セントジョンズワートのフラワーエッセンス

ただいま、セントジョンズワートのフラワーエッセンスを購入しようかどうか迷っているところです

セントジョンズワートのフラワーエッセンスはバッチの38種類には入っていませんが

けっこう扱っているメーカーさんも多いです

ホメオパシーではハイペリカムの名で著名な植物です

主に、尾てい骨周辺の損傷や、噛み傷、切り傷の際、
あと、意外にも眩暈など脳神経系に関する症状像も伴わせてもっているレメディです

今年、祖母もいよいよ寝たきりも近いかも・・・と思った事もありましたが

ハイペリカムなどのレメディー投与により

また・・・・

復活してしまいました・・・・(苦笑)

本当にホメオパシーやフラワーエッセンスを使うと

なんといいますか、最後まで奮い立つといいますか

命を燃焼させて生きようとするようなところがあります

これは以前に亡くなったポメラニワンコの時もそうでした

もう数年間は足もかなり悪かったのですが、

それでもレメディーもあげると、奮い立って起き上がっており、

「自分で何でもやる!!!」と言って

人の手を煩わす事がなく、この世界を旅立っていきました

祖母も85歳になりますが、

このあたりでは、

ただ1人、病院にもかからず、薬も一切飲まず、いまだ現役で稲刈りも手伝っています

この病院にかからず、薬を飲まないという生き方は、

ワタシがホメオパシーをやっているからそれに影響されたのではなく

若い頃から、ほとんど病院にかかったことも、薬を飲んだ事もない人なのです

そもそも体質的に、

ものすごく痩せているのですが、

今年動けなくなり、

さらに痩せて、みんなから心配されましたが
(このままでは生きて仏、即身仏になるのでは・・・・と危惧しましたが・・・)

まるでマッチが最期の炎を燃焼させるかのごとく、復活し

日々驚異的な勢いで畑の草むしりや、崖の草刈りをしています

あらゆる人がみんな色々心配して、あーだこーだ言いましたが、

まるで何も聞こえてはいないかのように

人様のいう事は完全無視です

わが道を行く祖母・・・・

おっと、セントジョンズワートの話から祖母の話に脱線している・・・

そうそう、セントジョンズワートのフラワーエッセンス

このエッセンスは傷つきからの保護のメッセージをもったエッセンスですね
やっぱりホメオパシーのレメディーと通じていますね
傷つきからの回復がキーワードですね

祖母が、まだ腰が痛いって言うんで、
セントジョンズワートのエッセンスをクリーム基材に入れて塗っても
いいかな~なんて、そういうことで、購入予定のものです

今年、フラワーエッセンスを入れたクリームを塗ったら、熱がとれて、とても良かったようでした

ホメオパシーレメディーサイトSunny remedyもよろしくお願いします
ホメオパシーあれやそれもブログ形式でサイトにちょっとずつ書いていこうと思います

↓来年からレメディー、ハーブチンキ、シュスラー塩などの購入お申し込みを受け付けます


自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信
スポンサーサイト