ちるちるは元気にしています

サイトドメイン名が変更になりました
スコットランドのフラワーエッセンスHarebell remedies(ヘアベルレメディース)についてもUPしています。
ホメオパシー日記はファーランフォスについて書いています



自然療法ブログはこっちだニャ~→Self Heals通信




もう1つのブログを読んでいる人は知っていると思うけど、

田小屋在住の子猫のちるちる

Mさんに預けたものの、すぐに住み慣れた田小屋に戻ってしまうちるちる

毎日、ちるちるの様子を見に行っています

後ろ足を怪我して化膿し、汁も出ていたのですが

フラワーエッセンスやホメオパシーでケアすると、ただちに回復しはじめました

ハイペリカム(オトギリソウからできるレメディ)30C、
カルクソーファー12X、アーセニカム(砒素からできるレメディー)30Cと
ファイブフラワーエッセンスをコンビにして、水ポテンシーで数日与えて

その後はファイイブフラワーエッセンスと
アーニカ(ウサギ菊からできるレメディー)30Cを投与しています

すっかり、元気になったちるちるは

やっぱり、毎日、グレムリンのギズモのようにピョーンと襲いかかってきて

ズボンの下からゴゾゴゾよじ登ってきます

抱っこしてくれと言うので抱えれば、今度は下ろしてくれと暴れる・・・

ちょっと前までは、抱えてひっくりかえすと

「ギャー」と言って怒っていたおこりんぼうちるちる

そして餌をあげると、餌を食べることに集中できず、今度は落ち着きがなくなる・・・・

これは、、、、

まるで我が母にそっくりではないですか!!!

かわいい子猫って感じよりも、

なんかやっぱりどこかギズモっぽい・・・(苦笑)

ワタシの母もちるちるも猪突猛進型で思慮深さは無いので、

周囲の手を焼かせるタイプなのだけど、

本人達にはその気づきはないようだ・・・

さて、ちるちるは、どうやら田小屋の所有者のKさん夫妻に世話をされているようだった

時々だけど、大盛りの猫ごはんが小屋の中に置いてあるのを発見した

どうりで、お腹が膨れ上がっているハズだ・・・

遠方からこの子猫の世話の為に、来られているようだった

1人ぼっちになったと思ったちるちるだったけど

みんなから、世話をされて、今日もも元気に過ごしています
スポンサーサイト