母の放射線治療のその後

母のK放射線治療後の診察の3回目ですが

今回は少しだけ小さくなっていたというか、大きくなっていた分が減ったので、

放射線治療をする時と同じ程度の大きさになっていたようです。

やれやれこれで、少しはホッとしました。

大きくなっていなかったというだけで、まずは一安心です。

今後も経過観察が続きます。

前回までは、放射線外科のU先生から

「K大の脳外科にはいつ行かれますか?」と聞かれていたようですが、

今回の様子を見て、

母「先生、もうK大脳外科には行かなくてもいいですかね?」

U先生「特にK大の脳外科には行かれなくても、此方から情報は行くようになってますんで・・・」

・・・・という事で、

今後、しばらくの間は、K大脳外科には行ってもいかなくても良さそう・・・・でした。

あぁ~、残念だったね、お母さん・・・
(あっ、これ、私もか・・・・)

これで脳外科のH先生にも、しばらくは会えなくなるねぇ・・・・
スターのY先生にも本当はちゃんと挨拶しなきゃじゃない・・・

まぁ、でも、母が行きたいのであれば、行ってもいいんでしょうが・・・・・

今回の結果を聞くまでは、ずっとハラハラしていました。

放射線治療後、増大しつづけるようなら、厳しい状況と思っていましたから・・・・

母の聴神経腫瘍の手術後の再発での

放射線治療に関しては水頭症の懸念や悪性腫瘍化の事などもあり、

最初は抵抗がありましたが、

現在までの経過を見る限りでは、非常に良い状態を保っていると思います。

今現在もホメオパシーやフラワーエッセンスも併用しています。

これまで、頭に関しては、何1つ懸念されうるべき症状は引き起こしていませんが、

但し、心臓肥大がはじまっています。

これは地元の病院で分かりました。

特に放射線治療や腫瘍との因果関係とかは無いのですが

ホメオパシー的に見れば、全て納得はするんです。

母はやっぱり梅毒性ミアズムの影響が強いので、

こういう流れにはなるかなぁと思います。
(上を堰き止めると、下に異変が・・・・というような・・・)

でも、本人はいたって元気にしています。

心臓肥大があっても、特に気にはしていないようです。

腫瘍が少し小さくなったというか、元に大きさが戻っただけですが、とても喜んでいます。

今後もどうなるかというのは、分かりませんが

ずっと見ていくしか無い訳で、

その時々で、フォローしていくしか方法は無いと思います。

今現在ひとまず、腫瘍が少しだけ縮んだという事に、安堵しました。

でも、今度は父が片目が、よく見えない、おかしいと言い出しました・・・

どうなります事やら・・・・

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する