チョコレートのレメディ

バレンタインといえば、なぜか思い出すのが
後輩がかわいい手作りの葉っぱのチョコレートをつくっていたことを思い出します

それが本当にかわいくって、葉脈も綺麗に浮き出ている葉っぱチョコレートなんです

この作り方を教えてもらったのですが、確か枯れ葉でしかね~
これにテンパリングしたチョコをぬって、あとは固まって乾いたら葉っぱをはがすのです

すると葉っぱそのものの、かわいいチョコレートができあがるのです

シンプルだけど、とても素敵なバレンタインのチョコでした

チョコレートといえば、ホメオパシーのレメディにもチョコレートのレメディがあります

ワタシ自身はまだチョコレートのレメディを使った経験はないのですが

思い起こせば、ワタシの幼い頃からの大好物の食べ物の1つがチョコレートでした

これは好きな食べ物は何ですか?の問いかけに

このチョコレートというのが必ず入っていたんです

それをみんなが知っていたので、小学生の高学年頃でしたかね~

あちこちからチョコレートをいただいていた記憶が微かにあります

大人になってまで、あの頃と同じぐらいチョコレートが好きかといったら疑問ですけれど

あの頃は、甘いもので足りない何かを補おうとしていたのかもしれませんね・・・

チョコレートにはマグネシウム関係の成分だったですかね~?
それらが大量に含まれているそうで、そういうこともあってか

ムカシ、チョコレートは薬としても使われていた背景があったんですよね

ホメオパシーでレメディになっているのもうなずけます

マグネシウムというのは「痛み」と深い関係にあるんです

血中にこの成分が少ない系の人が痛みをよく感じやすいとも言われています

要するに痛がり体質、不安体質はこういったことも根底に抱えているんです

ですから、
女性は生理前のイライラ感や痛みなどを慰めるためにチョコレートを好むこともあります

振り返ってみても
確かにワタシもそういうところがあるかもしれないな~と思いました

面白いですよね~、
チョコレートっていう1つをとってみても色んなことを表しているんです

今は愛の表現の1つになっているかもしれないチョコレートですが
(愛と痛みも深い関係がありますものね・・・)

その小窓から見えてくる風景も、深い理由あってのことですね

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

No title

やはり、「女性期間中」または、その直前など、と~っても甘いものを身体が要求します。
昨年初頭、療養生活中は、チョコも欠かせませんでした。
スヌーピーのチューブ式チョコクリームが当時欠かせなくて、今じゃそんなことないのに、母はやたらそれを買ってくれます。(>_<)
(幼児か?!!)
今は、かなり不安定期で、それはそれでチョコの出番かなぁ・・・。
(ちっともレメディには手を出さないのに、こうしてお話?だけしにくる私でした。)

2009/02/14 (Sat) 20:42 | ばーばら #nCMS4nX. | URL | 編集
ばーばらさんへ

ばーばらさんにもチョコ物語はありましたか。。。
きっと女性でチョコ物語をもっている人は多いでしょうね~
(男性もそうかもしれませんが・・・)

ばーばらさんのお母さんも、お茶目です
親ってそういうところありますね(笑)
スヌーピーのチューブ式チョコって、かわいいです

ホメオパシーて言葉を知っていても
なかなか最初から取り入れようとかっては思わないものですよね~
ワタシもそうだったですよ・・・

ホメオパシーをやらなくても、色んなところに知らず知らずににでも
関わっているような気がするんで、
そういうことを日常のちょっとしたところから
このブログに書いていけたらな~って思います

2009/02/15 (Sun) 09:37 | orengewood #- | URL | 編集
チョコレート

こんにちはv-238

チョコレートのレメディがあるのは知っていましたがマグネシウム系だったんですね。
確かに、チョコレートは愛の成分が入っているとか、女性のPMSにも良いと聞いたことがあります。奥が深いですね~~。

ちなみに私って女性のくせに、チョコレートがあまり好きじゃないのです;;それも、子どもの頃から。
何故なのか解らないんですけど、わざわざ買ってまで食べようと思わないというか。
逆に「チョコレートが苦手」っていう特質から、ホメオパシー的に何かが見えるのかしら?(^^;)

ちなみに私は初潮の頃からずーーっと生理不順で、しかも1ヶ月2ヶ月無月経なんてザラ、初婚の際にはじめて婦人科で念のため検査をしてもらったのですが、ずばり「生殖機能が、お子ちゃま」と言われました(苦笑)。
卵巣発育不全、ホルモン不足。不妊症になる可能性大だと。
結果、38まで子どもは出来ませんでした、というか作らなかったというか。でも何も治療しなくても出来たということは、不妊症ではなかったんですね。
で、未だにチョコレート、あまり好きじゃありません。・・・オンナ気、ゼロ??(^^;)

2009/02/16 (Mon) 12:22 | sterntaler #wYAyu/Y2 | URL | 編集
sterntalerさんへ

sterntalerさん、こんにちは~v-238

sterntalerはそうですか、チョコ嫌いでしたか
この好きと嫌いも深いお話ですよね~
ホメオパシーでは
好きと嫌いが同じこととみる場合があります
要するにどっちも同じくその同一物に反応しているという意味で

このあたりも、まだまだワタシも勉強不足なんで
説明が曖昧になりやすいんですが・・・

単純にチョコを嫌うという症状像をもったレメディも
なんかあるような気がしますけどね

たぶんそのベースには
やっぱり体内のマグネシウム関係の代謝や
病気との因果関係を含んでいると思います

それに生理やホルモンとの関係性も
そこと絡みがあるんだろうと思います

ワタシもそれはホメオパシーをやるまで、
周期も整わずひどかったですからね~

でもお子さんに恵まれたとのこと良かったですよね~
自然界は私達の想像以上に巧みにできているので
不妊の可能性があると言われても、
それで終わりではないような気がします

全ての事は自然に任せて縁があったらできるし
できなかったらできなかったで、それで残念がることはないと思います

全てのことは長い目でみれば意味があることと思いますしね

ホメオパシーをやっていると、大きく捉えて物事を見ることができ
そのあたりも常々深いな~と思っているとことなんです

2009/02/16 (Mon) 17:52 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する