♪

ばーばらさんの気づき、
とっても大切ですね。。。

ワタシも調子が悪かった時はばーばらさんの書いている感じだったかもしれないです

結局弱っているって感じた時は、みなそうなのかもしれないですね・・・

どんな人も生まれてきたら「活力」ってあって、それを生かせてあげれば、
上手く流れていくものなのかな~って思いました

色んなことが気づきのきっかけになるんですよね

2009/01/29 (Thu) 17:41 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する