突然襲ってくる憂鬱の際のフラワーエッセンス

私は9月からの秋口からがダメなんですよね~。気分が突如として沈んでくるんですよね・・・・。

9月からはじまって、10月、11月、12月を過ぎて誕生月の2月にマックスに落ち込み

3月までギリギリもつかどうか・・・・というバイオリズムをずっと引きずり続けてきました。

要するに日が沈む時期がダメな訳ですね・・・・。

ここ数年やっと穏やかにやり過ごせるようになったかと思ったのですが、

ただ、やっぱり時々現れるのですよね~。

・・・・で、

今までは、太陽を連想させるSADの為の柑橘系アロマエッセンシャルオイル(精油)を使うぐらいで、
(もちろん、この方法も感情というか気分面でもかなり支えられるところがあるのですが・・・)

ココロに関しては特にどうこうしようとするのではなく放置してやり過ごしていた訳ですが

あぁ、そうか・・・・こういう時こそフラワーエッセンスなんじゃないかなぁ~と思って、

試しに、

バッチフラワーのマスタードのエッセンスを最初に数滴とってみました。

その後、数時間して次にハニーサックル数滴をとりました。

すると、自然に持ち直していました。

マスタードは突如として襲ってくる憂鬱に選択の考えられるエッセンスです。

ハニーサックルは過去を忘れられない過去に生きてしまうノスタルジーのフラワーエッセンスですが、

過去からのパターン、過去からの悪い影響を繰り返している時にも利用できるエッセンスになります。

特に思い出に浸る事すらないので、ハニーサックルは自分に必要はないと思っていましたが

そうじゃない・・・・ですね・・・・。

このパターン持ってますね。明らかに・・・・。

なるほど・・・・。

ハニーサックルを表面的なところで理解していましたね・・・・。

あと、マスタードも一度も使った事はありませんでした。

なるほどですね・・・・。

いつもこういうストーンとくるような沈み込みがやってきた時は、

ただ耐えてというか、放置というか、なんとなくやり過ごしてきましたが

フラワーエッセンスをとってみるべきでしたね・・・。

もちろん、自分の感情を、自分で、直接的に、そのまま味わっていてもいいのですけどね・・・・。

でも、むやみに苦悶し続けなくてもいいような気もしますね・・・・。

お腹が空いた時に、何も食べなくて空腹感のまま耐えていてもいいけれど

やっぱり、少しの食事とかとった方が喜びますもんね・・・・。

心も身体も・・・・。

空腹感のまま耐えた場合、知らないうちに飢餓感にさえなまされるようになりますから

それは、やっぱりボディーだけじゃない、『心』も同じなのかもしれませんね・・・。

少しだけ、何か与えてあげる・・・・。

それがフラワーエッセンスなのだなぁと思いました。

枯れかけていた花には少しの水を

それがフラワーエッセンスの『力』なのだなぁと思いました。

いや~、まだまだ知らない部分が、たくさん、た~くさんあるのがフラワーエッセンスなんですね・・・・

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する