アロマ物語そして10年・・・・



私は去年から英国KOBASHIのエッセンシャルオイルを使うようになりました

蓋を開けた瞬間、このブランドを扱う事を決め

すぐに「KOBASHIのエッセンシャルオイルはとても素晴らしいですね!」とメールを送って登録させてもらいました

KOBASHIというネームだけに、

日本人のメーカーと思われて聞かれるけど、英国の会社です

KOBASHIペパーミント

こちらはペパーミントですが

そう、かつて、日本のハッカは世界に誇るトップブランドだったのです

このブログにも少し書いた事があったのですが、それが北見のハッカです

この商品を百貨店の催事のアルバイトで販売した事がありました

当時は今ほど、アロマやエッセンシャルオイルという言葉がフツーに知られていた訳では無かった時です

たぶんアロマ関係の協会が日本に発足するかしないかの頃だったと思います

ですからこのジャパニーズミントとして知られるハッカに

今後のTPPを予言するかのようないわくつきの歴史
壮大なドラマと人間模様があったなんて当時の私には想像もつきませんでした

我が家は農家です

この問題はおそらく農村をいずれごく自然な流れで飲み込む事になるだろうと思います

そして娘の私は、TPP参加表明のこの年、英国の個人輸入に関わるようになりました

今、第三の開国と呼ばれるTPP問題を目の前にして、
かつてない程、大きく時代が変わろうとしている事を感じます

農業者は土地持ちの為、いい意味でも、悪い意味で土地に執着する訳で、

根を張ってしまい、そうなってくると自分自身を変えようとしないというか、
上手く変えられないところがあります

いずれにしても高齢化にまったなし、農業の跡継ぎのいない山間部など

この10年~20年は農家、農業者にとって最大の焦点になるかと思います

色んな意味で・・・

それを北見のハッカの歴史が物語っていると思いました
北見のハッカのサイトにも書かれてあるように・・・・

北見のハッカは世界を席捲するまでの市場に成長していた頃

自由化の波に簡単に飲まれるとは思いもよらなかったと思います
わずか10数年で飲み込まれるとは・・・

そして自ら栄えた後に分けた根である兄弟や子供が、
後に自分を脅かすようにまでに成長するとはハッカ自身も夢にも思わなかっただろうと思います


ご購入はこちらから→Orengeleafアロマショップ

英国直輸入ATC加盟の良質で生命力溢れるKOBASHIのアロマエッセンシャルオイルやキャリアオイル、
フローラルウォーター、クレイ、ソープ基材などを
個人輸入を通して、これまでにないお求め安い価格にて提供しています
ぜひお立ち寄り下さいませ♪

ブログも更新しています
自然療法ナチュラルページブログ

スポンサーサイト