カモミールの中に

カモミール

我が家に今年もジャーマンカモミールの芽があちこちで育っています
このカモミールもう10年以上前に生活の木さんから購入した種から繁殖したものです

数年前、我が母がまるっきりこの苗とは違う雑草の苗をプランターに大事そうに植えてあり
カモミールを育てているとか言っていたのには、本当に笑えました

まるっきりカモミールではない雑草でしたが、
確かにどこかカモミールには似ていました(笑)

カモミールはこの葉っぱの細やかさが特徴です

まるで人間や動物のカラダの中に張り巡らされてある神経のようです

そうだから、この植物は実際に神経系によくつかわれるのです

踏んでも踏んでも、萎れることはありません
とても強い植物ですね~、感心してしまいます

ホメオパシーのレメディもこのジャーマンカモミールから作られます
この間、早速届いたエインズワース社キットの中に、
カモミールの30Cが入っていましたから

子牛の風邪の下痢をしていた残りの2頭に使いました

最初にアーニカの200Cをバッチのレスキューレメディと共に投与し
4頭のうちの2頭の風邪はこれで回復しました

あとの2頭に、さらにこのカモミール30Cとレスキューレメディの水ポテンシーで投与

1頭は見事に回復し、あとは残る1頭になりました

カモミールは緑色の下痢便をしているような時に使われます

特に子供と親和性が高く

子供の風邪の際によく使われる
ABCという複合ホメオパシーレメディの中の「C」はカモミールのことです

このお花のかおりをかぐとわかるのですが、
とても甘いかわいらしい愛らしい匂いがします

なんだか子供や赤ちゃんを連想させるのです

こういったことから、赤ん坊や小児期の神経過敏、歯生期の不調といった

子供特有の不調にマッチするのかもしれません

ワタシも以前、アロマセラピー精油のカモミールとラベンダーの組み合わせを

自身の歯の親知らず移植時に使いましたが、とてもよかったんですよね~

歯の周辺にも神経が張り巡らされていますからね。。。

これからこのカモミール春に向かうにつれ、可愛いお花を次々と咲かせ

風にゆられながら、咲く姿とほのかに漂う香りがまたとても素敵なんですよね~

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

春ですね~

orengewoodさんのお母さま・・・すみなせん、また笑えてしまいました(^u^)
しかし私もお母様の事を笑えません、ハーブのロケットだと思って雑草を大切に育てていました(汗)
育ってくるにつれ・・アレ!違うかも・・と気が付きましたけど(笑)

カモミール、我が家も植えてあります。可哀そうなんですが、踏んだ時にカモミールの良い香りが漂ってくるので、わざわざ上を歩いてしまいます~。

2009/02/12 (Thu) 21:57 | ゆう #- | URL | 編集
ゆうさんへ

ゆうさん、そうなんです~
このプランターにキレイに並べられて植えられていた雑草を
みんなに見て欲しかったですね(笑)

それに、「お母さんこれは、雑草でカモミールではないよ」って
言ったのに、しばらくカモミールと言って聞きませんでした
この抵抗も、やっぱり兵隊なのでした(笑)

ゆうさんもそんなことがおありでしたか?
ロケットはワタシも1回育てたことがあります
何を育てるにも最初の頃は芽と雑草の芽と
区別がつかないことありますね

カモミールの芝生、そう踏んでも良い香りがしますね~
だから、ついついふみふみしてしまうんですよね~!

2009/02/13 (Fri) 10:59 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する