不自然さとは

どういう意味においても、不自然さというのは、隠しおおせるものではない

それが何であっても、そこにある種の不自然さがあった場合には、

必ずどこかでどういうカタチかで噴出もしくは表現されるしかない

人は自然には逆らえない

人が気持ちや思考で、それを正論とし、引っ張ったとしても、

それが不自然なものであるなら、なんらかのカタチで解消されないといけない

だから色々事が起こり、それは単なる不幸や不運とは違うもので

起こるにはちゃんとした原因がある

~しなければならないで思った考えや意思、気持ちは、長続きはしない・・・

それが自然なものなら、~しなくても、ちゃんと気持ちも添うというか伴うようにできている

例えば、感謝

感謝・・・

しなければならない

それでは、苦しい・・・

本当に本心から感謝できるのならそれでいい

でも、感謝できないのに、感謝する

それはおかしい

それなら感謝する必要なんてない

人は誰から言われずとも、

本当に感謝できるような接し方を周囲からされていれば、

どんな人間でも、ちゃんと感謝する生き物です

それは人からイチイチ言われてするものでも何でもない

ワタシはアロマやホメオパシーやフラワーエッセンスをやりはじめて

どれだけ、親に感謝できなかったかをぶちまけてきましたが、
(いや親以外に対してもやってきたか・・・)

それをやって本当に良かったと思っているんですよ

これぞ自然の法則です

自然環境に対しても、人間に対しても、不自然さがあったのなら

出さざる負えませんよ

そして、そうしないと、本質的な成長に繋がりません

お互いに傷つきたくないのはヤマヤマかもしれませんが、
そうすればするほど、かえって複雑な事になってしまいます

荒れたものを見て、それをなんとか封じ込めようとするのか、

それとも解放しようとするのか

どっちがより人生を歩く中で、近道なのか・・・ということです

ただいまセルフケアの自然療法及びフラワーエッセンスの簡易サイト製作中→Noeinセルフケアルーム

もう1つのブログは名称を変更しました

こちらもよろしく自然療法ブログです→Self Healsのブログ
スポンサーサイト