化粧水にはフローラルウォーター(芳香蒸留水)が一番

KOBASHIのエッセンシャルオイルを扱うようになり、

それまで使っていた化粧水を、
フローラルウォーター(芳香蒸留水、ハイドロラットとも呼ぶ)に切り替えました。

フローラルウォーターは、アロマテラピー版、
ホメオパシーレメディーとも呼ばれる事がありますが
(水にエッセンシャルオイルの情報が入っている為でしょうか・・・)

アロマエッセンシャルオイル(精油)をとる際の副産物として採れる主に水溶性の物質です。

エッセンシャルオイルは、脂溶性ですが、フローラルウォーターは水溶性です。

一部に脂溶性のものも含みます。

エッセンシャルオイルは、そもそも、高濃度の物質の為、
人によっては刺激が強すぎると感じる人もいるかと思いますが

フローラルウォーターは水溶性、温和な作用なので、

お風呂に入れたり、
そのままでも化粧水のようにして利用したりできますし、
クレイパックなどの基材を希釈する際にも便利です。

私は、アロマテラピーを知ってからは、長くこの芳香蒸留水を化粧水に使ってきました。

アロマテラピーに出会うまでは、色んな化粧水を使ってきましたが、
フローラルウォーターが化粧水としては、一番自分には合っているようでした。

トラブルがあっても、温和な作用で、いずれ回復に導いてくれるので、
お肌の保湿剤としては、とても良いのです。

フローラルウォーターはそのままでも、化粧水として利用できますが

ちょっと物足りないと感じる場合は、これにごくわずかにグリセリンもしくはベタインを入れて
ペーハー調整に、クエン酸を耳かき1杯程度入れると良いです。

今現在、KOBASHIのラベンダーのフローラルウォーター
ベタインとクエン酸を入れて使っています。

KOBASHIのフローラルウォーターは、香りも良くって大好きなんですが

KOBASHIのクリームベースやローション(乳液)には、このフローラルウォーターが使ってあるので、
ベース基材としても、機能的で、

我が家では、症状に合わせて
手作りでアロマ、ホメオパシーやフラワーエッセンスクリームを作るのにとても重宝しています。

●フローラルウォーター(芳香蒸留水)のご購入はこちらからオレンジリーフアロマショップ


*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

■お知らせ

★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。



●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ホメオパシー、ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する