母の聴神経腫瘍

母の聴神経腫瘍についてのレメディー投与覚書

母の腫瘍が見つかって、2年目、来年3年目になる

見つかった時にはすでに30mm、3cmほどであった

この間、MRIの検査が3~4回程度なされた

1回目大学病院を紹介されて、しばらくのちの検査の際には、
腫瘍は拡大していなかった為様子見となった

そして今年に入り、先生が代わり、腫瘍がわずかに大きくなっている事もあって

今なら間に合うので、

オペか放射線療法のいずれかを治療として検討しても良いのではないかとの提案となっている

最初に腫瘍が見つかった時

プランボンアイオダム200Cを数回投与
エメラルド200Cを数回投与で様子を見た結果、ほとんど腫瘍の大きさは変化がなかった

その後、積極的にホメオパシーを取り入れようとしない母ゆえ

特に何もしてこなかった

そして今年春、オペを検討された方が・・・・という話になってきており

急遽7月からホメオパシーをやるようになった
フラワーエッセンスは5月頃から開始した

7月からやっても、10月のMRIまで時間がなく、できることが限られており、
ここで変化を期待する方が厳しいと感じていた

時間がないまでも、考えられる事はやっておかないとと思い
プランボンアイオダム、シリカ、アメジスト、ジンカムサルファ、バリュータアイオダム
エスーザなどを200Cでそれぞれ数回ずつリピートし与えた

今回の検査ではわずかに腫瘍が大きくなっている事が分かった
しかし、少し水がたまっているとの春先の指摘は今回は無かった

とにかく、母も、以前からもっと素直にホメオパシーを取り入れてくれたら良かったのだが

「したくない」と言うので、したくないのに、やってもどうしようもない為

放置してきたが

結局、自分に風向きが悪くなると、急に不安になるらしく騒ぎだしたりするので、
こっちも困ってしまう

ましてや先生の手術を受けた後、想像がつくのだが、
こんなハズではと言い出すのが分かっているので、また困るのである

弟もまったくそうだった

父が母は家族までも巻き込む傾向があるので、疲れる・・・と言うのも無理はない

ようするにリスクが分かっていることを賢くないので安易に受け入れて、
(人さま、世間さまのいいなりになり=本質を見極めきれずだから「先生」などの権威に弱いのだ)
(ワタシからしたら、どんなにオエライ先生でもただの人でしかないのだが・・・)

結果的にそのリスクを受けとめきれない性質なのだろうと思う

さて、今後、どうなるかは分からないけれど、できうることをやっていかないといけないが

エメラルドのジェムエッセンスなども用いつつ

ルータ
カルカーブ
カルクフォス
などを考慮に入れつつ、次の通院に備えようと思う

ただいまセルフケアの自然療法及びフラワーエッセンスの簡易サイト製作中→Noeinセルフケアルーム

こちらもよろしく自然療法ブログです→Self Heals&Orenge Leafのブログ
スポンサーサイト